buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【バリッ!と妊娠線ができるまえに】
妊婦さんにやさしい香りでボディケアを♪
からだとココロにやさしいキャリネスのボディオイル!

製品・サービス情報information

商品名
キャリネス ボディオイル
価格
3,800円(税抜)
買える場所
取り扱い店舗、オンラインショップ

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

暑さが本格的になってきました。
あぁ、のんびり沖縄の浜辺で癒されたい~
旅行パンフを片手に、そんな現実逃避をしているエビちゃんです><

現実逃避はさておき、今回は、妊産婦さんのデリケートなお肌にやさしく、
さらにタンザニアの妊産婦さんの支援につながるボディオイル
「キャリネス ボディオイル」とその支援でできた水道プロジェクトなどのお話しです。

http://www.calinesse.co.jp/

早速、実際に「キャリネス ボディオイル」を1週間ほど使ってみました!

マタニティ中のデリケートなお肌のために作られたというこのオイル。
その香りのここちよさにうっとりです。

精油の中にはホルモンに影響を与えるものもあるそうですが、ラベンダーやフランキンセンス、スイートオレンジなど、妊婦さんが使っても問題のない10種のオーガニック精油を独自のレシピで配合。心を落ち着かせて明るい気持ちにしてくれるため、妊娠線ケアをしながら、不安定になりがちな心のケアにもつながります。

そのほか「モロッコの黄金」と呼ばれる貴重なアルガンオイルや
オレイン酸が豊富なユチャ油などが含まれ、保湿効果もバッチリ^^

新しい技法を採用することでオイルをジェル化することに成功。
クリームやオイルなど、べたべたしがちなものは正直苦手だったエビちゃんですが
スーっとのびやかで、しっとりするこのオイルはとても使いやすかったです♪
ケアと同時に香りがしっかり楽しめるので、やみつきになりそう~笑

皮膚科専門医の片山聖子さんやアロマセラピストの大橋マキさんのご協力があったとのこと
たくさんの女性の力を結集して開発した美容オイルなのだそうです。

私自身のお産は、はるか10年以上も前のことですが、
高齢出産(もう死語?)だったせいか、かなしいくらい太ってしまい
臨月を迎える頃には、いわゆる”妊娠線”がおへそまわりにバリッと・・・苦笑
「当時こういった商品があれば!!」といまさらながらに思うのでした。

キャリネス代表の藤原さんにお聞きしたところ
「キャリネス ボディオイル」は出産後も継続して使われるママが多いそうです。
また、ママだけでなく、生後半年過ぎ頃からのお子さんのボディマッサージにも使える
とのことで、母子のコミュニケ-ショーンづくりにも役立っているようです♪

藤原代表のお声がまた、とてもすてきな癒しボイスでした(照)

「妊産婦さんを支えたい、何かできることはないか!」という熱い想いと同時に
一人ひとりのママたちの力を世界に届く大きな力に変えていきたいと始めた
タンザニアの支援活動についても教えていただきました。

「キャリネス ボディオイル」の売上の10%は、
途上国の妊産婦と女性を守る活動をしている国際協力NGOジョイセフを通じて、
タンザニアの妊産婦支援活動に使われています。

「ジョイセフ(JOICFP)」

途上国の妊産婦と女性の命と健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGO。 戦後の日本が実践してきた家族計画・母子保健の分野での経験やノウハウを途上国に移転してほしいという国際的な要望を受け、1968年に設立された。
国連、国際機関、現地NGOや地域住民と連携し、アジアやアフリカで、保健分野の人材養成、物資支援、プロジェクトを通して生活向上等の支援を行っている。
途上国の妊産婦を守るホワイトリボン運動の日本での発起団体。東日本大震災以降は、被災地の妊産婦・女性支援も実施している。

活動団体のサイトを見る

第1弾として、2013年6月~2014年8月までの売り上げによって
タンザニアのシニャンガ州ムワマカランガ村にある診療所に水道が敷設されました。

ここの母子保健棟では、毎日1~2件の出産が行われます。
水道が設置され、出産時に必要な清潔な水が確保できた結果、
出産する女性の家族は、数キロ先からの水くみ作業から解放されました。
また、診療前に手を洗うための水は、看護師が自腹で購入していました。
金額は月5ドル(約550円)、現地では決して少ないお金ではありません。
蛇口をひねれば水やお湯が出る日本にいる私たちには想像しにくいことですが
発展途上国におけるお産の大変さについて、あらためて考えさせられます。

これからは「キャリネス ボディオイル」の売上の10%を活用して
インフラの整備ではなく、妊産婦さんを支えるヒトへの投資として
現地のヘルスワーカーへの支援を行っていく計画だそうです。

同じ女性として、妊産婦さんが安心して出産・子育てができるよう
継続した支援が続くことを願ってやみません。

藤原さんが開院された妊婦専門鍼灸院「天使のたまご」開院秘話が日経DUALにて掲載中です。(一部有料)
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=4713

この記事のおさらい

キャリネス
ボディオイル(100ml 3,800円)
商品を購入する
1個につき売上10%寄付
ジョイセフ
対象商品の売上の10%がタンザニアの任産婦支援活動に使われる

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer エビちゃん
  • writer エビちゃん
  • 節約が苦手なファイナンシャルプランナー
  • more

取材協力・写真提供:株式会社キャリネス
国際協力NGO ジョイセフ
(2015.05.13)