buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【広島を抜けるとそこは岩国であった!】
地域がまるごと社会貢献になるすごいプロジェクト。

製品・サービス情報information

商品名
募金百貨店
価格
商品により異なる
買える場所
募金百貨店参加店舗

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

宮島に行くついでに立ち寄りたいあの有名な橋

「厳島神社に行きたい」

ある日、家族がこう言い出したのが旅の始まりでした。

厳島神社へのルートを検討していると、少し足を伸ばせば岩国にある錦帯橋にいけることが分かりました。
「どうせなら」と、旅の途中に岩国の地も踏むことになりました。

岩国にある錦帯橋は、300年余りの歴史を持つ木造のアーチ橋で、秋の紅葉や春の桜とともに当地の有力な観光資源のひとつです。風景写真を撮る者であれば、一度は憧れる秋や春の錦帯橋。もちろん、私も憧れました。

待望の錦帯橋は、夏の行楽シーズンが終わり、秋の行楽シーズンに向けてお色直しの季節に入っていました。 季節外れの名勝地に行くと、よく見られる光景ですが、これがあって初めて維持できるのですから、仕方がないところですね。

ちなみに、橋に入るには、入橋料(300円)が必要です。
橋そのものは、お色直し中のブルーシートが鮮やか過ぎて残念なのですが、橋の上からの景色は、素晴らしいの一言です。
静かな川面に映る岩国城と青い空、秋を感じさせるうろこ雲。時期によっては、夕日が映える絶景が拝めるでしょう。

岩国駅近くにある創業60年の老舗の洋菓子屋

その後、JR岩国駅で私は家族とわかれ、行ってみたいと思っていた店に向かいました。
それが、この地で永く洋菓子店を営む、錦月堂本舗さんです。

煉瓦張りの洋風な建物は、岩国の人々に長く愛されてきたであろう歴史とともに、懐かしくもうらぶれない昭和のたたずまいを感じさせます。

建物の前には、立ち木に隠れるように時計と看板があります。ネットで何度か見た風景そのままです。

店に入ると、大きなガラスケースにいろいろなケーキや菓子が並んでいます。奥には、広めの喫茶スペース。どことなく懐かしい、昭和の頃はあちこちにあった「洋菓子喫茶」のたたずまいです。

持ち帰りの菓子は、「ベルモ」と「月餅」が主役。
両方とも、パイ生地でこしあんを包んだもので、「ベルモ」は小さな菓子パンのような感じで、「月餅」は中華街でよく見かける、いわゆる「月餅」の形をしています。

「ベルモ」はバターの風味ゆたかなしっとりパイ生地。

「月餅」は甘さ控えめの餡がたっぷり。

見覚えある赤い羽根。
山口県から始まった募金百貨店プロジェクトとは?

今回私がこのお店に興味を持った理由は、「共同募金」。

全国47都道府県にある共同募金会は、それぞれの地域性を出しながら募金活動を行っているようで、山口県共同募金会もその一つです。

2012年にその山口県共同募金会から始まったのが、「募金百貨店プロジェクト」。参加店舗で買い物などをすると、代金の一部が募金され、地元の地域福祉に貢献できる、というシステムです。

入口の横には、「募金百貨店」というステッカーが貼られていました。

今では同じような寄付つき商品やサービスの取組みが、全国で約半数の共同募金会に採用され、参加企業数は250社にものぼるそうです。「募金機能付き自動販売機」や「赤い羽根クレジットカード」などの、新しい仕組みも生まれてきているようです。社会貢献につながる買い物を受け入れる土壌が、全国各地にできてきているのかもしれませんね。バイコットしたい人たちにも嬉しい取り組みです。

山口県共同募金会岩国支会では、この「募金百貨店」という取り組みによって、現在16の店舗の参加を得ています。錦月堂本舗さんは、そのうちの一つというわけです。

パッケージにこのように募金百貨店オリジナルのステッカーがついています。

錦月堂本舗さんでは、「ベルモ」または「月餅」を1,000円以上購入し、その際に
「赤い羽根ベルモ」「赤い羽根月餅」
とお店の方に伝えると、その1%を共同募金に寄付するという取組みを行っています。
山口県共同募金会の「募金百貨店」には飲食店や灯油から保険まで、約80社が参加。集まった募金は地域の課題を解決するためのさまざまな活動に使われています。

小さいコトですけれど、この小さいものの積み重ねが、我々の気づかないところで社会を築いているのでしょう。

旅先で、彼の地の福祉に協力する募金をさりげなく行う。
ふるさと納税のようなシステムが世の中に浸透してきた現代では、割とすんなりと受け入れられる気がします。

「山口県共同募金会」

「共同募金」とは、国や市町村ではなく共同募金会という民間の団体によって、都道府県を単位として行われている募金のこと。その山口県を管轄している団体。
さまざまな企業と赤い羽根共同募金の間にWIN&WINの関係ができるようにと「寄付つき商品・企画」を発案し、全国に先駆けてプロジェクトを開始。赤い羽根が「募金の百貨店」になるための活動を率先して推進している。

活動団体のサイトを見る

都会ではなかなか体験できない
ゆったりとした時間を体感したいあなたへ

あまり長居せずに「錦月堂本舗」を後にした私ですが、何でもそろっている東京という町を遠く離れて、彼の地で歴史をもつ洋菓子を買うという生まれて初めての経験は、鮮烈ではないものの、かなり新鮮でした。(地方都市の洋菓子は、テレビなどで取り上げられない限り、現地の人しか知らない菓子になっていることが少なくありません)

再び家族と合流。
車内で向い合わせに座る家族の会話ははずみ、喉を潤すお茶と一緒にいただいたのは「ベルモ」と「月餅」です。

「ベルモ」はしっとり柔らかく、「月餅」はしっかりとした歯ごたえがあり、甘すぎず味わい深い餡とやや多めのバターの風味が素敵にまとまった、大変おいしいお菓子でした。

家族から思いのほか好評だったことは、旅の記憶として小さく残ることでしょう。

この記事のおさらい

募金百貨店
岩国市内の対象店舗
商品を購入する
対象商品の売上 一部寄付
赤い羽根共同募金
対象商品の売上の一部が、山口の共同募金を通じて岩国の福祉問題のために寄付される

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

取材協力:錦月堂本舗
山口県共同募金会
(2015.03.04)