buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【スーパーフード】農家支援になる“食べるカカオ豆”がコンビニで買えるってホント?

製品・サービス情報information

商品名
ガーナスマイルカカオ プレミアム カカオビーンズ
価格
734円(税込)
買える場所
関東地区のファミリーマート/サークルKサンクス

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

チョコレートはお好きですか? わたしは大好きです。

会社でのおやつタイムに欠かせないのがコンビニチョコ。いつものように行きつけのファミマでチョコの新商品をチェックをしに行くと、目を引くアイテムが……

おつまみでよく見かけるアーモンドかと思いきや、チョコになる前の原料「カカオ豆」!? なぜコンビニに?? どうやって食べるの? いったいどんな人に向けて売ってるの?

後から後からクエスチョンマークが浮かびます。とにかく謎過ぎる「カカオ豆」。勇気を出して買ってみました。

生のカカオ豆、かじってみたら…(@_@)

パッケージは鮮やかなオレンジ色。これは素敵。

窓から見えているのは、カカオ豆と砂糖です。カカオ豆なんて間近で見たことがありません。もちろん初体験です(*ノωノ)

カカオ豆を食べる文化がない日本のコンビニエンスストアに突如現れた「ガーナスマイルカカオ プレミアム カカオビーンズ」。お値段は税込734円。個人的にはかなりのチャレンジ的要素が高い商品な気がします。

袋を開けると、ほんのりチョコレートの香りが。これがチョコレートの原料なのね。さて、これをどうやって食すのか。

お皿に出すとこんな感じです。

食べる前には皮をむくのですが、この作業はちょっと大変。でもコツをつかめばすぐにむけます。少し力を入れて豆を押し、皮に裂け目を作ってそこからひょいっと。力を入れすぎると粉々になってしまうので気をつけましょう。皮をむくと、チョコレート色の実が現れます。

かじってみると、ナッツよりすこし硬いくらい。そしてやはりちょっと…苦い…。けれど、お酒好きな人やブラックコーヒーが好きな人にはたまらないはずです。

サラダに、ヨーグルトに、グラノーラに…カカオ豆の食べ方いろいろ♪

プレーンの豆を存分に楽しんだあと、その秘められた可能性を探るべく、メーカーオススメという食べ方をいろいろ試してみました。

まずは、朝食。細かく砕いてまずはサラダに。

レタスのしゃきしゃきした食感とガリガリした豆のコントラストがよいです。食べていると、鼻の先にカカオの香りが漂うのが不思議な感じ。

ヨーグルトに入れると、酸味と苦みで大人の味に。これは目が覚めますね。

ハチミツやジャムなどを入れて甘くしてもよさそう。食感に違和感がある人は、粉状にすりつぶして混ぜるとよいかも。

おしゃれ朝食の定番、グラノーラに。さすがのカカオ豆、存在感抜群です。同じような形状のグラノーラとの相性はよく、これはかなりおすすめです。

今度はおやつのバニラアイスにトッピングしてみました。

普通のバニラアイスに高級感がプラス。甘さと苦さのバランスがアフォガートみたいで、まさしく大人のデザートです。

最後に、付属のお砂糖をかけてかじってみました。

そのまま食べるよりも、苦みと甘みのコントラストと素材の味が楽しめます。ドライフルーツと一緒にワインのおつまみにも合いそう。

いろいろと工夫しても、そのままでも。ふわあんと香るカカオがなつかしい気分にさせてくれるカカオ豆。このほかにもいろいろバリエーションが楽しめそうです。

食べてみて、皮をむくのがちょっと面倒だなと感じました。剥いてある甘栗ってありますよね。あんな感じですぐ食べられるとよいかな(・∀・)。お値段が少々高めなので、もうちょっと量が多めだとうれしいですね。それか量を少なくして使い切りのタイプで、買いやすいお値段にするとリピートしたいです。

 

今、注目のスーパーフード「カカオ豆」を世界的なシェフがロースト

最近「脳の劣化を防ぐ可能性がある」として、注目が集まっているスーパーフード「カカオ豆」。カカオポリフェノールには、女性にうれしい効能もたくさん。老化の原因となる゛活性酸素“を除去する抗酸化作用。食物繊維(リグニン)も豊富で、ストレスを緩和、満足感や幸福感を与えるテオブロミンも含まれているという……まさにスーパーフード!

このカカオ豆は、世界的なショコラティエである三枝俊介さんがプロデュースしたもの。

チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」でのセミナーシェフの経験も持つ三枝さんが味と食の安全性に気を使いながら自ら丁寧にローストしたそうです。

パッケージのイラストもガーナ伝統のテキスタイルを元に、シェフの三枝俊介さんご本人がお描きになったものなんですよ。

フェアトレードについて語るきっかけを作るアイテム

パレドオールHPより:http://palet-dor.ocnk.net/product/22

このカカオ豆は、国際フェアトレード認証ガーナ産オーガニックカカオを100%使用しています。

三枝さんはBean to Bar(豆の製造からチョコレートの製造までを一貫して扱うこと)を始めたころからフェアトレードや、チャイルドレイバーフリーに興味を持っていたそう。

しかし、ガーナのカカオ豆の輸入は政府管轄だったため、特定の地域の豆を仕入れることができなかったそうです。ようやく実現に至ったのは昨年2016年春になってから。

今後も、三枝さんのショップでは、意欲の高い農家を選んでカカオ豆を買い、おいしいチョコレートづくりを続けていくとのこと。

「顔の見えるカカオ原料」を扱うことで長期的に特定の農園と関わりを持ち、ともに成長していくことを目指しているそうです。

NPO法人ACE

このカカオ豆は、児童労働をなくす活動を続ける日本のNPO法人「ACE」が、ガーナのカカオ生産地で児童労働をなくすためのプロジェクトを実施した地域で収穫されました。
「ガーナスマイルカカオ プレミアム カカオビーンズ」を買うと、1箱当たり20円がガーナのカカオ農家支援のために寄付されます。

活動団体のサイトを見る

近頃、フェアトレードは、学校教育などの現場で取り上げられることも増え、市場も拡大しています。

コンビニで買えるこの「カカオ豆」がフェアトレードについて話し合うきっかけになればいいですよね。

この記事のおさらい

ショコラティエ パレ ド オール
ガーナスマイルカカオ プレミアム カカオビーンズ
商品を購入する
1箱につき20円
NGO ACE
カカオ農家支援のためにACEを通じて寄付される

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

  • writer 智子
  • writer 智子
  • ライター/編集者
  • more

関連リンク:ショコラティエ パレ ド オール
(2017.03.14)