buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【この夏全力でオススメ!】デザイン、品質、価格、メッセージ性、そして社会貢献インパクト!すべてが高次元な「JAMMIN」のTシャツがめっちゃいい

製品・サービス情報information

商品名
「THIS WEEK ONLY」シリーズ  BASIC(丸首) Tシャツ
価格
¥3,400(税込)
買える場所
オンラインショップ・取り扱い販売店など

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

最近暑くなってきましたね。
私は夏になると定番の白Tシャツをよく買うのですが、毎年かなり悩みます。

シンプルだからこそデザインが良いものを選びたい。
欲を言えば、素材も良いものを…!それでいて人と被らないものを…!と、いろんなショップを巡っていましたが、なかなか欲しいTシャツに出会えずにいました。

そんな私ですが、今年はかなりときめいているブランドがあります。
それが、京都発のチャリティー専門ファッションブランド、JAMMIN(ジャミン)です。

チャリティー専門ということで、すべての商品の売上の一部(Tシャツ1枚につき700円)が、NPO/NGOに寄付される仕組みになっています。

毎週デザインが変わるオリジナルTシャツは、一週間限定!

JAMMINは、売上を寄付するNPO/NGOを一週間ごとに変更しています。
その中でも、「THIS WEEK ONLY」シリーズは、その週のチャリティー先をモチーフにデザインされていて、一週間の限定販売となっています。
つまり、『チャリティー先に合わせて、毎週新作を作ってる!』ということです。

それを設立から約3年間続けた結果、これまでにコラボしたNPO/NGOは150団体を超えているそう。
すごくないですか!

今週の限定デザインを着てみた!

ちなみに今週(5/29〜)のデザインは、「チャイルド・ケモ・ハウス」コラボデザイン。
グッときたので今回はこちらのTシャツを着てみました!

PLACE / WHITE・MUSTARD / 1枚 ¥3,400
 

ミニマルで丸っこいフォルムがカワイイ。
文字のなかに、家が隠れています。なんだか暖かい雰囲気がありますね。

イラストは、シルクスクリーンという技法で1つ1つ丁寧に印刷されています。
マットなインク乗り、存在感がイラストを引き立てていいて…イイ!

コンパクトに着たかったので、155㎝の私はSサイズを着てみました!

 

これだけ着ておけばボトムは適当でも決まる!と、確信させる絶妙なシンプルさ。気軽に着れるのは嬉しい。この夏ヘビロテしそうな予感です。

ペラペラのTシャツだったらどうしよう?という心配もいりません。
透け感もほとんどなく、柔らかいです。

サイズはS、M、Lの3サイズ展開(ユニセックス)となっていて、Mサイズは男性でも着れます!

 

国内で生地を編む工程から丁寧につくられているそうですよ。程よく厚みがあるので、汗をかいて服がベッタリ肌に張り付く…なんてことはなさそうです、快適◎

”Welcome home. It’s our place ”とあります。
「ここは、私たちの場所。ようこそ“我が家”へ」。

がんや難病を抱える子ども達に、自分の家にいるようなくつろげる場所と安心を提供し、そして笑顔になってほしい──。
そんなチャイルド・ケモ・ハウスの想いを表現したデザインなんだそうです。

こちらのTシャツは1枚につき700円が「チャイルド・ケモ・ハウス」を運営している公益財団法人チャイルド・ケモ・サポート基金に寄付されます。

チャイルド・ケモ・ハウス

小児がんをはじめとした、難病を持つ子どもたちのための医療施設。医療スタッフが常駐し、非常事態に備えつつ、お母さんの手料理を食べたり、おもちゃで遊んだりと「普通の生活」を送ることができる。

サイトを見る

ファッションを通じて社会貢献できる「しくみ」を作る

こんなに素敵なデザインなのに、どうして一週間限定の発売なんでしょうか?
その理由をJAMMINの高橋さんに訊いてみました。


 

JAMMIN 共同創業者 高橋佳吾さん

大学在学時に「途上国の水問題」の存在を知り、国際協力業界を志す。入社した開発コンサルタント会社で、志を同じくする西田太一さんと出会い2013年JAMMINを設立。

ーどうして一週間しか発売しないのですか?

高橋さん「日本には約5万のNPO/NGOがあります。それだけ多くの社会問題があるということです。今まで社会問題に関心がなかった人にも、一つでも多くのNPO/NGOのことを紹介したいので、一週間ごとにデザインとチャリティー先を変更しています。」

ーチャリティーをファッションにしようと思った理由は?

高橋さん「”寄付”を気軽なものにしたかったことと、若い人にも参加してもらえるかなと思ったのでファッション・Tシャツを中心としてやっています。あとは、“NPO業界のことを外にアプローチする“ということをずっとやりたいと思っていました。NPOはファンの方に喜んで頂こうと色々な活動をされています。ただ、NPOに関心がない方へのPRは、人的や金銭的な制約から簡単ではないため、そのお手伝いが出来ればと思っています。」

JAMMIサイトより。特集ページでは、チャリティー先のNPOのことが紹介されています。

 

ーチャリティー先のNPOはどのようにして決めているんですか?

高橋さん「テーマにタブーを設けないように意識しています。例えば“ニート・ひきこもり”問題は本人のせいなのか分からないのに、本人のせいにされてしまう。本当の一番の理由は病気・けがなんです。そこから戻れなくなることってあるんです。こうした知って欲しいと思う課題を毎週紹介して、『そうだったんだ』『知らなかった』と感じて頂ければ嬉しいです。」

毎週Tシャツのデザインを変え、いろんなNPO/NGOの情報を、知らない人にも届けるー。

一週間しか買えない、ということにもちゃんと意味がありました。
ファッションを通じて、重く捉えられがちな社会問題も、ポジティブに発信していくことができる。他の企業に真似できない、素敵な取り組みです。

Tシャツは作り手の顔が見える国内生産にこだわり、一緒に製品を作りあげているのだとか。
 

ファッションを通じて社会貢献できる「しくみ」を作る

JAMMIN(ジャミン)のサイトでは、毎週月曜日に新しいデザインが発表されます。

気になる人は是非チェックしてみてください。知らなかった世界に出会うことができます。
この夏、最高にときめく1枚をGETできるかも!

お気に入りの服を着るだけで、笑顔になる人がいるかもしれない。最高だねー!
 

この記事のおさらい

JAMMIN(ジャミン)
「THIS WEEK ONLY」シリーズ
商品を購入する
売上の一部(Tシャツ1枚につき700円)
NPO/NGO
その週にコラボしているNPO/NGOに寄付される

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer みかりん
  • writer みかりん
  • 社会人/ライター
  • more

取材・写真協力:JAMMIN
(2017.05.31)