buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【これは応援したい】本を買うと街が元気になる!とある書店がはじめた粋なプロジェクトって?

製品・サービス情報information

商品名
価格
買える場所

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

何気なく立ち寄った書店で素敵な本に出会ったことがある、という経験がある人は多いのではないでしょうか。街の書店は、日常の中で思いがけない出会いやきっかけを与えてくれる、かけがえのない場所だと思います。

そんな街の書店が今、惜しまれながらも次々と姿を消していることをご存知でしょうか。

通販や電子書籍など本を扱う便利なサービスが急速に広まり、書店を取り巻く環境は変化しました。その結果、10年間に約3割もの書店が姿を消したとも言われてるんです。

そんな書店業界を取り巻く環境に一石を投じるプロジェクト「1 Book for Asaka」を今回はご紹介します!

地域に根ざした書店「CHIENOWA BOOK STORE」

そのプロジェクトを立ち上げたのは有限会社一進堂が運営するCHIENOWA BOOK STORE(チエノワブックストア)。
埼玉県朝霞市で創業70週年迎えた、地域密着型の老舗書店です。市内で何度か移転し、現在は朝霞駅の駅ビルに店舗を構えています。

おしゃれな外観なので、70年もの歴史がある書店に見えないですよね。2010年にリニューアルしたそうです。

朝霞に暮らす子育て世代のためにと、ベビーカーに配慮し通路は広め。

利用者同士で本を紹介し合う掲示板もあります。店員さんのコメントもあり、ぬくもりが感じられます。

「ギフトが選べるちょっといい街の書店」が書店のコンセプト。フェアトレードの雑貨と、フェアトレードの本が共に並んでいたりと配置にもこだわりを感じますね。

店内にはこんなポスターがいたるところに掲示されています。

「1 Book for Asaka」

本1冊、もしくは文房具1点の購入ごとに朝霞市へ1円を寄付をするという、CHIENOWA BOOK STORE独自のプロジェクトです。

これから先も地域に本を届け、地域に貢献したい

現在の書店を取り巻く経営環境は非常に厳しく、「こんな状況で寄付をするのか?」という葛藤もあった、と話してくれたのは店長の塩澤さん。

なぜ、そんな厳しい状況でも、売上から寄付金を捻出することにしたのでしょうか?

「書店でのお買い物に+αの価値をつけることで、書店を取り巻く環境を変えるきっかけになればと思い『1 Book for Asaka』を企画したんです。また、当店に限らず地域でお買い物をすることが長期的な地域活性化にもつながる、そんな未来を目指したいとも考えています。小売業でありながら気軽に立ち寄ることのできる公共性の高い場所”書店”だからこそ、私たちから始めるべきだと思いました。地域の店舗・社会にも、このプロジェクトを広めていければという想いです。」

半月に1度、累計の寄付金額が更新されるパネル

 

「1 Book for Asaka」は、無料で発行できるポイントカードを提示して会計をすると、寄付対象になる仕組みになっています。プロジェクト開始後の反響も良く、順調に会員数も伸びているそうです。

朝霞市との話し合いにより、初年度の寄付金は児童館の開設資金として運用されることが決まっています。

賛同した地元メーカーとのコラボ企画も開催中

プロジェクトは2018年5月に開始されており、賛同した地元のメーカーや作家とのコラボレーション企画が店内で開始されています。

紫外線対策専門ブランドEPOCHALのUVケアグッズ1点の購入ごとに、100円が寄付される、「1UVケア for Asaka」。

朝霞のデザイナー今津クラフトのがまぐちを1点の購入ごとに、20円が寄付される「1がまぐち for Asaka」。

 

例えば、居酒屋なら「1 Beer for Asaka」、パン屋なら「1 Bread for Asaka」といった感じで地域のいろんな業態に広がっていって、朝霞に住む方が地域でお買い物をする動機づけにつながればいいと思っています、と塩澤さん。

開始から約3ヶ月ですでに広まりを見せている、「1○○○for Asaka」プロジェクト。
今後のどのように広まっていくのか、気になりますね!

追記:
なんと取材後に、朝霞市内のある人気カフェで「1○○○for Asaka」プロジェクトの導入が決定したとのことでした。楽しみですね!

この記事のおさらい

CHIENOWA BOOK STORE
本、もしくは文房具
商品を購入する
1点の購入ごとに1円
埼玉県朝霞市
児童館の開設資金として運用される
  • writer みかりん
  • writer みかりん
  • 社会人/ライター
  • more

取材・写真協力:CHIENOWA BOOK STORE
(2018.08.28)

86