buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【備蓄用のパンが途上国に届く】
これが缶詰!?
非常時でも、ふわふわのおいしいパンが食べられる!

製品・サービス情報information

商品名
救缶鳥
価格
15缶セット 12,420円/5缶セット 5,184円
買える場所
パン・アキモトSHOP

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

今時、備蓄用の食品といえば、ビスケットから、ご飯、麺類、カレーなどと様々ですが、やはり朝食はパン派の私としては美味しいパンも欲しいですね。

しかし備蓄用のパンといえば、定番は乾パン…。

いや、そうじゃなくて、柔らかいパンが欲しい──と思ったらありました!

備蓄用の缶詰食なのに、3年経ってもふんわりしていて美味しいのだそうです。しかもたっぷりと大きめ。

パンの焼きたての風味と柔らかさを維持した缶詰

そのパンは、パン・アキモトさんが製造・販売している「救缶鳥5缶セット」。

株式会社パン・アキモト
栃木県那須塩原に本社工場を置くパンの製造・販売会社。同社が開発した「パンの缶詰」の製法は日本・アメリカ・中国・台湾の4ヶ国で特許取得。2009年には宇宙食としてNASAに採用された。
http://www.panakimoto.com

噂が本当かどうか、確かめるべく買ってみました。届いたセットはこんな風に箱詰めされています。

5缶セットの場合、味はレーズン、オレンジ、ストロベリーまで決まっていて、残りの二つはお楽しみということでしたが、届いたのはレーズンとオレンジがもう一つずつでした。

本当は備蓄用なので、このまま非常時のために保管します──が、パン好きな私としては、どうしても味見をせずにいられません。

それで、迷ったあげく、レーズン味を試食することにしました。だって本当に備蓄用の缶詰がふわふわのパンなのか、確かめておきたいじゃないですか。(^^;)

缶を開けると、紙に包まれた状態でパンが入っています。実はこの紙にも秘密があるんです。

開けた途端ふんわりとパンの香りが漂いました。

パンを焼きたての状態のまま缶詰にするために、焼いたパンを乾燥して缶詰にするのではなく、缶の中でパンを焼いてしまうのだそうです。

蓋をする前に冷ますのですが、その際に缶の内側に水滴が付いてびしょびしょになることを防ぐために、丈夫で吸水性が良い紙を缶の内側に予め敷き詰めておくのですね。

そんな秘密があるこの紙を引き揚げると、簡単にパンを取り出すことができました。ここでも紙が役立っています。

取り出した状態。しっとりしています。

まず触ってみると……。おお、本当にふわふわで柔らかいです。とても備蓄用のパンとは思えません。さっき焼き上げたばかりのようです。

ナイフがすっと通るくらい柔らかいです。とても缶詰に入ってたとは思えない!

それではいよいよ試食です。ちぎってみましょう。

本当に柔らかい。で、味は──美味しい!パン生地自体のベースとなっている味も美味しいですが、レーズンの風味もしっかり出ています。全体的にほんのり甘めなので、何も塗らなくてもこれだけで十分食べられます。これで備蓄用?

缶に入っていたことを知らなければ、さっき普通にパン屋さんで買ってきたパンを食べているみたいです。

備蓄用のパンが、世界の飢餓を救う?

ところでこの「救缶鳥5缶セット」には、他にも15缶セットがあるのですが、これらは「救缶鳥プロジェクト」という、世界の飢餓救済活動に参加しているプロジェクトとして販売されている商品なのです。

その救済の仕組みがユニークなんですね。

「救缶鳥セット」は賞味期限が3年なのですが、購入者が実際に備蓄用として保管するのは2年です。

購入後2年たつと、回収の案内が届きます。そう、捨てるのでは無く、回収されるのです。そのとき、新しい「救缶鳥」に買い換える人には、回収に賛同した缶の個数分、新しい缶から少しだけ値引きされます。

でも回収されるパンは、賞味期限まであと1年残っていますよね?

そうです。そこに「救缶鳥プロジェクト」の仕掛けがあるんです。

回収された「救缶鳥」は、NGOの日本国際飢餓対策機構などを通じて世界の飢餓で苦しんでいる人達に届けられるのです。

上の画像はYoutubeの一部です。https://www.youtube.com/watch?v=fNTaJhYjY50

ですから缶の裏面には子どもたちへのメッセージを書き込める様にもなっています。

つまり、私たちがもしものための備蓄用として購入したパンを、幸いにも使わずに済めば、そのラッキーだった分を、世界のどこかで飢餓に苦しんでいる人達にお裾分けしましょうということですね。

この「救缶鳥プロジェクト」には個人だけでなく、多くの企業などの団体も賛同して参加していますよ。

備蓄用食料は、賞味期限切れで捨てて新しいものと交換するのが当たり前になっていますが、それを無駄にせずに、誰かを救う方法に利用するという、目の付け所に感心しました。

ところでこの「救缶鳥」にはさらに心憎い配慮がされています。蓋を開けた缶の縁で指などを切らないように「ダブルセーフティープルトップ」が採用されているのです。

これ、飢餓で苦しんでいる人達の地域では、空き缶を食器代わりに使うことが多いからなのだそうです。
思いやりってこういうことですね。

この記事のおさらい

パン・アキモト
救缶鳥15缶セット 12,420円(税込)、救缶鳥5缶セット 5,184円(税込)
未開封缶の回収に賛同する
回収された缶が義援物資として輸送される
日本国際飢餓対策機構など
備蓄から2年後、義援物資として国際貢献に役立つ。残り約1年の賞味期限の間に、日本中から回収・輸送され、飢餓に苦しむ国々へ届く

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer しげぞう
  • writer しげぞう
  • ニュース配信サイトや印刷媒体のライター
  • more

写真出典元:救缶鳥プロジェクト | 株式会社パン・アキモト | パンの缶詰を販売している栃木県那須高原にあるパン屋 | Pan Akimoto Co.,Ltd
(2014.11.11)