buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【LUSH】クリスマスは”裸”がテーマ!パッケージを脱ぎ捨てた限定ネイキッド商品がおすすめな理由

製品・サービス情報information

商品名
価格
買える場所

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

女子というのは “限定“という言葉に弱い生き物です。
今の時期だといろんなお店がクリスマス限定のアイテムで溢れかえっていて、ワクワクせずにいられません((o(´∀`)o))

自然素材でつくられた化粧品やバス用品を扱うLUSHです。バイコットではお馴染みですね。LUSHには季節に合わせてかならず限定商品があるので、いつ行っても新作と出会えるお店です。

この時期にはもちろんクリスマス限定商品がズラリ。今年のテーマはなんと“裸”なんです(〃∇〃)

今年のクリスマスのテーマは「ネイキッド・クリスマス」

写真を見てください。あるべきものがないことにお気づきでしょうか。そう、“裸”なのは商品なんです!
ゴミになるだけのプラスチックを脱ぎ捨て、ありのままの姿になりました。

これまでもLUSHは商品をパッケージレスで販売することをすすめていて、バスボムなどは裸のまま売られていたのですが、今季限定の商品は8割が”裸”のネイキッド商品になったとのことです!
たとえばお馴染みのこのパッケージも…

じゃん!

確かに裸です!!
シャワークリームなど、リキット状だったはずの商品もパッケージのシルエットのまま固形にし、裸になりました。

ただ、包装がないだけなのか。なんて思っていましたが、予想以上の仕上がりとビジュアルです。LUSHファンにもウケそう!

でも…このサンタズ クリスマス(シャワークリーム)、なんか一回り小さくなってるようにも見えませんか…!?

ネイキッドのほうが少なさそう…と思った方。ご安心ください!

店員さんに聞いてみたところ、サイズは小さくてもネイキッドの方が、約2倍も多く使えるんですって。
固形にするため水分を減らし、その分をカカオ脂やシア脂などで補っているとのことです。
そう聞くと、ネイキッドのほうがなんだか贅沢な気がします…!

さらには、リキット状のボトル商品よりも雑菌が繁殖しにくいので、保存料がいらなくなったネイキッド商品もあるのだそうです。

贅沢な原料。ゴミも出ない。長持ちで保存料不使用。ネイキッド、偉大かよ!

バックスフィズ(ボディーコンディショナー)も固形に変身!
オレンジ味のキャンディみたいな香りが、バスタイムを楽しくしてくれそう。

使い比べてみましたが、ネイキッドの方はとろけるテクスチャーがとても気持ちよく、
確かにしっとり感もUPした気がします!

サンタベイビー(リップティント)も今季の限定商品。

買うとLUSHロゴ入りの小箱が貰えます!

指の体温で溶かして使います。少量でも発色がかなり良くてビックリです。

年中使えるカラーですし、おすすめです。

あたりまえが、変わる。パッケージはもういらない?!

店頭ではパッケージ商品とネイキッド商品が一緒にならんでいます。

とはいえ、ネイキッド商品は、持ち運びには少し不便なこともあります。

リップティントなどは、外出を考えて、リップスティックケースに入ったものを購入されるお客さんも多いそうですよ。

でも、こうした商品がならんでいる様子を目にすることにより、「ゴミを減らそうかな」「簡易包装でいいかな」と考える人が増えるかもしれない。素敵なことだと思います!

ありのままの香り、かわいい見た目を楽しめるネイキッド商品に囲まれると、まるで海外の市場に来た気分になっちゃいますよね。

LUSHのすごいところは、地球に優しい取り組みをおしゃれなライフスタイルとして提案しているところじゃないかなぁ。

普段あたりまえに使っている、シャンプーのボトル。これらが全て「ネイキッド」になり、せっけんのように置かれる。そんな様子があたりまえになる日がくるのかもしれません。

LUSHはクリスマスプレゼントにもおすすめ!

クリスマスパーティーに忘年会に送別会。
何かとモノを贈ることが多いこの時期。
プレゼント選びは結構悩みますが、相手が女子ならLUSHは鉄板です!

かわいくラッピングされたギフトが豊富にあるのも良いですよね。予算に合わせて選べるのも嬉しいポイントです。
今ではLUSHに詳しい私も、LUSHとの出会いはプレゼントでした。

ちなみに。ネイキッド商品でなくとも原料はフェアトレードで調達したり、動物実験をしている企業から買い取りをしないなどの取り組みを徹底しているのでLUSHの商品はすべて、人や動物、環境などに優しいのです(*^^*)

プレゼントを探している方は是非LUSHに行ってみてくださいね!

  • writer ももくま子
  • writer ももくま子
  • ライター
  • more

取材・写真協力:LUSH
(2017.12.12)