buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【個性爆発!!】ぬいぐるみで表現をし続けるアーティスト、秋場円貴さんの初個展が衝撃的だった!!

製品・サービス情報information

商品名
商品により異なる
価格
2,000~3,000円
買える場所
ギャラリー・オンラインショップ(予定)

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

全国1憶2千万人のアートファンのみなさーん、はじめまして!バイコットのアート担当、学生時代からキャンバスに向かい続けるしましまです!今日は芸術が爆発する瞬間を目撃したく、女性誌御用達のおしゃれタウン、自由が丘にやってきました(キラーン☆)。どこからともなくバターの焼けるいい匂い。周りにはかわいいカフェやショップがたくさんあります。

そんな自由が丘駅南口から徒歩3秒のところにあるCAFE&GALLARY「るなん」、ここで、ぬいぐるみアーティスト秋場円貴さんの初個展、『まるのぬいぐるみフェスティバル』が5月2日(火)まで開催されています。

今までに制作した作品はなんと数千作!!溢れ出る創作意欲。

ギャラリーに入ってまず驚くのは、その作品数!
壁一面に個性豊かなぬいぐるみたちが展示されています。

今回展示している作品の数はなんと205体!!これでもほんの一部だというからなおびっくり!!自宅にはまだまだ数千体の仲間たちが、大きな袋10袋分以上にひしめき合っているそう。なんか、お家すごいことになってそうですね…。

毎日1~3体のぬいぐるみを作り続けているという秋場さん、現在高校3年生ですが、今日も朝5時からミシンを走らせてから登校したとか。みなぎる創作意欲はどこから湧いてくるんでしょう。

口をついて出るのは制作のことばかり。根っからのアーティスト。

自閉症の障がいを持つ秋場さんですが、次回は何を作るつもりか、こんな材料が欲しいなど、制作のサポートをしているアトリエグレープフルーツの先生やご家族とよく話し合うそうです。
創作活動に関することでは雄弁とのこと。根っからのアーティストなんですね~。

アトリエグレープフルーツ


学齢期の造形遊びや、余暇を楽しむ人、作品を創って発表していく人など、少人数~マンツーマンでの関わりの中で制作をしています。
場所
東京都練馬区南大泉4-33-11

公式HP

こだわりの強い秋場さん、制作に使用する生地は色々試した結果、Tシャツ用の綿のニット地がベストということに落ち着き、目はぬいぐるみ用ではなく洋服用のボタンに決まっているのだそう

複数のキャラクターを組み合わせて制作した作品。

 

アトリエオリジナルのタグ。裏には秋場さんの名前

オリジナルとはなにか?有無を言わせぬ説得力。

作品のモチーフになるのは、普段テレビで観たアニメなどのキャラクター。

そう言えば、どこかで見たことのある色や形も見受けられます。

でも、それは紛れもなく秋場さんのオリジナリティから出てきたもの。

「アートにおけるオリジナリティとは一体何なのか、改めて突き付けられているようだ。」
と、アトリエグレープフルーツ代表で美術家の小島顕一さんは語ります。

自分の感性で手に取ったものが買えるというおもしろさ。

今回の個展で展示されている作品は全て購入することができます。基本のサイズが1作品2,000円、大きいサイズの作品が3,000円です。作品のお受取りは、会期終了後、郵送またはギャラリーるなん、またはアトリエグレープフルーツでのお渡しとなります。

まずは一度、このゆかいな仲間たちに囲まれてみてください☆
昨今の斜め45度な美術観を軽く吹き飛ばしてくれる、自分だけの1体に出会えます!

そして、自分の感性にひっかかったアートを買って所有するという面白さを、ぜひ体験してみてください!きっとアートの見え方が変わるはず♪

秋場円貴 個展 まるのぬいぐるみフェスティバル

開催日時
2017年4月27日(木)~5月2日(火)
11:30~19:00

作家在廊予定日
29日15:30~、30日11:30~

電車でお越しの方へ
東急東横線/東急大井町線 自由が丘南口改札出て左側へ徒歩30秒

場所
ギャラリー&カフェ るなん
東京都目黒区自由が丘1-9-6

近々、アトリエグレープフルーツのオンラインショップでも購入できるようになるそうなので、チェックしてみてくださいね。

輝く才能の持ち主が正当な対価を得る社会。

時に剥き出しで荒々しく、時に繊細で瑞々しい、こんな風に制約の枠を脱ぎ捨てて制作ができたらと思ってしまうような、障がい者たちの作品に、私たちは魅了されます。

ただ、障がい者のアートについては、現在でも評価は不安定なままです。現在に至るまで様々な議論が起こってきました。

それでも、彼らは議論などどこ吹く風、心の赴くままに作品を作り続けます。

最近では、障がい者の作品を美術品として正当な対価で流通させようという動きも活発化しています。輝く才能の持ち主が正当な報酬を得る。そんな社会がもうすぐ来るかもしれませんね。

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

  • writer しましま
  • writer しましま
  • 休日は絵描きのウェブデザイナー
  • more

取材・写真協力:アトリエグレープフルーツ
ギャラリーるなん
(2017.04.28)