buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【ニールズヤードで本物の美しさを手に入れる!】
作る人、買う人、関わる全てのことを考えた"FAIRWILD認定"
肌も心も大きな満足に満たされます

製品・サービス情報information

商品名
フランキンセンスシリーズ
価格
それぞれ異なる
買える場所
各店舗、オンラインショップ

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

"オーガニックコスメ"と聞くと、ナチュラル派、自然派、こだわり派というイメージがなくもないですか?(どっちだ・・・)
“オーガニック”とつくことで、なんとなく特別感があるような。

でもニールズヤードの取り組みをきいていると、こだわりとかナチュラルとかそういうことじゃなく、特別なんだけど、考えようによっては普通のことなのかも…と感じます。
なんとかこの感覚をお伝えできればと。

表参道に本店がある
"ニールズヤード レメディーズ"

創業者のロミー・フレイザーが、1981年にイギリス・ロンドンで美容と健康をトータルにサポートするアポセカリー(薬局)をオープンしたのが、ニールズヤード レメディーズの始まりです。

お店の中にはオーガニックスキンケア、エッセンシャルオイル、ハーブティなどの商品が並んでいます。床や棚はやさしい風合いの木材で、落ち着いた雰囲気が醸し出されています。スタッフさんたちも穏やかな雰囲気で、ちょうど良い静かさがあります。

"砂漠の宝石"とも言われるフランキンセンス

今回紹介するのはフランキンセンスシリーズです。
フランキンセンスというのは、乳香とも呼ばれる樹脂のこと。その香りは世界各地で古くから楽しまれていて、肌のハリ・ツヤ・潤いケアをサポートしてくれるエッセンスでもあります。貴重かつ高価なものですが、使われているフランキンセンスにはニールズヤードの基本姿勢が貫かれています。

作る人、買う人、関わる人全てが満たされるFAIRWILD基準

ニールズヤードでは、ケニアで採取されたFAIRWILD認定のオーガニックフランキンセンスを使用しています。FAIRWILDは、野生の植物を持続可能な方法で活用していることを証明するとても厳しい基準です。

「FAIRWILD(フェアワイルド)」

スイスにて2008年設立。世界中の野生種等の継続的な維持・利用を可能にするため、また現地生産者の公正な取引を守るための基準を定めている。
“持続可能な採集、社会的責任、フェアトレードという原則に対して責任を果たそうとする姿勢を示したいと考えている野生植物の採集事業者に適用される”(FAIRWILD基準第 2.0 版)

活動団体のサイトを見る

野生種というのは、人工交配など人の手が入っていない、もとからある状態の植物などを指します。
その野生種を原料に使うとき、現地では持続可能な採取が配慮され、そのためのトレーニングも提供されています。限りある資源をその瞬間の利益のためだけにとりきってしまうのではなく、未来にわたって自然の恵みをいただけるよう、ちょうど良い量、負担をかけない方法をとるということ。ニールズヤードでは、フランキンセンスの採取は、できる限り鳥がひっかいたり、木が折れたりなどして自然に樹脂が流れているものや、木の再生に持続可能な量だけを採取しているそうです。

"砂漠の宝石"とも言われるフランキンセンス

そして取引の面では、フランキンセンスのフェアトレードを行い、直接現地に出向いて公正な価格で取引しています。
しかも、仕入れ価格の10%を現地に寄付しているそう。

採取に携わる村の女性たちは‘Merry-Go-Round’と呼ばれている会議を通じ、家族のための通学費用や、村の井戸の修復、医療など、自分たち自身でその用途を決めています。

ニールズヤードは、ケニア女性にフランキンセンスの樹脂採取という仕事を作り出すことで、現地の女性の経済支援につなげ、その土地だけでなくそこに暮らす人々にも持続可能な営みをもたらしています。

見えないところも大切にする姿勢

ニールズヤードのロゴは一本の樹とその根のモチーフが描かれたもので、
「地上の木の美しさは、それを支える健やかな根から生まれる」ことを表現しています。

このモチーフには“目に見えないものも、見えるものと同じくらいに重要なことがある”という創業時からの想いが込められているとのこと。
コスメの効能だけでなく、企業や人としてのありようにおいてもこの理念を実践しているのが素敵です。

でもこれって実は自然なことなんじゃないかな、とも思うんです。
根こそぎ採ってしまったら植物は枯れてしまって再生できないとか、立場の強い側が弱い相手を買いたたいてしまったら、そのしわ寄せは彼らの生活や家族、地域にも響いてしまうとか。

自分の利益だけでなく、関わるもの・人たちと共に豊かになるという選択。
店員さんから伺った“ニールヤードでは利益だけを目的にはしていないのですよ”という言葉が印象的でした。

自然の恵みは持続的に得られる分だけでいいし、良い製品をつくって、それに見合う取引を生産者、消費者とする。
一見崇高なことにみえるかもしれませんが、自分のことだけではなく相手のことも考えるって、“普通”の感覚だった気もするような・・・。

自分以外のことも考えるというのが“偉い”とされるのだとしたら、
けっこう世知辛い世の中でもあるのかなと。

相手のこと、未来のことを考えられるという豊かさ。心の余裕。
こういう美しさは本物だと思えます。

数々の受賞歴、コスメとしての威力もすごい

左から洗顔用、化粧水、保湿化粧水、美容液、クリーム。

上の写真はどれもフランキンセンス配合のラインナップです。クリームは英国・日本ともに数々のベストコスメを受賞しています。特に2015年に受賞したというCEW Beauty Awardは、 “コスメ界のオスカー”と言われています。オスカー像が授与されるアカデミー賞モノ…ということなんですね。

2014年9月に発売され、人気が高いフランキンセンス インテンスクリーム 50g 12,000円+税

つけ心地を試してみると、心地よく馴染む感じや、ほっとする香りに癒されます。

ぶっちゃけ、価格は高めの部類でしょう。それでも商品の質の高さに加えて、作られるまでの手間や心遣いを考えると、"至極まっとうな買い物"かと思うのです。

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer Someko
  • writer Someko
  • フリーライター・編集者
  • more

画像出典元・取材協力:株式会社 ニールズヤード レメディーズ
(2015.11.18)