buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【「三方良し」の社会貢献活動】
あなたがTシャツを買うと、それがチャリティになる!
この夏は"イイコト"が溢れるデザインTシャツを買おう!

製品・サービス情報information

商品名
NPO支援チャリティTシャツ
価格
2,800円(税別)
買える場所
GIFTHOPE オフィシャルサイト

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

暑くなってくるとちょっと嬉しくなってきます。Tシャツの季節だからです。どうも、いづやん(@izuyan)です。

僕は決してオシャレな方ではないので、普段は本当に適当な格好をしているのですが、Tシャツだけは選んで買っています。

自分のお気に入りの柄やイラスト、メッセージを身にまとう。Tシャツはいわばちょっとした「個人の主張」を表現する場だと言っても過言ではないでしょう。その人が何に興味があるのか、何が好きなのか、どんな思いを持っているのか。着ているTシャツを見ればわかります。以前は自分でデザインしたものをプリントして着ていたこともあります。

様々なデザインのTシャツを選んで買える

今回ご紹介する「GIFTHOPE」は、色々な人が投稿したデザインのTシャツを買うことができるサイトです。2014年3月からスタートし、小学生から世界的なグラフィックデザイナーまで、400人に迫る人々から投稿されています。

なんとあの「くまモン」の生みの親であるクリエイティブ・ディレクターの水野学さんも投稿したことがあるとか。

現在サイトで販売されているTシャツもデザインのバリエーションが豊富で、目移りしてしまいます。みんなセンスよかったり可愛かったりして、デザインそのものの魅力のあるものばかりですね。そして、見ていると自分でも応募したくなってきます!

Tシャツを買うことでチャリティに繋がる

このGIFTHOPE、実はTシャツを買うことでチャリティになります。

どういうことかと言うと、GIFTHOPEが選んだ支援先のNPOの活動イメージを、そのメッセージを表現したデザインにして投稿し、Tシャツにして販売、売上の30%を支援先のNPOへ、10%をデザインした人に支払います。デザイナーは支払われるデザインのライセンス費を寄付することもできます。

NPOの活動の支援を、Tシャツを購入すること、デザインすること、両面から行える仕組みなのです。

GIFTHOPEは、「世界を良くするために懸命に活動している人たちを、デザインの力を使って支援する」ことをミッションとしています。 2015年6月までに約2200枚のチャリティTシャツを販売し、16のNPO団体に合計約230万円の寄付を行ってきたそうです。

支援するのは、社会の課題を解決するために活動をしているNPOで、規模は小さくとも志をもっているところを選んでいるそうです。GIFTHOPEのサイトで見ることができます。

各プロジェクトのページの上には、販売終了までの日数と、現在いくら寄付が集まっているかが表示されています。

支援を必要としているところとデザイナーを結ぶ

デザインの応募については、「NPOの活動のイメージを自由に表現してください。活動を具体的に表現する必要はなく、メッセージ性のあるデザインを」とのことなので、デザインする人の自由な発想に委ねられている部分が大きいと言えそうです。

投稿は1ヶ月に1作品まで、Tシャツのベースは、ホワイト、ブラック、ライトグレーです。

今までで一番多かった時は、1ヶ月に460点のデザインの投稿があったそうです。投稿されたデザインの選定基準は「支援するNPOの志をデザインに反映しているかどうか」とのことです。

東日本大震災から生まれたアイデア

このGIFTHOPE、なぜ始まったのでしょうか。代表の舘内さんにお聞きしました。

「私は宮城出身なので、震災後にボランティア活動をしてました。その中で、小さなNPOが活動資金不足だったり、人手不足だったりと、復興で頑張っているNPOたちの課題があり、一方で知り合いのデザイナーなどクリエイターたちが復興で何かしたいという要望がありました。しかし、お互いにマッチングする方法やコミュニケーションをする方法がなくミスマッチが起こっていました。その、もったいないを形にしたいと思ったのがきっかけです」

デザインを作って支援することも、それを着て支援することもできる。Tシャツという媒体の良さをフル活用しています。

支援が必要なNPO、復興を支援したいデザイナー。その接点としての活動が、GIFTHOPEの原点なのです。さらに、購入者がTシャツを着ることでNPOの宣伝活動にもなり、様々な社会の課題をみんなが知ることができる。まさに一石三鳥です。

さらなる広がりを目指して

そんなGIFTHOPEは、2015年7月にサイトをリニューアルし、今までのNPO支援プロジェクトの他に、二つの新しい活動を立ち上げています。

■ハンディキャップアーティスト・サポート・プロジェクト

ハンディキャップをもったアーティストの絵をTシャツのデザインに採用、チャリティ販売し、販売価格の30%をArtbilityに寄付します。Artbility(アートビリティ)は、障がい者専門の芸術ライブラリーで、障がい者の作品をストック、有料で貸し出すことで使用料を作者に還元、障がい者の自立支援の援助に充てています。

■100 アーティスト・オーガニックコットン・プロジェクト

JOCA(日本オーガニック協会)とのコラボ企画です。世界的に活躍する100名のアーティストにデザインを提供してもらい、オーガニックコットン製のTシャツを作成。Tシャツが2枚売れるごとに(1枚500円の寄付)、抗がん剤治療で頭髪が抜けた患者さんへ1枚、オリジナル・オーガニックコットン製のキャップをプレゼント。キャップはこのプロジェクトのオリジナルデザインだそうで、札幌の障がい者授産施設で作られています。JOCAのプロジェクトとコラボすることで、100 アーティスト・オーガニックコットンTシャツにチャリティーの要素を付けました。

JOCAのサイト
http://www.joca.gr.jp/

さらに、今後は海外のデザイナーの参加や、海外での販売も考えているとのこと。
全世界を巻き込んだ支援プロジェクトとなる日も、そう遠いことではないでしょうね。

そんなGIFTHOPE、腕に覚えのある人はデザインで、Tシャツ好きな人は購入することで、自分の興味のある活動を支援してみてはいかがでしょうか。僕もデザインを応募してみたいと思います!

この記事のおさらい

GIFTHOPE
NPO支援チャリティTシャツ 2,800円(税別)
商品を購入する
売上から30%寄付
各支援団体、デザイナー
売上の30%を支援先のNPOへ、10%をデザインした人へ。

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer いづやん
  • writer いづやん
  • 島旅研究家/Webクリエイター
  • more

取材協力・画像出典元:GIFTHOPE
(2015.08.11)