buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【おしゃれで猫助け】大人かわいい!保護猫活動の基金付きブランド「NECOREPA/」のお店に行ってみた

製品・サービス情報information

商品名
価格
買える場所

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

猫の殺処分問題に、心を痛めている人も多いのではないでしょうか。1頭でも多くの猫を救うために、保護猫活動は重要な役割を担っています。

「2022年2月22日までに、日本の猫の殺処分ゼロに!」を目標に、全国6店舗の保護猫カフェで里親探しをおこない、ビジネスとして自走しながら保護猫の支援を行っているのが株式会社ネコリパブリックです。

そんなネコリパブリックが、保護猫活動の基金付きアパレル雑貨猫ブランド「NECOREPA/」を立ち上げました!

購入するだけで、猫助けができる…猫好きなら気になりますよね!
ということで、さっそく行ってみましょう。

下町風情漂う注目スポット、蔵前にオープン!

古くからの問屋街や商店街など下町風情を感じさせる街並みの蔵前。おしゃれなお店が増えている注目のスポットです!

そんな蔵前に「NECOREPA/」のフラッグシップ店、NECOREPA STOREはオープンしました。
​お店の収益はネコリパブリックの保護猫カフェ運営費に活用され、商品の売上の1%が提携している保護猫ボランティアに寄付されます。

残念ながら今日は修繕工事のネットで覆われてしまってますが、普段はサビ猫の看板が印象的な外観です。見たかったー!

普段の外観

 

入ってみてびっくり。すっごくおしゃれ。

あれもこれも。 目に入るものはすべて猫雑貨です。
猫好きにはたまらない空間ですね!

オリジナルの大人かわいい猫雑貨がずらり。

猫雑貨、と言えばファンシーでかわいいものが多いですよね。
しかし、「NECOREPA/」はひと味違うようです。大人かわいい!

メンズライクで、ピリッと尖ってる雰囲気が素敵ですね。

直線で三毛猫の柄を表現されたソックス(800円)。かっこかわいい。

はっきりとした色合いがかわいい、こちらのデイバッグ(12000円)は素材にもこだわりがあるそうです。
表素材にコットン60%ナイロン40%のアウトドアの中では、50年以上も使われている伝統的な黄金比率が名高い60/40ロクヨンクロスが使用されているそう。コットンが60%なので、手触りが優しいです!

あぶらとり紙(500円)。お値段がお手頃なアイテムも。

かぶると猫耳のように見える猫耳帽子!これからの季節に活躍しそう。

こちらは革財布(18000円)。 自然死した羊の革だけを使い、ハンドメイドで職人がひとつひとつ丁寧に仕上げています。探してみると、エシカルな商品もあるみたいです。

どれも凝ったデザインのものばかりですね。
猫好きな大人女子へのプレゼント探しにぴったりかも!

ネコリパブリックのメッセージが込められたタイポグラフィがデザインされた商品もあります。

「良いメッセージだね!」と、訪れる外国人観光客から評判のトートバッグ(2800円)。

「SAVE THE CAT 2022.2.22」
ネコリパブリックの目標が掲げられたサコッシュバッグ(2200円)もあります。

保護猫カフェよりも、気軽に立ち寄れる場所づくり

「NECOREPA/」は、保護猫活動をかわいい、楽しい、ワクワクする世界観で見せて少しでも多くの人に知ってもらうキッカケを作ることを目標にデビューしたブランドです。

猫に興味がない人でも、おしゃれなお店だな、おしゃれな商品だなと思って気軽に訪れて欲しい。そんな想いから、看板や店内のポップなどで保護猫活動のことを前面に出すことはしていないとのことです。

ネコリパブリックの首相 河瀬さん

 

「ペットショップで命を買うのではなく”里親になる”という選択をする人を少しでも増やすために、様々な業態で保護猫活動を結びつけて、保護猫と人のタッチポイントを増やしていききたいです」と河瀬さん。

保護猫活動への取り組みは下げ札でさりげなく紹介している

 

店舗の奥には、定期的に保護猫の譲渡会を開けるワークスペースも併設。先日第1回目の譲渡会(※1)も開催されました。

いつかは猫と暮らしたいと考えている方。
蔵前という素敵な街で家族を迎えてみてはいかがでしょうか?

※1 里親になるには審査があります。

気軽に保護猫活動の支援

ふらっと出かけた街歩きが“猫助け”につながるなんて、素敵なことですよね。

保護猫やさくらねこについて、以前よりも知っている人が増えたように思います。しかし、依然として日本では1年間に約4万5千匹の猫(※2)が行政により殺処分されているそうです。その数は減少傾向にありますがその裏側ではボランティア・猫の保護団体が身を削って活動している背景がある、とも言われています。猫好きなら少しでも力になりたいですよね。

住居環境のために里親にはなれない。
忙しくてボランティア活動の時間がとれない。
なにかしたいけどできない、そんなもやもやした気持ちを抱えている方もぜひ行ってみてくださいね。

※2 平成28年度環境調べ

人間用メインのお店ですが、猫用のオリジナル商品もありますよー!

ここは、おしゃれな雑貨が好きな人、猫好きな人、そして猫。みんなが幸せになれる空間です。
蔵前にまたひとつ、素敵なお店が増えました。

この記事のおさらい

NECOREPA STORE
店内の商品
商品を購入する
売上の1%
保護猫ボランティア
保護猫活動をしているボランティアの活動費として寄付される
  • writer みかりん
  • writer みかりん
  • 社会人/ライター
  • more

取材・写真協力:株式会社ネコリパブリック
(2018.09.06)

0