buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【券売機からカンボジア支援】
12種類の食材をブレンドした味噌ダレ
真武咲弥の「炙り味噌らーめん」!

製品・サービス情報information

商品名
炙り味噌特製らーめん
価格
1,020円(税抜)
買える場所
真武咲弥(全国5店舗)

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

週に一度はラーメンを食べにいってしまうケンジです。
特にこってり&ニンニク山盛り系は大好きです!

ラーメン激戦区の渋谷には、カンボジアの子どもたちをサポートする券売機を置いているラーメン屋があると聞いてでかけてみました。
その名も、炙り味噌らーめん「真武咲弥(しんぶさきや)」
「炙り味噌」という文字がなんとも食欲をそそります。一体どんなラーメンなんでしょう!

煌々と輝く看板。力強い筆文字のロゴが、うまいラーメンづくりへの気合いを感じさせます!

そしてこれが噂の、子どもたちをサポートできる券売機。中段あたりに「カンボジア寄付¥20」というボタンがあります。

CIESF(シーセフ)

カンボジアをはじめとした途上国の未来を支援する、非営利で国際的な民間の教育支援団体。
「国境なき教師団」による基礎教育の質の向上を主な目的とし、その上で高度人材育成も行い国の発展を支援する。
「国境なき教師団」は教師経験が豊富なベテラン日本人教師を教育アドバイザーとして、小中学校の教員養成校に派遣する。その他の主な活動は、教育政策大学院大学の設立、起業家育成、産業人材育成、農学部への支援など。

活動団体のサイトを見る

券売機の下には
「一杯のらーめんからカンボジアの明日を アジアの明日を幸せにしたい」
のメッセージ。ラーメンだけでなくカンボジア支援にも本気で取り組んでいるようです。

では、一押しの炙り味噌特製らーめんと、カンボジアへの寄付ボタンをポチッと・・・。

食券を片手に店内に入り、カウンターにすわりながら、
ラーメンと寄付分の2枚の食券をスタッフの方に手渡すと・・・

いきなり威勢のいい声で、
「ボランティアいただきましたーーーーーーー!!!」
と、店内に響き渡ります。(ちょっと、びっくりしますw)
でもけっこう、気持ちいい!
とても、いいことしたような気がします。

味噌ラーメンは、信州白味噌と北海道紅一点味噌など、12種類の食材をブレンドした味噌ダレ。
スープは中華鍋でじっくりと焼いた味噌と豚骨、昆布などからつくった特製スープ。
麺には北海道札幌から毎日仕入れている特注「熟成中太玉子ちぢれ麺」。

これがその炙り味噌らーめんです!

麺は濃い卵色の縮れ麺。チャーシューには香りの良いしょうががのってます。
それでは、いただきます!!

麺がスープによく絡み
つるつるっと入っちゃいました。

さっぱりしているのに、とーってもコクがある特製スープ。
さすが食べログでも3.5点の実力派!

もちろん、スープは飲みきり、完飲です!!ぷはっ!

このラーメン一杯に付き2円が寄付され、
カンボジアの教育支援活動にあてられているそうです。
20円の寄付ボタンは、真武咲弥の全5店舗すべての券売機に設置されています。

サムライヌードルの基本理念は、
「おもてなしと社会貢献、学びを伝える企業」。
まさにその基本理念の精神が、券売機に表れているわけですね。

ホームページを見てみると・・・。
カンボジア孤児院に対して、
お米、Tシャツ、味噌ラーメンと食器などの提供を行い、
2014年度の寄付金から約46万円の寄付が行われたそうです。

訪問した孤児院は元お笑い芸人で路上詩人で有名になったてんつくマンが理事長を勤める
NPO法人Make the heaven(http://maketheheaven.com/cambodia/)が運営しているCCMHA孤児院
(Cambodia's Children Make the heaven Association、通称:くっくま孤児院)。

カンボジアでラーメン屋を開業したい若者を支援する、ラーメン学校開設の視察なども行ってきたようです。

ラーメンとボランティア。
一見、思いもよらない組み合わせですが、
1杯のラーメンで、カンボジアの子どもを笑顔にし、
子どもたちの未来に手を差しのべることができるわけですね。

お勤め帰りに、飲み会の締めに真武咲弥で、
ラーメン一杯いかがでしょうか。

この記事のおさらい

サムライヌードル株式会社 真武咲弥
ラーメン各種
商品を購入する / 券売機で寄付をする
1杯2円寄付、券売機で20円寄付
CIESF(シーセフ)
ラーメン1杯につき2円・自動販売機からは20円寄付もできる。カンボジアの教育支援活動に充てられる

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

  • writer 奥山 賢治
  • writer 奥山 賢治
  • フォトライター
  • more

写真出典元:サムライヌードル株式会社
(2015.01.13)