buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【松本楼がカレーでユニセフ募金】
二度目の火災焼失からの再建を支えてくれた励ましの声!
一年に一度、感謝伝える10円カレー。

製品・サービス情報information

商品名
ハイカラカレー
価格
10円
買える場所
日比谷松本楼

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

私の3大好きなものの一つは、当然カレーです。
日本人はみんなカレーが大好きですよね。最近はカレーのチェーンや専門店が一段と増えています。
インドカレーやタイカレー、スープカレー・・・。いろんなカレーがあってそれぞれに美味しいんですが、
やっぱり究極はタマネギ、ジャガイモがじっくり煮込まれた洋食屋のカレー、最高です!

そんな洋食屋のカレー好きが集まる催しが毎年、都心のど真ん中で開かれています。
年に一度、9月25日に老舗洋食屋のカレーが、「10円~」のチャリティ価格で味わえます。
その老舗とは、日比谷公園の一角にある日比谷松本楼なんです。

激動の昭和を生き抜いてきた老舗が味わった挫折!

松本楼の創業は1903(明治36)年6月1日で、創業者は実業家で政治家の小坂梅吉です。
当時、銀座で食堂を経営していた小坂が、公園内のレストラン公募に応募して落札。
日本初の洋式公園「日比谷公園」の誕生とともにオープンしたそうです。

あの日比谷公園と同じ時代を歩んできた洋食屋って聞くと、教科書にのりそうな歴史上の出来事ですね。

松本楼は当時としては珍しい洋式3階建ての建物が大評判。モボ、モガと呼ばれた最先端の若者たちがおしかけて、「松本楼でカレーを食べてコーヒー飲むのがハイカラ」といわれたそうです。今でいうトレンドスポットですね。

創業以来、関東大震災で最初の焼失、戦後のGHQによる接収など激動の昭和を生き抜いてきた松本楼。1971(昭和46)年11月19日、沖縄返還闘争の学生デモ隊の放火により、残念ながら二度目の焼失を経験してしまいました。

この事件を受け、国内外から松本楼再興への励ましの手紙や電話は1500件を超えたようです。
事件から2年後の1973(昭和48)年9月25日、三代目松本楼の開業の時に、励ましへの感謝を込めて始めたのが「10円カレーチャリティ」なのだそうです。

老舗のカレーが10円で味わえるカレーファン大喜びの催し!

松本楼を再興してからは毎年9月25日には、伝統のカレーが10円で味わえるイベントを開催し続けています。カレーを美味しくいただいてチャリティになるなんて!!ウレシイですね。

ということで私も味わってきました。あいにくの雨模様でしたが例年通りの長蛇の列、一番早い方は前日の午前から泊まり込みで並んでいるんだそうです。毎年の常連さんも多いようで、今でも熱烈なファンに支えられています。

募金にご協力いただいた先着1500名にカレーがふるまわれ、売上は全てユニセフに寄贈されます。カレー好きなら一度は並んで食べてみたいですよね (^-^)♪

「日本ユニセフ協会」

日本ユニセフ協会は、世界36の先進国・地域にあるユニセフ協会(国内委員会)の一つ。日本においてユニセフを代表するユニセフ協会(国内委員会)として、1955年に設立。民間のユニセフ募金を集めるほか、 ユニセフの世界での活動や世界の子どもたちについての広報、「子どもの権利」の実現を目的としたアドボカシー(政策提言)活動を行っている。「マンスリーサポート・プログラム」などを通じた個人からの募金や企業・団体・学校からの支援による募金活動を行っている。

活動団体のサイトを見る

お店の中も大盛況!活気にあふれています。ではいただきます。

「おーー、うまい!」なんでしょう、このビーフのまったりとした美味しさは。究極の洋食屋さんのカレーです。これがチャリティ価格で味わえるなんて!!10円~ですからね、私はしっかり気持ちで応えてまいりましたよ!

創業から111年にわたり、市民に愛され続けている日比谷松本楼。その感謝の気持ちを忘れずに10円カレーは続けられています!

この記事のおさらい

日比谷松本楼
ハイカラカレー 10円〜
商品を注文する
カレーを食べて10円〜寄付
日本ユニセフ協会
カレーを10円から提供。売上は全てユニセフに寄贈される

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer 奥山 賢治
  • writer 奥山 賢治
  • フォトライター
  • more

写真出典元:日比谷松本楼
日本ユニセフ協会
(2014.10.15)