buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【NY現地レポート】
財布にやさしいチャリティショッピング!!
スリフトショップでニューヨーカー流の古着オシャレを楽しむ!

製品・サービス情報information

商品名
古着・中古家具
価格
商品により異なる
買える場所
Housing Works

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

ファッションの最先端都市、ニューヨーク(以下NY)。有名デザイナーが数多く生まれていますが、デザイナーズのお洋服だけでなく、古着と新しいものを自分流にMixして着こなすのがニューヨーカー流のスタイル。NY在住の大学院生である私y_ysd39が、社会にやさしい、ニューヨーカー流の古着オシャレをご紹介します。

NYの古着・中古家具ショップHousing Worksとは?

NYと聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?高級スーツに身を固めたサラリーマンが闊歩する金融街?スタイリッシュに決めた雑誌編集者が、片手にスタバ、片手は携帯で話しながら小走り・・・そんな世界で最も発達した大都市を思い浮かべる人も多いかもしれません。

華やかなイメージの一方で、貧富の差がとても激しいのもここNY。失業率は日本より高く、街中にはお金を乞うホームレスの人がたくさんいるのが現実です。
今回はそんなホームレスの人々、中でもHIV/AIDS(以下AIDS)に感染した人を助けるお店をご紹介します。お店の名は、Housing Works。運営団体の名前でもあります。寄付によって集められた衣料品や雑貨を販売し、経費を除く利益をすべてAIDSに感染したホームレスの生活支援に充てています。その支援内容は幅広く、物資支援をはじめ、医療、職業、住居支援など多岐に渡っています。

「Housing Works(ハウジングワークス)」

HIV/AIDSに感染した低所得者・ホームレスの援助を目的としたNPO団体。1995年、NYで設立。自らを「ヒーリングコミュニティ」と位置付け、ホームレスとAIDS感染という二重の苦しみに悩む人々を少しでも癒し助けるためのサポートを続けている。
運営する店舗では中古の商品を販売。商品はすべて寄付によって集められ、その利益を物資、医療、職業支援等の生活支援に充てる。衣料雑貨を扱う店舗を13店舗運営するほか、Cafeや本屋、医療センターの運営、チャリティーイベントの開催なども行っている。

活動団体のサイトを見る

Housing Worksのお店はシンプルだけど洒落た雰囲気。赤い三角屋根のロゴが目印です。

こちらは入口の手書き看板。’Check Out Our Thrifty Clothes’ (「私たちの古着をどうぞ見て行ってね!」) と書かれています。

店内には女性物の衣料品を中心に、男性物の衣料品、靴、家具、アート作品、雑貨などがギッシリ!幅広いジャンルの商品が、所狭しと並べられています。

Housing Worksはアメリカでは「スリフトショップ」と呼ばれています。商品はすべて寄付によって賄われ、働く人たちもみんなボランティアです。

スリフトショップとは?

日本ではほとんど見かけないスリフトショップ。いわゆる古着屋とは何が違うのでしょう? スリフトショップとは古着屋の中でも、慈善団体とつながっている店のこと。販売を通して何らかの形で慈善活動を行っている店舗のことを指します。アメリカでは古着屋やヴィンテージショップだけでなく、こうしたスリフトショップが人気があり主流です。Housing Works以外にも、Goodwill, Salvation Armyといったスリフトショップがあるのでぜひ調べてみてはいかがでしょう。

Housing Worksでいつも驚かされるのは、どの曜日のどの時間、どのお店に行ってもいつもにぎわっていること!客層も幅広く、センスのいい学生から主婦、そしてよく見かけるのは高齢者の方。みんな宝の山の中からお気に入りの一着を探すのに必死です。1995年のオープン以来、浮き沈みの激しいNYで20年間も運営を続けられているのは、世代を問わず、ニューヨーカーの心を惹きつける魅力があるからでしょう。

助け合いの精神 + ハイクオリティ&ハイセンスの商品

そんなHousing Worksの人気の秘密は?まずは何と言ってもその運営理念に共感する人が多いからでしょう。ニューヨーカーは助け合いの精神が強いので、利益がそのまま同じ空の下で生きるニューヨーカーのためになると思うと、購買意欲もそそられます。さらに、扱う商品のクオリティの高さも魅力。いくら利益が支援活動に使われるといっても、ボロボロに着古したセンスの悪い商品ばかりではお客さんは来ません。Housing Worksは違います。ヴィンテージショップに引けを取らない魅力的な商品が本当にたくさんあるんです!

中にはデザイナーズの商品もあり、ヴィンテージショップならもっと高額で売っていそうな商品も。例えばこのスタッズ付きレザースカートは、なんと20ドル!

そしてこちらの上品なファー付ヴィンテージコートは驚きの75ドル!真冬の寒さが厳しいNYでは活躍すること間違いなしの1着。同じような品物を新品で買ったら、桁が違っちゃいますよね。

並んでいるのは洋服だけではありません。来店客用のソファーかと思いきや、なんとこちらも商品!350ドル。

Housing Worksでは、チャリティーイベントも人気の1つ。中でも「Design on a Dime」という名のイベントは2004年の開始から今年で11年目。60名を超える世界でトップクラスのインテリアデザイナーが集結し、定価の50~70%割引で商品を販売する人気イベントです。売上は全額住居支援のために充てられ、2014年にはこのイベントだけで年間110万ドル(約1.3億円)もの売上を記録しています!

そんな魅力あふれるHousing Worksの商品ですが、残念ながら日本からは購入できません。せめてNYを訪れた時にはHousing Worksのオシャレ古着で、身も心もニューヨーカー気分を味わってみてはいかがでしょう。

日本でもオシャレなチャリティショッピングがしたい!

ご紹介したHousing Worksのような洗練されたショップの増加もあって、アメリカやイギリスでは、スリフトショップ(チャリティショップ)が多くの人に愛され利用されています。一方、日本にもリサイクルショップや古着屋はたくさんあるのですが、チャリティを目的としたショップはほんの僅かしかありません。リサイクル文化はもちろん、アメリカンファッション、古着ファッションが人気の日本でも、スリフトショップのような取り組みが広まる土壌は充分にあると思っています。日本でもオシャレなチャリティショッピングができるよう、NYから祈っています。

 

この記事のおさらい

Housing Works
Housing Worksで販売されている全商品
商品を購入する
経費を除く利益 全額寄付
HIV/AIDS患者のホームレス
古着・中古家具ショップHousing Worksの商品はすべて寄付によって集められ、その利益が物資、医療、職業支援等の生活支援に充てられる

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

  • writer y_ysd39
  • writer y_ysd39
  • フリーランスライター / 学生
  • more

取材協力:Housing Works
人物画像出典 全てHousing Works:(2015.03.25)