buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【毎日使うもので救える命がある】ネピアのティッシュやトイレットペーパーで、途上国のトイレ作りを支援!?

製品・サービス情報information

商品名
キャンペーンの対象となるネピア商品
価格
製品により異なる
買える場所
スーパー・コンビニ・ドラッグストア など

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

どうも、いづやんです。

毎日使うものって思いのほかたくさんありますよね。
みなさんはどんな基準で毎日使うものを買いますか?

値段が安かったから? 見かけたから? なんとなく?
人によって様々な理由があると思うんです。

ティッシュやトイレットペーパーなんかも、そんな「毎日使うもの」の代表的なもの。

僕はティッシュもトイレットペーパーもネピア製品をずっと使っています。肌触りもよいし、実は管理された森林の木材から作られていたりと、良さが実感できるから。

そんないつも使っている「ネピア プレミアムソフト」ティッシュや「ネピア ネピネピ」トイレットロールに、気になるプリントがされていることに気がつきました。

「千のトイレプロジェクト」? とにかく気になったので、調べてみることにしました。

トイレがないことなどが原因で、世界では毎日約1,000人もの子どもたちが命を落している。

nepia 千のトイレプロジェクト

毎年、キャンペーン期間を定め、その期間中のネピア商品の売上の一部により、東ティモールのトイレづくりなどを支援し、病気の原因となる屋外排泄の根絶を目指すプロジェクト。

nepia 千のトイレプロジェクトサイトによると、世界には今でもトイレがない生活が当たり前の人たちがたくさんいるそうです。

日本に暮らしていると想像するのが難しいのですが、世界では毎日約1,000人もの子どもたちが、トイレがないことによる周辺の水質の汚染が元でおなかをこわし、脱水症状や感染症で命を落としているという現実があります。 また、トイレや給水施設のない学校は、水汲みのために学業の時間や就学の機会をも奪っています。

そんなことがまだまだ日常という国がある事実に僕は驚きました。

農村部に暮らす子どもたち
壊れて使えなくなった小学校のトイレには石などが詰まっている
壊れたまま放置されている給水施設

先に紹介した「トイレットペーパー」を作り届ける企業としてできることはなんだろう、と王子ネピアが考えたのが、ユニセフの活動を支援する「nepia 千のトイレプロジェクト」なのです。「千」ですよ。とにかくたくさん届けたい!という思いが伝わってくるプロジェクト名です。

作ってあげるのではなく、作れるように支援する

プロジェクトの中身はどんな感じなのでしょうか。

支援の対象となったのは、アジアで一番若い国「東ティモール」。

「トイレのある環境にする」と一口に言っても、それが「トイレを作ってあげる」のか、「トイレを自分たちで作る手助けをしてあげる」のかで、かなり意味が違ってきます。

このプロジェクトでは、もちろん後者、自分たちでトイレを作る方法を支援していきます。

開始当初の2008年の第1フェーズから翌年の第2フェーズまでは、トイレを作るのに必要な便器や資材をユニセフが提供する形をとっていました。

2010年の第3フェーズ以降では、地元で手に入る素材を用いて、自分たちでトイレを作れるように村人自身の意識と行動を変えていけるように支援しています。

地元で手に入る素材を用いて作られたトイレ。

すべてこちらで用意してしまうと、支援がなくなった後にまた元に戻ってしまいますが、自分たちでできるようになると継続的に環境の改善が可能になりますよね!

村のシンボルとしてのトイレ。

ついに10,000以上の世帯でトイレが完成

プロジェクトが2008年にスタートしてから今まで、東ティモールにおいて約10,300を超える世帯でトイレが完成しました。各フェーズでトイレを作った世帯数は1,000〜3,000にもなり、毎年6,000人以上が衛生的な環境を手に入れています。

以下のグラフは2014年までですが、東ティモールの乳児死亡率、5歳未満児死亡率の推移です。年を追うごとに減ってきているのがわかりますね。

2016年3月には第7フェーズが完了し、600世帯が改善された衛生施設や手洗い設備を利用可能となりました。

新たに生まれた国のトイレ事情を支援する、という途方もないプロジェクトですが、毎年着実に成果を上げ、支援の幅を広げています。

第8フェーズとなる2016年では、新たに1,000世帯以上のトイレ完成を目指して活動中です。

プロジェクトを支援するには?


今までお伝えしてきた「nepia 千のトイレプロジェクト」に、僕たちが参加するにはどうしたらよいのでしょう。

キャンペーンの対象となっているネピア商品を買うことで、売上の一部が東ティモールの集落でのトイレづくりに役立てられます。

毎日なんとなく使うもの、から、目的を持って選ぶもの、に変えられる、そんなプロジェクトなのです。

キャンペーン対象商品はこちら。

当たり前にトイレがあるというありがたさに、普段はなかなか気がつきづらいですが、お店でトイレットペーパーを買うときに少しでも世界の人々のことを思い出しながら、ネピア製品を手に取ってもらえたらと思います。

この記事のおさらい

王子ネピア株式会社
キャンペーンの対象となるネピア商品
商品を購入する
対象商品の売上一部寄付
千のトイレプロジェクト
トイレづくりなどを支援

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

  • writer いづやん
  • writer いづやん
  • 島旅研究家/Webクリエイター
  • more

取材・写真協力:王子ネピア株式会社
関連リンク:千のトイレプロジェクト
(2016.12.07)