「なでるケア」で、あなたにも手軽にできる認知症ケアを

英国赤十字社発

セラピューティック・ケア

65歳以上の
5人に1人。

認知症はもう他人事ではありません。

厚生労働省は2015年に、全国の認知症患者数が
2025年には700万人を超えるとの推計値を発表しました。
これは65歳以上の高齢者のうち、5人に1人という計算です。
認知症は、もはや他人事ではなくなってきています。

グラフ

あなたのご家庭でも、
認知症と向き合わなければならない日が来るかもしれません。

ストレスや痛みを大きく緩和する
「なでるケア」。

現在、「なでるケア(セラピューティック・ケア)」が注目されています。
体をなでられることにより脳から出る
「癒やしホルモン」で症状改善をはかるケア法です。

※セラピューティック・ケアは、英国赤十字社で開発されたケア法です。
 イギリスの医療機関で取り入れられており、日本では、病院・ホスピスでの訪問ボランティアだけでなく、
 東日本大震災や熊本地震の被災地での被災者へのケアにも役立てられています。

癒やしホルモン「オキシトシン」

親しい人に体に触れられた時などに、脳から出るホルモンです。
毎日続けることによって、さまざまな効果が期待できます。

  • 笑顔を
    見せてくれた
  • 自分の名前を
    呼んでくれた
  • 痛みが軽減された
  • よく眠れる
    ようになった

そのケア方法は
体を「なでる」だけ。

How to Care

1日たった10分間程度、
腕や背中をなでるだけ。

ハンド&
アームケア
Hand & Arm

ネック&
ショルダーケア
Neck & Shoulder

レッグケア
Leg

実は、介護をする方にも
効果があります。

介護中や介護をしている家族が亡くなった後に発症する
「介護うつ」
自宅で介護をする人の4人に1人は介護うつという結果も。
そうならないためには、介護をする側のケアも重要なのです。
「なでる」ケアは、触れる側も癒やしホルモンが分泌され、
ストレスが軽減されます。
家族とのコミュニケーションが増えることにより、
介護する側・される側両方に癒やし効果があるんです。

「なでるケア」を気軽に
体験してみませんか?

全国各地で行われている入門講座があります。

料金は5,000
(教材費込・税込)
※講座受講による追加料金は発生しません

voice 受講生の声
  • セラピューティック・ケアというものを初めて知りました。自分でやってみるだけでなく実際にやってもらうと本当に気持ち良く、精神的・身体的にとても落ち着き、この受講だけでも感じることができましたので、ぜひ職場だけでなく大切な人に行いたいと思います。
  • 少人数の講座で講師とインストラクターで実技を丁寧に繰り返し教えていただき、とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。しないと忘れそうなので、できる限りボランティアやスキルアップを自分のペースでやっていきたいと思います。
  • 特別な器具やスペースを準備しなくても手軽に施術できるケアを学ばせてもらえたことに心から感謝しています。講座の内容だけではないものも修得させてもらえたように思います。
  • 受講後、実際に利用者の方に施術してみたところ、お礼を言ってくださる方や、笑顔を見せてくださる方などがいらっしゃったので、セラピューティック・ケアを学ぶ事ができて良かったと思いました。
※開催地から遠い方の場合は、ご自宅で学べる通信講座もあります。