buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【チチカカでエシカルショッピング!】
遠い国の手仕事に出会える「チチカカETHIC表参道」へ行ってきた!

製品・サービス情報information

商品名
チチカカ HAPPY TRADE
価格
各商品ごとに異なる
買える場所
ハピトレプラザ

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

フェアトレード商品やエシカルファッションは、生産者と消費者の両方がハッピーになることを目指した理想的な取組み。ですが、ファッションである以上、デザイン性や機能性も大切です。最近では随分とおしゃれなアイテムやブランドも増えて来ましたが、「考え方には賛成だけど、お洒落な物が少なくて買う気になれない」…なんて声が聞かれるのも事実です。

カラフルな色合いの
わくわくするオリジナル商品がいっぱい!

そこで今回は、中南米に伝わる手刺繍や手編み技術を活用しつつ、今のトレンドに沿ったオリジナル商品を販売し、その売上の5%を生産国の労働者に還元しているチチカカのプロジェクト『ハピトレ』をご紹介します。
うかがったのは、神宮前にあるチチカカETHIC表参道店。場所は原宿キャットストリートの中でも裏原宿側、近年注目ブランドの路面店も増え、改めて注目が集まっている北エリアにあります。

神宮前にあるチチカカETHIC表参道店。トレードマークのアルパカがお出迎え。

『世界の文化を伝えること』をモットーに、中南米の民芸品やエスニック衣料、服飾雑貨の製造販売をおこなう会社として設立されたチチカカは、1981年渋谷に1号店をオープン。以来、雑貨や洋服を扱う人気ショップとして多くの人に愛されています。今や生産国は中南米にとどまらず、アメリカやアジア諸国含め15カ国、店舗数も129店に増え、商品の充実度もかなりアップ。デザイナーを増員するなどファッション部門にも力を入れ、オリジナル商品をどんどん開発しています。

他のエスニックショップのアイテムの中には縫製が粗かったり、模様やシルエットが大雑把な物も少なくありません。でも、チチカカのオリジナル商品は日本人デザイナーによってデザインされ、厳しい管理のもとで製造。センスのいいエスニック要素と手持ち服に馴染むカジュアルなテイスト、確かな品質と求めやすい価格が好評で、従来のファンはもちろん新たなファンの獲得にもつながっています。

チチカカETHIC表参道の店内。
オリジナル商品はエスニックな生地や刺繍を部分的に使ったモカシンやシューズなどもあり、全体にアウトドアテイストの今っぽい路線に。

中南米らしいカラフルな色彩の布や刺繍を使ったアイテムが多いのも特徴。

小さなお子さんを連れた学生時代からのファンというお客様も。
どの年代の人も欲しくなる幅広い品揃えとリーズナブルな価格も根強い人気の秘密。

定期的に入荷するチュニックやワンピースは色・柄ともに充実していて狙い目。

フェアトレード認定商品のトートバッグは全部で6種類。
北インドの工場で作られたフェアトレードコットンを使用し、小鳥や花の刺繍が可愛い。

生産国のHAPPYと私たちのHAPPYをつなぐ、
それが「HAPPY TRADE(ハピトレ)」

そんなチチカカが『世界の文化をあなたに。あなたのHAPPYを世界に』をコンセプトに取組んでいるのが、ハッピーなトレードを目指して立ち上げたプロジェクト『ハピトレ』。ETHIC表参道店では2階に専用の『ハピトレプラザ』というスペースを設け、ハピトレ生産国の商品を販売しています。

ハピトレは、生産国の人々との共存共栄を目指し、その地域に古くから伝わる刺繍や編み物の技術を取り入れたオリジナル商品を製造・販売する取組みです。現在はグアテマラにあるスンバンコ村とテクパン・グアテマラ村、ペルーのタキーレ島とチバイ村の、それぞれ民族衣装に使われている伝統的な刺繍や織物、手編みの技術を取り入れ、ワンピースやジャケット、スカートなどを作っています。

生産国のひとつ、ペルーにあるチバイ村では刺繍を使った商品が作られています。

下書きなしでミシンを操る高度な技術は伝統工芸として継承されています。
編み物が盛んなアンデスで刺繍が発達しているのは珍しいのだとか。

このように生産国の伝統技術を取り入れて生まれたハピトレ商品は、フェアトレードであることはもちろんですが、品物の購入代金だけでなく、売上金の5%がさらに生産国へと還元されます。これがハピトレの大きな特徴です。還元された5%は、有料トイレの設置や、技術向上のための練習用の糸・針・布やミシン・老眼鏡の寄付などに使われるほか、刺繍教室の開催なども予定されています。

ペルーのアコラ村に伝わる手編み技術でつくられたニットのベスト『コンヌード』。

アンデス山脈の奥地にあるボリビアのタリスキア村に伝わる伝統的な刺繍が可愛いポーチ。手作りなのでひとつひとつ柄が違います。

また、ハピトレプラザでは『ハピトレ招致ブランド』として、チチカカ以外のエシカルブランドにもスペースの貸出をおこなっています。商品の販売はもちろん、トークショーやイベントが開催されることもあり、新しい出会いや交流の場、情報発信の場にもなっています。

ハピトレプラザ。ハピトレ商品の販売のほか、スペースの提供もしており、
招致ブランドの商品販売やイベントなども開催されています。

ハピトレ対象国MAP(http://kakehashi.titicaca.jp/happy_trade/map/)では、ペルーやグアテマラの島や村で働く人々の様子や美しい自然も見る事ができ、中南米への旅をしているような気分になります。初めに物ありきではなく、気になる土地や刺繍と出会い、そこから商品に辿り着く・・・そんな人もいるようです。

大量の服が生まれ、消えて行くなか、たった1シーズンで縁が切れてしまう服もあれば、何年も着続けたいと思える服もあります。

中南米の島で暮らすおばあちゃんがチクチク縫った刺繍や洋服が、海を渡って自分の物になる。買い物をすることで、ほんのささやかだけど、助け合える。丁寧に作られた服を丁寧に選び、大切に着る。そして時々、生産国の自然や人々に想いを馳せる。そんなストーリーを楽しみながら装うのも、ファッションの醍醐味のひとつです。

この記事のおさらい

チチカカ
HAPPY TRADE(ハピトレ) すべての対象商品
商品を購入する
売上から5%還元
生産国の労働者
フェアトレード 売上5%が生産国へ還元

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer 水谷美紀
  • writer 水谷美紀
  • ライター&ディレクター
  • more

取材協力:チチカカ
(2015.05.20)