buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【売上を全額寄付!インドの女子教育支援】
女子力UPのハンドメイドブレスレットで世界を幸せにするおしゃれ

製品・サービス情報information

商品名
Anisha チャリティブレスレット
価格
¥863~¥1.619(税込)
買える場所
直営店2店舗オンラインショップZOZOTOWNアメツチテラス

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

夏に向けて、露出部分に光るアクセサリーに目がいくようになるもの。首、足首、そして手首とくびれている部分を飾ると女っぷりが一気に上がるといわれています。

ラフなTシャツスタイルにも、ビジネスシーンにもさりげなく付けられる、そんな女心をくすぐるブレスレットをご紹介♡

女性のかわいいを引き上げるチャリティブレスレット

色鮮やかなブレスレットは、ファッションブランド「Anisha(アニーシャ)」が展開しているもの。
Anishaは、女性がよりやさしく美しく笑顔で輝けることをコンセプトとしているエスニックファッションブランド。アジア諸国の伝統的な自然素材やデザインなどを、現代の日本人が使いやすいように商品に取り入れています。

その中で、「チャリティブレスレット」は2014年10月11日国際GIRL’S DAYで発表されて以来、その自然な付け心地から人気を集めています。

2015年には、新たに9色が登場し、バリエーションがさらに豊富に。自分の肌やファッションに馴染むブレスレットを選ぶのも楽しみ!

【「A」のモチーフが揺れるカジュアルテイストのブレスレット。】(¥864税込)

【編み込みとストーンのバランスが絶妙なかわいさのブレスレット。】(¥1,295税込)

【細かな細工が施された一粒の輝きが、女性の魅力を高めるブレスレスレット。】(¥1,619税込)

チャリティブレスレットが支持されるもうひとつの秘密は、生産地インドへの積極的な支援活動!
インドの伝統的な文化や手仕事を未来につなげられるようなものづくりをコンセプトに協働しているのです。

生産地インドへ売上を全額寄付!
女子がみんな学校に通える社会に向けて

世界2位の人口を誇るインド。「ゼロ」を発明したことでも知られ、近年はBRICsにも挙げられ、めざましい発展を遂げています。

しかし、未だ貧困率は高く、1日1.25ドル(日本円で150円程)で生活をしている人が、人口の3分の1の4億人にものぼるといわれています。
特に女性は、ヒンドゥー教の「マヤ教典」影響により低い立場に置かれてきました。これは、教育にも影を落としており、男女の教育格差が現れています。

【インド教育の男女差】
・識字率
 男性:82.14% 女性:65.46%
・初等教育年代の子どもが学校に通っておらず、そのうち52%が女子

インドでは、貧困、宗教上の問題、親の不理解などにより女子教育が十分に浸透していない状況にあります。

Anishaは、女性を応援するブランドとして、継続的な女子教育普及の支援を行っています。
その活動の一環として、国際NGOプランが展開するグローバルキャンペーン「Because I am a Girl」に
なんと、チャリティブレスレットの売上100%を寄付!しているんです。


良質なものづくりを支えてくれるインドに恩返しをしたいという目的から、このような活動を行っているそうです。

これからは世界のみんなが笑顔になれるおしゃれを

「社会貢献はしたいけれど、かわいいものがほしい!」、そんな思いに見事に応えてくれるのがこのチャリティブレスレット。

あなたのかわいさを引き出すだけでなく、遠く離れたインドの女子の人生を拓く―――

世界のみんなが幸せになれるアイテムを、あなたのおしゃれに取り入れてみませんか? これまでとは、ひと味違った心の通ったおしゃれ。私も楽しんでみたいと思います!

この記事のおさらい

Anisha
チャリティブレスレット 863円〜1,619円(税込)
商品を購入する
売上の100%寄付
Because I am a Girl
ブレスレットの売上100%を女子教育普及の支援のため寄付

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer 佐藤 智
  • writer 佐藤 智
  • フリーライター
  • more

画像出典元:アミナコレクション
Anisha
他:(2015.07.15)