buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【震災から5年】
LUSHが福島の未来へ向けた"オモイ"を形にした
新商品を発売しました。

製品・サービス情報information

商品名
つながるオモイ、KNOT WRAP
価格
商品により異なる
買える場所
LUSH各店舗

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

2016年3月11日には、東日本大震災から5年目を迎えます。
この節目に、フレッシュな香りとカラフルな色合いの石けんやバスボムで楽しませてくれるLUSHより、福島から未来へ向けたオモイの詰まった商品が生まれました。

一つ目は、“つながるオモイ”と名付けられたソープ。
もう一つは、鮮やかな色合いの“ナノハナ KNOT WRAP”、“コットンフラワー KNOT WRAP”です。(KNOT WRAPとは風呂敷のこと。)

“DROP OF HOPE”―希望のしずく

オレンジなどの柑橘系のフレッシュさの中にまったり感もある、ずっと包まれていたい心地良い香りのソープ。指で押しただけでも形が変わってしまうほど柔らかく、手でちぎってしまえるくらいのやさしい触り心地です。

しっとり溶けるソープを手や汚れに馴染ませていきます。泡立ちは少なく、手をこすり合わせているときから潤いをまとっているような、洗っているのに養分を得ているようなクリーミーな洗い心地が気持ち良いです。やさしく手に馴染み、刺激は感じられません。

ほど良い潤いを得て、洗う前よりも肌がきれいに水を弾いているようにも見えました。こんな潤い感なら、体を洗ってもしっとりとしそうです。洗った後も甘い香りがうっすらと残り、リラックスした気持ちが続きます。

土壌の再生と菜の花

“つながるオモイ”の原料である菜種油は、福島県南相馬市の一般社団法人 南相馬農地再生協議会で生産されています。
南相馬農地再生協議会の杉内さんは、震災前から有機農業に取り組んでいた有機米農家さんです。福島第一原発事故によって農作物をつくる土壌が汚染されてしまい、生活は一変したといいます。

有機栽培に取り組む仲間たちとのつながりから、チェルノブイリ原発事故後にウクライナの農地再生に取り組んだ専門家たちとの縁が生まれ、一筋の希望として「菜の花プロジェクト」が始まりました。
菜種油には放射能物質が移行しないという特性があります。搾取した油に放射性物質は移らない一方で、菜種などの油脂植物には放射性物質を吸収する性質があり、土壌の再生方法として希望が持たれています。

南相馬の未来づくり

私たちが普段使っている食用油の原料は、9割以上を輸入に頼っています。原料には遺伝子組換え作物かどうかの表示義務がないため、気づかずに口にしている可能性があることを問題視している人もいます。
菜の花プロジェクトで生産された菜種油は、生産者のわかる貴重な国産原料なのです。

原発事故の影響で若い世代の流出が多い南相馬市でも、他の福島県の地域と同様に地域コミュニティを維持することが難しくなっています。多くの人が従事していた農業への風評被害によって先が見えにくい状況も大きな要因です。

つながるオモイ(ソープ) 100g 1,200円(税込)

南相馬農地再生協議会の杉内さんは、農地の再生だけでなく、農業の魅力や可能性を発信する中で、このプロジェクトを若い人たちと一緒に取り組めるようになりたいと考えています。そんな“希望”の詰まったソープには、やさしさの中にも、力強さも宿っている気がします。

南相馬農地再生協議会

鮮やかさと丈夫さをあわせ持つ“KNOT WRAP”

もう一つは、2種類のプリントのKNOT WRAP(風呂敷)

左)ナノハナ KNOT WRAP:菜の花の明るい黄色がオーガニックコットンの生地によく馴染んでいる。
右)コットンフラワー KNOT WRAP:綿花が力強く鮮やかに散りばめられている。

しっかりした生地感なのに、暖かみのある風合いとやさしい手触りなのは、オーガニックコットン100%だからこそ。厚みがなくかさ張らないので、いつもバッグに入れておいても邪魔にならず、荷物が増えた時やお買い物の時にも活躍してくれそうです。

47cm×47cmのサイズも使い勝手が抜群。風呂敷としてプレゼントを包むのももちろん、お弁当を包んだり、ランチョンマットに使っても良さそうです。鮮やかで明るい色は春にもぴったり。
お弁当やテイクアウトをさっと包んでピクニックに出かけ、気持ちいい時間を過ごすのもおススメです。

いわきおてんとSUN企業組合

ナノハナ・コットンフラワーKNOT WRAPのオーガニックコットンは、福島県のいわきおてんとSUN企業組合を通じて調達されています。
いわきおてんとSUN企業組合で生産されているのは、日本在来種である備中和綿。茶色っぽい綿が収穫されます。生産量がまだ少ないため、現在は数%のみがアメリカのオーガニックコットンと共に使用されています。

いわきおてんとSUN企業組合ホームページ

いわきおてんとSUN企業組合には、農家、事業者、地域住民、避難移住者、NPO、ボランティア、自治体など、様々な人々が関わっています。オーガニックコットンの生産の他にも、コミュニティ電力やスタディツアーの運営も行っています。

いわきおてんとSUN企業組合

福島から始まる未来づくり

震災後の福島は、原発で汚染されてしまった“FUKUSHIMA”のイメージが広がってしまっている現状があります。
原発事故がなければ、この革新的な取り組みはもっと上手く進んだのかもしれないけれど、事故があった現実を受け入れたことで、次に進むための一歩として生み出されたともいえます。国産の遺伝子組み換えでない菜種油やオーガニックコットンを生産することは、何が本当に大切なことなのかを、改めて真剣に問い直した人たちによる新しい未来へのスタートなのです。

LUSHジャパンは、震災後の混乱で既存顧客を失ってしまい、売上が回復しきれていない東北の事業者との取引を震災前の6事業者から18事業者に増やしています(2016年2月現在)。
「より顔の見える取引先を探す」というLUSHの理念に加え、被災地を見守り続けてきたことが、南相馬農地再生協議会や、いわきおてんとSUN企業組合との出会いにつながりました。

支援でも寄付でもなく、LUSHとビジネスとしての取引が成立することは、震災から5年経った被災地に何よりも必要なことだといえます。“つながるオモイ”や“ナノハナ・コットンフラワーKNOT WRAP”には、それ自体の使い心地の良さだけでなく、福島に暮らす人々が前に進むためのオモイがぎゅぎゅっと詰まっています。

現在、LUSH各店舗では、SNSにハッシュタグ「#つながるオモイ」もしくは「#ForFukushima」をつけて投稿するキャンペーンを実施中
くわしくはこちら(https://www.lushjapan.com/article/connecting-hearts-sns

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

  • writer Someko
  • writer Someko
  • フリーライター・編集者
  • more


(2016.03.11)