【あなたのTweetが“3万匹の猫”を救う?!】2月22のネコの日は皆で『#とろねこチャレンジ』に挑戦しよう!

製品・サービス情報information

商品名
#とろねこチャレンジ
価格
0円
買える場所

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

日本の保護猫の現状

今年もこの季節がやってまいりました。

2月22日…そう、猫の日です‼(⇐ニャン・ニャン・ニャンだから)

愛猫家たちとってはまさしく年に一度の祭典。この日ばかりは勉強も家事も仕事もすべて放棄して、一日中“猫吸い”をして過ごしたいこの頃です。

※「猫吸い」とは、愛猫家で知られるアーティストの坂本美雨さんが紹介した猫との接し方。方法は愛猫さんの好きな(吸いたい)パーツ部分に、口や鼻を付けて深呼吸をします。

…しかし、こんな愛しい猫たちがまだまだ苦しんでいる現状があるということ皆さんはご存知でしょうか?

日本における犬・猫の処分数は、10年前と比べて9~15%程度まで減少しており、殺処分をなくそうと取り組む方々の活動が実を結びつつあります。それでも殺処分されてしまう猫たちが未だに年間3万頭も存在するのだそうです。現状でさえ胸が潰れる思いですが、過去の惨状を思うと言葉を失います。

一番の課題は「保護猫の引き取り手」がまだまだ少ないということ。
「猫を飼いたい人が保護猫を引き取る」という習慣がもっと根付けば、その分殺処分を減らすことができます。

そんな中、この悲しい事実を多くの人たちに伝え、保護猫の引き取り手の数を増やそうと花王石鹸でお馴染みのKaoさんがとあるプロジェクトを開始しました。

その名も「#とろねこチャレンジ」

とろけるようにスヤスヤ眠れる猫を一頭でも増やすプロジェクト「#とろねこチャレンジ」


「#とろねこチャレンジ」

とは、猫たちのこの現状をたくさんの人に知ってもらい、とろけるようにスヤスヤ眠れる猫を一頭でも増やすためのプロジェクトのこと。

「とろねこチャレンジ?!…なんかお寿司みたい!」

———そう思った方ももしかしたら多いのではないのでしょうか。


眠る猫の写真や映像に「#とろねこチャレンジ」というハッシュタグをつけてSNSに投稿すると、なんと1投稿につき10円が保護猫の譲渡活動に寄付されるのです…!

この「#とろねこチャレンジ」で集まった投稿数に応じて、花王株式会社から特定非営利活動法人ランコントレ・ミグノンに1投稿につき10円が寄付されます。

♦ランコントレ・ミグノン♦
2007年より、東京都動物愛護相談センターから犬猫、うさぎ等の受け入れを開始。
動物と新しい家族に出会いの場を提供するために、毎月第2日曜日と第4土曜日に譲渡会を開催したり、楽しい様々なイベントも企画しています。

そして、寄付された合計金額の2割はキャットフード代に、8割はSNSを通じた「飼い主募集広告」に活用されます。私たちの投稿が間接的にネコを救うことに繋がるのです…!

これまでの多くの支援と比較しても飼い主募集広告に比重が置かれているというのがこのチャレンジの大きな特徴かもしれません。

…というかまず、「#とろねこチャレンジ」というネーミング、可愛すぎませんか?

“とろけるようにスヤスヤ眠れる猫”=“とろねこ”

———愛猫家たちの心をくすぐるようなこの表現。仮に『宣伝会議賞』に応募すれば間違いなくグランプリです!


さて、この「#とろねこチャレンジ」の一番の魅力、それは参加のハードルがとても低いということ。

皆さんもこんな経験、ありませんか?

《駅で街頭募金の活動を偶然見かけて、本当は猫や犬のために今すぐにでも寄付したいけれど、なぜだか大勢の人々の前では恥ずかしくてためらってしまう。。》

———情けない話ですが、自分はこれまでに何度もそんな経験をしてきました。

ですが今回は「#とろねこチャレンジ」というタグを付けて、眠る猫の写真や動画をTwitter、またはInstagramに投稿するだけ!

同じ10円を寄付するとしても、かなり低いハードルで支援が可能だと感じました。

プロジェクトの開催期間は2020年2月7日~4月30日の間。寄付上限額の300万円に達するまでは何度でもチャレンジに参加することが可能です。

猫を飼っていない人でも、可愛い寝顔の投稿をシェアしたり、この「#とろねこチャレンジ」について友人に伝えてあげることで間接的に支援できてしまうのもgoodなポイントです!

実際にトライしてみた!~銭湯キラクユ看板猫「タタミ」~

というわけで早速筆者も「#とろねこチャレンジ」に挑戦してみました!

今回モデルを担当してくれるのはこちら…

———タタミです!!!(4才・♂)

紹介させてください…

タタミは筆者が学生時代にバイトしていた喜楽湯という町の銭湯の看板ネコ。(←実は自分はかつて銭湯で働いていたのです…!)

埼玉県川口市にあるこのキラクユは、地元の常連さんから若い人たちまでいつも多くの人が集います。

ここで自分は仕込みをやったり、番台に立ったりしていました。

そんなキラクユで出会ったのがタタミ。

いつも銭湯のどこかにいて、立派な“番頭”としてお客さんを迎え入れています。(↶これまでに喜楽湯で撮ったタタミの画像を何枚か載せておきますね…!)

No.1下足ロッカーに入るタタミ

———有無を言わせぬこの可愛さ。“喜楽湯のアイドル”の名は伊達ではありません。

No.2銭湯の椅子の下に潜り込むタタミ

———これは深夜の風呂掃除の時の風景なのですが、いつもこんな感じでタタミは自分たちの掃除の邪魔をしてきます。こんなの仕事に専念できるわけがありません…

No.3浴室のシャワーに腰掛けるタタミ

———もはや言葉はいりません。完全に自分の可愛さをわかっています。

首にかかるネックレスは自分がタタミの為に作ってあげたもの!お店には「TATAMIステッカー」なるものもあるよ!!♨

…ちなみになぜ「タタミ」なのかというと、お店の目の前の畳屋さんで生まれたこの子を喜楽湯で引き取って育てることにしたから!


それでは早速「とろねこチャレンジ」を実践してみましょう!(今回は自分の代わりにキラクユにいるスタッフに連絡して写真を撮ってもらいました★)

まずはタタミが眠るのを待ちます。今日もタタミは番台でお客さんを迎えます。

今度は銭湯の裏方。喜楽湯はマキでお湯を沸かす銭湯なので、裏には廃材が沢山。ここもタタミのお気に入りスポットです。

そしてついに、、、

眠りました!第一関門クリア!!

…ちなみにここはお風呂のお湯が貯められた内釜の上。冬場はとても暖かいので、タタミは大抵ここで爆睡しています。

さて、タタミの寝顔をGetしたら、早速SNSに投稿しましょう!対象となるのはTwitterとInstagram。

⚠さて、ここで一点だけ注意点!⚠

▸#とろ猫チャレンジ
▸#とろネコチャレンジ
▸#とろねこちゃれんじ

色々なハッシュタグが候補として表示されますが、今回正式にカウントされるのは「#とろねこチャレンジ」のみ。気を付けて!!

…それではタタミの寝顔をツイートしてみましょう!♪

———第二関門も無事に完了!これで10円が保護猫団体に寄付されたことに。驚くほど簡単です!!

…というか、もはやタタミの写真はかつて喜楽湯でバイトしてた時からよくSNSに挙げていたので、今回の企画は正直何一つハードルを感じませんでした。

~日常の中で気軽に支援ができてしまう~

これこそがこの「#とろねこチャレンジ」の一番の魅力なのかもしれません。タタミ、久しぶりに会いたいなあ…

まとめ!2月22日はネコの日、皆で保護猫をサポートしよう

今回皆さんにご紹介した喜楽湯のタタミも元々は飼い手の見つからない保護猫。少しでもタイミングがずれていたら今こうして写真を撮ることもできなかったのかもしれません。

スヤスヤと眠れない猫がまだこんなにもたくさん存在しているという事実を受け、何かできることはないか?とKaoさんが参画したこのチャレンジ。

この動きをきっかけに、一頭でも多く保護猫の引き取り手が見つかり、そしていつかすべての猫が スヤスヤ眠れる世の中が来れば良いですね。

・・・

この後、BuyCott編集部の愛猫メンバーでもこの「#とろねこチャレンジ」にトライしてみました!

↑コタツで気持ちよく眠る弥太郎♪

↑食後でご満悦のくろ。太っているんじゃなくて、ごついんです♬

…ネコってやっぱり可愛いですよね!!
皆さんもぜひこの機会に「#とろねこチャレンジ」にトライしてみてはいかが?❀

この記事のおさらい

花王石鹸株式会社
https://www.kao.co.jp/humming/linne/toroneko/
  • writer 桶の旅人
  • writer 桶の旅人
  • more


(2020.02.18)

0