【風呂敷ソムリエへの道♨】LUSHが長年温め続けてきた新プロジェクト『Knot Swap』その全貌を完全レポート!

製品・サービス情報information

商品名
Knot Wrap
価格
¥450~¥2,000
買える場所
LUSH各店舗

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

“2020年7月”

突然ですが、皆さんは来年の7月に何が起きるかご存知でしょうか?

そうです…【プラスチック製レジ袋が有料化される日】です。

今、その動きに向けて業界各所で新たな「エコバック」商品が次々に生み出されています。

しかし、今回は敢えて“日本古来の知恵”を見つめ直してみるのはいかがでしょうか?

 ◆目次◆

(1)エコバックの起源!江戸の人々の生活を包み込んだ“風呂敷”
(2)"400年の時を超えて"  LUSHの風呂敷『Knot Wrap』
(3)10歳の誕生日に生まれたプロジェクト『Knot Swap』
(4)「ほんとに交換できるの?!」LUSH突撃取材
(5)『KnotSwapプロジェクト』をめぐる社内秘話
(6)まとめ;歴史はまだ始まったばかり~風呂敷ソムリエへの道~

エコバックの起源!江戸の生活を包み込んだ“風呂敷”

~今より遡ることおよそ400年~

時は江戸時代

モノを大切に扱うこの時代にエコバックのルーツである風呂敷は存在します。

当時江戸では「湯屋」といった銭(お金)を払ってお湯に入れる“銭湯の元祖”とも呼べるものがありました。

そしてその際に銭湯に持っていく小物や衣類などを包むのに使われ始めたもの、それが風呂敷の始まりです。

※ちなみになぜ風呂“敷”なのかというと、元々は「風呂に入るために敷く布」だったからなんだとか…!

〝約400年の時を超えて〟LUSHの風呂敷『Knot Wrap』

あれから時は流れ、いつの日か街には風呂敷よりもレジ袋が溢れるようになりました。

そんな中で立ち上がったのがLUSH JAPAN (ラッシュジャパン)

彼らはなんと、江戸の風呂敷にデザインの力を加え『Knot Wrap』という形で現代風にアレンジしてみせたのです…!

LUSHのオリジナル製品「Knot Wrap(ノットラップ)」とは、ペットボトル2本分のリサイクルプラスチック素材や、インドのフェアトレード布素材で作られたラッシュオリジナル風呂敷。
ラッピング、バック、壁掛け、アクセサリーなどアイディア次第で自由自在に使うことができます。

 “Knot Wrap”とはつまり「包みを無くす」ということ


LUSHでは2009年のKnot Wrap発売以来なんと210トンもの包装の削減に至ったのだとか…!

10歳の誕生日に起きたLUSHのイノベーション『Knot Swap』

Knot Wrapがイギリスで誕生してから今年で10周年

そんなKnot Wrap10歳の誕生日を記念して新しいリサイクルプログラム「Knot Swap (ノットスワップ)」がついにスタートしました。

◆ どんなプログラムなの? ◆

「Knot Swap」は、ラッシュオリジナルの風呂敷商品「Knot Wrap」を対象に、クローゼットに眠っているKnot Wrapをショップにお持ちいただくと、同じサイズの新しいKnot Wrapを50%割引の価格で購入できるサービスです。(※ スワップは、交換するという意味を持つ。)

「1度誰かの手に渡ったKnot Wrapに新たな命を吹き込む」という画期的な企画。

古いKnot Swapを持っていくことで新しいものを半額で買えて、さらにはその古いKnot Swapも誰かの手に渡っていく。

このリサイクルプログラムには江戸の町民もびっくり!まさに“風呂敷革命”です。

「ほんとに交換できるのか?!」LUSH突撃取材

「たしかにKnotSwapは素敵な仕組みだけど、実際にそんな上手くいくものなの?」

…わかります。とりあえず“江戸”と付ければ“エコ”になる、ありがちなパターンです。

———というわけで今回、誰よりも銭湯を愛する江戸っ子を代表してKnotWrap片手にLUSH新宿店に突撃してきました!

江戸っ子天真:「すいやせん!ここに古い風呂敷を交換してくれる“よろずや”ができたと耳にして来やした!」

店員さん:Knot Swapのことですね、こちらになります。」

江戸っ子天真:「これのどれと交換できるんでい!」

店員さん:「お兄さんがお持ちのKnot Wrapは一番小さなサイズなので、こちらから交換できますよ。」

▼同サイズのものであれば基本的に交換することが可能。店員さんに確認すれば教えて貰えます。


江戸っ子天真:さ、西郷どん…!こないな所にいなすったんですか!!」

店員さん:「こちらのゴリラは、障がいを持ったアーティストがデザインした人気の柄のひとつです。とっても素敵ですよね。」

江戸っ子天真:「とーんときた(惚れた)!こいつをくれ!!」

◆ Knot Swap流れおさらい ◆

(1)自分が既に持っているKnot Wrapと新たに交換したいものを持ってレジへと向かいます

(2)長い間連れ添ったKnot Wrapに別れを告げます。今までありがとう…!

(3)色褪せや破れなどが無いかcheckしてもらいます(←でも、Knot Wrapは元々とっても丈夫なのでよほどのことがない限り大丈夫!)


チェックの目安。あくまでリサイクルが前提なので、あまりに状態が悪いと交換できないこともあるようです。


そして一通り確認してもらったら、、、

(4)50%割引き、つまり半額で交換(購入)できる!  ここまで僅か3分、とってもお手軽です!

(5)新しいKnot Wrapと次の物語へ!!

『Knot Swapプロジェクト』をめぐる社内秘話

店員さん:「Knot Swapいかがでしたか…!?」

江戸っ子天真:「てやんでい!そんな都合のいい話があるかい!きっと何か裏で企んでるにちげえねえ…!」


店員さん:「実は私たちスタッフも喜んでいるんです。店頭で回収したKnot Wrapは一度工場に集められるのですが、それらが次に全国どこのLUSHに行くかは完全にランダム。このヴィンテージのサイクルの中で、かつてのデザインにふと出会える瞬間などもあるかもしれません。」

江戸っ子天真:「なんだかお宝探しみたいでちょいと粋じゃねえか!」

店員さん:「数年前に自分が販売した柄とふとした瞬間に再開する。まさに“おかえり”といった感覚で本当に嬉しいんですよ。だからいつかお兄さんのKnot Wrapもまたここに持ってきてくださいね!」

江戸っ子天真:「お前ぇさん、、、あたぼうよ!!」

◆ 可能性は無限!風呂敷ワークショップ ◆

(そういば風呂敷ってどのようにして使えばよいのだっけ…)

そんな自分の心の声を察してか、なんと今回実際に風呂敷の結び方をご披露してくれました!

あっという間に器用に結んでいきます。折り紙みたいで外国の方も喜びそう…!

LUSHのスタッフさん自身もKnot Wrapをずっと愛用している方が多く、そういった意味でも今回のプロジェクトは大きな思い入れがあるのだとか。

LUSHには結び方を熟知した風呂敷マスターが沢山いるので、実際に店舗でKnot Wrapを手に教えて貰うのも楽しみ方のひとつかもしれません!

完成!!!♪

レジ袋と違っておしゃれで可愛いし、一般的なエコバックと違って結び方次第でどんな形にも合わせて変化させられるのでとっても便利!

改めて風呂敷に秘められた無限の可能性をひしひしと感じました。

まとめ:歴史はまだ始まったばかり~風呂敷ソムリエへの道~

そんなこんなで楽しかったLUSHの取材もあっという間に終わりの時間。

当初は11月26日の“いいふろ”の日に合わせてLUSHがまた何かやるのかな位のイメージしかありませんでしたが、正直今日一日ほんとに楽しかったです。

日本には世界に誇るこんなにも素晴らしい技術が古くから存在する

『Knot Swap』を通してそのことに気づかせてくれたLUSHさんには感謝しきれません。

一人の日本人として、胸を張って未来にこの技術を伝えていけたらと思います。

それでは最後に、LUSHさんから直々に教わった伝統の包みでお別れしましょう———

LUSH新宿店で一番大きなKnot Wrapで

夢と提灯をそっと包みます

未来にその思いをぎゅっと結び付け

完成です!!!

風呂敷ソムリエへの道はまだまだ始まったばかり

歩んで見せよう風呂敷ロード

桶の旅人

いいね!と思ったら買って応援しよう!

  • writer 桶の旅人
  • writer 桶の旅人
  • more


(2019.12.12)

0