buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

煮玉子をトッピングするだけ!
子どもの感性を育てるという謎のラーメン屋に行ってきた!

製品・サービス情報information

商品名
子供の感性を育てる煮玉子
価格
100円
買える場所
麺屋 ねむ瑠(東京都文京区本郷4-3-2)

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

仕事の出先の昼食に、必ずといっていいほど訪れるラーメン屋さん。これからの寒い時期は身体も温まって、さらに美味しく感じられますよね。でも困るのは、カロリーなどが気になってなかなか大手を振って行けないことです。

しかし、そんなラーメン大好きのライターに朗報が! なんとラーメン屋さんで社会貢献ができるというのです。
そのお店は本郷4丁目にある「麺屋 ねむ瑠」。
一体どういうことなのでしょうか?早速、伺ってきました。

券売機に「子供の感性を育てる煮玉子」

ドアを開けて、ラーメンを注文しようと券売機を見ると、トッピングメニューのボタンに見慣れない文字が!

「子供の感性を育てる煮玉子 100円」!?
何のことか分からず券売機の上を見ると、その理由が説明されていました。

無化学調味料にこだわり、素材本来の味を活かしたラーメンを提供する「麺屋 ねむ瑠」。松原昭彦店主の「子供に本物の味を食べさせたい」「地域から愛される店舗でありたい」との想いから、「子供の感性を育てる煮玉子」をトッピングメニューに加えたそう。

この売上の一部をNPO法人みんなのことばを通して、地元文京区の子供たちへ生演奏の音楽という”本物の体験”を提供しているのです。豊かな心と感性を育てる活動に寄付しているのですね。

「NPO法人みんなのことば」

プロの若手音楽家が、五感で体験できる参加型クラシックプログラム「みんなのコンサート」を保育園や小学校などで開催。生の四重奏(フルート、バイオリン、ビオラ、チェロ)を通して、子どもたちの豊かな心と感性を育んでいる。

活動団体のサイトを見る

感受性豊かな子供たちに、ラーメン屋さんでできる「本物の味」だけでなく、さらに生演奏を届けるなんて素敵な活動です。

肝心のラーメンの味は…!

今回は、お店一押しの「超濃厚烏賊煮干中華そば」に「子供の感性を育てる煮玉子」を追加トッピングしました。

ほどなくして、お待ちかねの中華そばが登場。通常トッピングのチャーシュー、ネギ、三つ葉などと一緒に、程よく色づいた煮玉子が浮いています。

まずは麺をひと口。濃厚スープが絡みついた麺は、適度な歯ごたえがあってなんとも言えません。それもそのはず、この麺は数々の銘店で使われている「村上朝日製麺」なんだとか。

そして次はスープ。レンゲから吸い込むと口いっぱいに魚介の風味が広がりました。ちょっとクセのある魚介の風味なので好みが分かれそうですが、自分は大好きな味です。

これは三種の煮干(瀬戸内産白口・青口煮干、鯵煮干)と烏賊の煮干を丁寧に水出しして炊き込んでいるとのこと。さらに、返しには魚醤の「いしる」も使っているのです。日本の伝統的な出汁の食材の煮干から滲み出た旨味だったのですね。

そして、お待ちかねの煮玉子。箸で二つに割ると、黄金色の光を放っています。しっとりとした食感が楽しめる半熟です。頬張るとタレのほのかな甘みと黄身の濃厚さがとてもよく合います。

秘伝のチャーシューだれに一晩弱漬け込んだという玉子は絶妙な半熟加減。店主の仕事の丁寧さを感じられる逸品です。確かにこれなら、食べるだけでも子供の感性を育ててくれそうです。

煮玉子がもたらしてくれたこと

最後の一滴まで飲み干して、松原店主にお話を聞きました。
この「煮玉子」を出すことによって、地域貢献以外に予想しなかったことがあったそう。それは、お客さんとのコミュニケーションのきっかけのひとつになったということ。
メニューに「子供の感性を育てる」って書いてあったら皆さん気になりますよね。つい、話しかけてしまうのでしょうね。

最初は頼む気がなかったとしても、話を聞いたら追加しちゃいたくなるお客さんもいるでしょう。大好きなラーメンに煮玉子をトッピングするだけで、子供の教養に貢献できるなんて最高です。社会貢献になるから…と、ついつい通ってしまいそうなので、気をつけないといけませんね。

この記事のおさらい

麺屋 ねむ瑠
子供の感性を育てる煮玉子 100円
商品を注文する
売上の一部寄付
みんなのことば
地元文京区の子どもたちへ生演奏の音楽という

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

  • writer 重野 真
  • writer 重野 真
  • ライター
  • more

取材協力:麺屋 ねむ瑠
写真提供:NPO法人みんなのことば
(2016.01.06)