buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【172種類のマスキングテープ展】パラリンピック選手と障害のあるアーティストを支えるデザインのちから

製品・サービス情報information

商品名
マスキングテープ
価格
1個400円(税込)
買える場所
会場即売・オンラインショップ(2018年夏〜)

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

ゴールデンウィーク真っ只中ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
私は、銀座ロフトで5月13日(日)まで開催しているJAGDAつながりの展覧会 Part 1に行ってきました!

本展を主催しているJAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)は2018年から2020年までの3年間、デザインの“つなぐ力”を使って、障害のあるアーティストとパラリンピアンの支援を行っているそうです。

第1弾となる本展のテーマは、様々なものを“つなぐ”身近なアイテム「マスキングテープ」。

銀座ロフト 5階ワーク&スタディ特設コーナー。このフロアで一番目立っていました!

これも、

これも。

全部、マスキングテープのデザイン。

実は、展覧会といっても、すべて購入することができるんです。

障害のあるアーティスト67名の作品が、JAGDAに所属するデザイナーのボランティアによって、172種類のマスキングテープになりました。アーティストには作品使用料が支払われています。

このパネルの反対側にも、まだまだありますよ!

種類が多いので、お気に入りが見つかること間違いなし。
数十個単位で、まとめ買いするお客さんもいるそうです。

ちなみに、マスキングテープの販売収益は日本パラリンピアンズ協会に寄付されます。

一般社団法人日本パラリンピアンズ協会

パラリンピックに日本代表として出場した経験のある選手有志による選手会。国内外のスポーツ団体、アスリートたちと連携しながら、誰もがスポーツを楽しめる社会の実現に向けて活動している。

アーティストのことを広める工夫も

水着の女性が真夏の海に飛び込んでいるように見えますよね。
爽やかな青と赤のコントラストがステキ!
本日の東京は真夏日なのもあって、かなり惹かれました。涼しげで良いです。

原画はこちら。

細長いマスキングテープでもモチーフが最大限魅せられるよう、デザインされてるんですね。
アーティストの紹介もあって、その人の生活や好きなもの、人柄が伝わってきます。

とにかく迷います

ビビットな色使いだったり、ふんわりした女性向けのデザインだったり、変ないきものが描いてあったり、どれも目立ちます。

全部カワイイ。これは悩みますね。うーん。

悩むこと20分…絞りに絞って3つ購入しました。
大事に使います!

ちなみに、このマスクのイラストを描いているアーティストの雑貨はこちらの記事でも紹介していました☆
【吉祥寺にある不思議なお店】障がいを抱えた方が作った雑貨を集めたセレクトショップ「マジェルカ」に行ってきた!

あなたの街でも開催されるかも!

銀座は遠くて行けないよ!という方にも朗報!JAGDAつながりの展覧会 Part 1は各地での巡回を調整中とのことです。興味のある方は是非、行ってみてくださいね。

開催予定[2018.4.25時点]
愛知*:4月28日(土)〜5月6日(日)名古屋デザインホール「mt 10th Anniversary in Nagoya」内
東京:4月28日(土)〜5月13日(日)銀座ロフト 5F ワーク&スタディ 
石川:6月15日(金)〜17日(日)石川県産業展示館 1号館
東京*:7月27日(金)〜8月7日(火)TABLOID
北海道*:8月17日(金)〜30日(木) 札幌駅前地下広場 北3条交差点広場(西)
大阪*:9月28日(金)〜10月11日(木) 大阪市中央公会堂
*=カモ井加工紙(株)主催イベントにて展示・販売(取扱点数は会場により異なる)

最新の開催情報はJAGDA公式サイトをチェックしてくださいね!

この記事のおさらい

JAGDAつながりの展覧会 Part 1
マスキングテープ 1個400円(税込)
商品を購入する
「日本パラリンピアンズ協会」に製造原価を除く販売収益が寄付される
障害のあるアーティスト
アーティストには作品使用料が支払われる
  • writer みかりん
  • writer みかりん
  • WEBライター・デザイナー
  • more

関連リンク:公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
ロフト
(2018.05.02)

276