buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

あなたもだれかのサンタクロースに。子どもたちに絵本を贈る「Book Santa」

製品・サービス情報information

商品名
Book Santa 2018
価格
各絵本による
買える場所
全国のパートナー書店、Honya Club.com、クラウドファンディング

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

アンケートキャンペーン

アンケートキャンペーン

街がクリスマスの装飾で華やかになるころ、いつも立ち寄る書店の児童書コーナーで、「Book Santa(ブックサンタ)」と描かれたポスターが目にとまりました。

「あなたの想い(絵本)をサンタクロースが全国の子どもたちに届けます」

息子たちと絵本を読んだ時間を思い出した
「Book Santa」

『さむがりやのサンタ』(レイモンド・ブリッグズ/福音館書店)
『ねずみくんのクリスマス』(作なかえよしを 絵上野紀子/ポプラ社)
『まどからのおくりもの』(五味太郎/偕成社)

クリスマスにふたりの息子に贈った絵本たち。冬になるとクリスマスツリーを出すよりも早く、冬がテーマの絵本を本棚の最前列に並べるのがわが家の習慣でした。息子が中学生になった今は、子どもに読むために絵本を手に取ることもなくなりましたが、絵本を開くと、キラキラした目をしてお話を聞いていた息子たちの顔や、もう一回!とせがまれて、何度も何度も読んだ「時間」がよみがえります。

絵本は手にしなくなっても、その「時間」、わくわくした感覚が子どもたちの中に残ってくれているといいな、と思うのです。

「Book  Santa」は、親と死別したり、経済的理由、災害に遭うなど厳しい環境に置かれている全国の子どもたちに、サンタがクリスマスイブに絵本を届けるというプログラム。NPO法人チャリティーサンタが日本出版販売株式会社と協賛、全国約200書店などの協力を得て、2017年からスタート、昨年は848冊の絵本が集まったそうです。

埼玉県朝霞市にある書店「CHIENOWA BOOK STORE」にて。書店を訪れたら「Book Santa」のポスター、フライヤーを探してみてください。
 

書店で贈りたい絵本を選んでレジで会計
「ブックサンタでお願いします!」

主催するNPO法人チャリティーサンタは、「世界中の子どもたちを笑顔に」というコンセプトのもと、2008年に活動開始。依頼のあった家庭にボランティア扮するサンタさんを派遣、これまで、1万3,220人がサンタクロースになり、2万6,590人の子どもに特別な思い出を届けました。さらには、依頼家庭から預かった3,000円の寄付金で、途上国や被災地、貧困家庭の子どもたちへ向けたチャリティー活動も実施しています。

その活動の一部である「Book Santa2018」への参加方法はとても簡単です。プロジェクトに参加している書店で絵本を選び、レジで絵本の代金を支払う。これだけで厳しい境遇にある子どもたちに絵本を贈ることができます。

ブックサンタ公式サイトより
 

手渡しで贈る感覚で、絵本を選ぶのが楽しそう。
私は「Book Santa」のポスターを見つけたいつも立ち寄る書店で選ぶことにしました。

私が子どものころから大好きだった絵本を、息子に贈るときの気持ちを思い出します。どんな顔をしてくれるのかな? この一文をどんなふうに感じてくれるかな? この場面が好き、絵が好き。色と言葉のリズムが好き。じわっと沁みて深いところで支えてくれる心の滋養。絵本にはそんな力があります。

「ブックサンタでお願いします」

悩みに悩んで、息子たちに何度も読んであげた『ねずみくんのクリスマス』を贈ることにしました。レジで私が選んだ本の会計を済ませると寄付は完了。「Book Santa」のステッカーと絵本寄付者限定ページのURL,QRコードが書かれたフライヤーをいただきました。クリスマス後に、子どもたちの声が掲載されるそうです。

買った絵本を受け取らず、店員さんに預けて手ぶらで帰る。少し気恥ずかしいような不思議な気持ち……。でも、あの絵本がイブの日にだれかのもとに届くんだな、と思うとワクワクします。

そんな素敵な気持ちにさせてくれるプロジェクト「Book Santa」はどのようにスタートしたのでしょうか?
チャリティーサンタの代表理事清輔(きよすけ)夏輝さんにお話をうかがいました。

代表の清輔夏輝さん。12月24日、ご自身もサンタに扮して依頼された家庭の子どもたちに絵本を届けるそうです。
 

「体験の貧困」に悩む家庭に届けるために
行動する大人を増やしたい

チャリティーサンタ公式サイトより
 

きっかけは、「子どもたちがどういう状況にあって、何に困っているのか」という実態を知るために2015年に実施した大規模な利用者調査です。クリスマスに家庭でプレゼントを用意し、チャリティーサンタに依頼し、さらにチャリティー金を払えるような既存の依頼者は、経済的に恵まれた家庭が多いことがわかりました。一方で年収が200万円未満、相対的貧困家庭と言われている家庭は、クリスマスにプレゼントを用意するなどの余裕がないという現状も見えてきました。厚労省の調査によると日本で7人に1人といわれる子どもの貧困。目にはみえづらいけれど、子どもが当たり前に経験するはずの「体験」が得られていないことが問題となっています。

クリスマス格差が生じているのに、その層に届けられていない。さらに貧困層家庭からは、高価なプレゼントをもらうよりも、楽しい思い出をつくってあげたいという声が多いこともわかりました。絵本なら、子どもたちが絵本にふれるきっかけを作ったり、親子のコミュニケーションの一助にもなります。クリスマスにだれかに絵本を贈るムーブメントとしたい。そうした思いからBook Santaをスタートさせました。

結果、寄付という行為に参加する人は広がりを見せ、「どの絵本にしようか考えるのがとても楽しかった」といった参加者のコメントが多数寄せられています。

「絵本を介して社会の問題を自分事化してかかわってくれていると感じますね。」(清輔さん)

たくさんの大人が子どもたちのためにかかわる社会に

以前にバイコットでもご紹介をした埼玉県朝霞市の書店「CHIENOWA BOOK STORE」は、2018年からBook Santaに参加。店長の塩澤広一さんは3歳、1歳の子のお父さんでもあります。

「私たちは本屋なので本の力を信じています。子どもとかかわっているなかで、絵本ってすごいな、とも実感しているんですね。社会にその力を体感できていない方がいるのであれば、その機会をつくる一助になりたい。そう思って参加を決めました。社会問題に関心をもつ入口のひとつが書店。そんな存在になれたらうれしいですね」

チャリティーサンタが目指しているのは、まさにそのような「厳しい環境におかれている子どもたちのために、たくさんの大人がかかわる社会」なのだそうです。

清輔さんとCHIENOWA BOOK STORE店長の塩澤さん。好きな絵本の話で盛り上がりました
 

どんな家庭でも子育てはひとりではできないから

さまざまな状況の家庭がありますが、どんな家庭でも子育てはひとりでは到底できません。私も社会から取り残されたような気にもなり、思い通りにいかないことばかりで、不安やイライラが募ることもしばしばありました。でも、周りに支えられ、地域の方、職場の同僚、保育園、社会に育ててもらって子どもたちは成長できたと実感しています。
絵本を贈ることで、今度は私がその小さな一助になれるのは、ちょっとうれしい。

「活動を通じてわかったこと。それは誰かのために行動することってこんなに嬉しいことなんだって」。チャリティーサンタ代表の清輔さんそう語ってくれました。

だれかのためのプレゼント『ねずみくんのクリスマス』。絵本は、自分の心にぽっと灯りをともしてくれるような存在です。その灯りが、どこかに住む子どもと、そしてその親御さんをあたたかく照らしてくれることを願って、書店をあとにしました。

今年のクリスマス、だれかの育ちを支え、社会とつながるBook Santaに参加、書店に足を運んでみませんか?
 

関連リンク
Book Santa 2018 公式サイト (https://booksanta.charity-santa.com/
Book Santa 2018 パートナー書店一覧 (https://booksanta.charity-santa.com/bookstore/
特定非営利活動法人チャリティーサンタ (https://www.charity-santa.com/
CHIENOWA BOOK STORE (http://www.chienowa-bs.com/

過去のご紹介記事
【これは応援したい】本を買うと街が元気になる!とある書店がはじめた粋なプロジェクトって?
【サプライズ】いつもと違うクリスマスを演出して、子どもたちをもっと楽しませる方法

  • writer 大武美緒子
  • writer 大武美緒子
  • フリー編集者・ライター
  • more

撮影・取材協力:特定非営利活動法人チャリティーサンタ
撮影・取材協力:CHIENOWA BOOK STORE
(2018.12.06)

0