buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【地球環境保護】
節約の近道はダンロップのエナセーブ?
しかもマングローブ植林の環境保護活動で地球を守れる!!

製品・サービス情報information

商品名
エナセーブ
価格
店頭価格
買える場所
直営店、カー用品店 等

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

車のF1レースが大好きなケンジです。
今年はF1史上最大の変革の年といわれています、というのも・・・。エンジンが2.4から1.6リッターへと大幅サイズダウン、使えるガソリン量も3分の2に制限され、ハイブリッドまで導入。

まるでエコカー、これで面白いレースができるのかあ??というくらいの省エネっぷりです。(いざ始まってみたら、かなり面白いんですが・・・)F1も速さだけでなく、石油の枯渇や環境を意識した進化が必要な時代になったっていうことでしょうか。

でもおかげで、F1の技術が市販のエコカーに活かせる可能性が高まりました。そこで我らがホンダも7年間の沈黙を破って、来年から再挑戦することを決めたわけです!(やったー!がんばれ!!)

ラスト3%の開発に成功した世界初のタイヤ!

F1ですら環境を重視する時代ですから、一般車ではあらゆる部品が省エネをめざすのが当たり前!
タイヤだってそのひとつです。

今日ご紹介するダンロップの環境対応タイヤ、エナセーブは低燃費、安全性を重視し、耐摩耗性も大きく向上させたシリーズ。中でも世界で初めて枯渇資源である石油を一切使わない、100%石油外天然資源のタイヤ。
それがエナセーブ100です。

一般的タイヤでは44%ほど使われる石油外天然資源の比率を、100%にしようというもの。97%まで石油外天然資源にできていたエナセーブ97の発売から5年の時を経て、最後の3%を並々ならぬ研究開発で乗り越えて誕生した、特別なタイヤです。

ラスト3%の部分は代わりとなる材料がこの世に存在しなかったため、全くゼロからの開発となり大変な苦労が伴ったのだそうです。

タイヤの選び方を変えることは、地球環境を守ること!

このエナセーブシリーズの売上の一部を、タイやインドネシアで、マングローブの森を甦らせて、CO2削減や災害防止など環境への取組みに役立てているそうです。その名も「チームエナセーブGREENプロジェクト」!!

マングローブはCO2を大量に吸収する植物。陸上の植物が1ヘクタールあたり年間19トンなのに対して、マングローブは25トンものCO2を吸収。地球上のCO2削減に大きな期待が寄せられています。3割も多くCO2を吸収してくれるなんて、マングローブは温暖化防止の強い味方です!

これまでのマングローブ植樹累計本数は・・・なんと4年間で109万本(2009年~2013年)。毎年25万本以上を植え続けていることになります。すごい本数ですね!!

マングローブを植林している現地スタッフのブログが、ダンロップのエナセーブサイトにのっています。
ちょっとのぞいてみると・・・

「生命のゆりかご」ともいわれるマングローブ林は、魚介類が集まる格好の漁場となり、それを餌とする鳥や猿などの動物たちも集まる貴重な場所です!

台風や津波の時にはマングローブが天然の防波堤となって人々の生活を守り、火力の強い薪材や民家・橋などの建材としても用いられ、さらに植樹を通じて雇用の創出や青少年の育成などにも、一役買っているそうです!

マングローブって、すごい!!(^_^V)
いやいや、エナセーブもすごい!!!!

それだけではありません。
100年後の子どもたちのために、日本の文化や自然を守っていく環境保護活動、「チームエナセーブ未来プロジェクト」もスタート!!ダンロップが「自動車タイヤ国産第一号」を生産してから100年後にあたる2013年11月にエナセーブ100を発売。100年という節目の年に始まったプロジェクトなのだそうです。

日本ユネスコ協会連盟と組んで、マップのように日本各地でビオトープやコウノトリ、遍路道や棚田などその地域ごとに大切にしてきた文化や自然を継承していこうという活動を展開しています。日本にはずっと守り続けていきたいものが、沢山ありますよね!!

日本ユネスコ協会連盟

日本ユネスコ協会連盟はUNESCO憲章の理念に共鳴し、国際平和と人類共通の福祉の実現を目指し活動している。
主な活動は、途上国での教育支援「世界寺子屋運動」、国内外の身近な文化・自然を守り伝える「世界遺産・地域遺産活動」、日本の文化を未来につなぐ「未来遺産運動」、青少年に対する国際理解教育を推進する「青少年活動」など。
また「東日本大震災 子ども支援募金」として子どもたちの学びを応援している。

活動団体のサイトを見る

エコカーに乗るなら、タイヤだって地球に優しいものを選びたいもの!低燃費でしかも石油外資源でできたエナセーブを選べば、マングローブの力で地球環境を救い、未来プロジェクトで美しい日本を子どもたちに残していくことができます。

タイヤの選び方ひとつ変えるだけで、地球想いのアクションにつなげていくことができるんです。できることから始めなくては・・・ですね (^○^)

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

  • writer 奥山 賢治
  • writer 奥山 賢治
  • フォトライター
  • more

写真出典元:住友ゴム工業株式会社
(2014.09.26)