buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【使ってみた】肌にも地球にもやさしい、木の実そのままで洗う究極のエコ洗剤

製品・サービス情報information

商品名
ウォッシュナッツ 90g/詰め替え用/お試し用
価格
90g 1,200円/詰め替え用 2,000円/お試し用(30g) 300円
買える場所
オンラインショップ・販売店など

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

木の実で洗濯ができる、と聞いたときは思わず「えーっ!?」。

ムクロジという木の実が含む天然の洗浄成分「サポニン」を利用するそうです。

「木の実から抽出した成分を洗濯用洗剤に入れているのかな」と思ったのですが……、「WASH NUTS」という商品をを手にしてびっくり。本当に木の実そのままだ!
木の実を約10個付属の袋に入れて洗濯機にポン♪と入れるだけ、とあります。

左:ウォッシュナッツ 90g / 右:ウォッシュナッツ 詰め替え用 (内容量:約270g)  
 


6歳の息子が敏感肌ですぐに肌が赤くかゆみがでるため、洗濯には気を遣っていました。

洗濯用洗剤、食器用洗剤などに幅広く使われている合成界面活性剤は、洗濯後も分解されず服に化学物質が残り、アレルギーなどの原因になることも。

さらに、排水のなかの合成界面活性剤は水汚染の要因とされ、年々悪化する水質汚染の原因の60~70%は、家庭からの生活排水といわれています。毎日の洗濯で海や川の水を汚すなんて……、と洗剤選びにまた悩んでしまうのです。

そこで、肌にも環境にもやさしい合成界面活性剤不使用という「洗濯石鹸」を使ってみるものの、仕上がりのごわごわした感じや衣類への石鹸残りが気になる。ふんわりしあげたいけど、柔軟剤は香りがきついものが多くて苦手です。

そこで知ったのが「WASH NUTS」。

日本人の生活にも古くからなじみのあったムクロジ。洗濯やシャボン玉遊びにも

「WASH NUTS」の正体はムクロジという木の実です。

「ムクロジっていう木の実で洗濯ができるんだって」
と73歳になる母に話したところ、
「子どもの頃は実のなる時期には、家でも洗濯に使っていたよ。神社の境内に落ちていたからよく拾いにいって水に浸してシャボン玉遊びもよくやったのよ」

へえ~っ、日本でもなじみのある実なんだ~、と驚きでした。
調べてみたところ、日本でムクロジは平安時代頃から洗濯や洗髪に使われ、公家屋敷にはムクロジの木が多く植えられていたそう。ムクロジは、「無患子」と書き、子どもを災いから守る、無病息災、厄除けの力があるとされてきました。神社の境内に植えられていたのも、そうした理由からでしょう。

なるほど~、ムクロジと日本人のつながりも深い。使わない手はないんじゃない!

手間いらずで、忙しい主婦にこそぴったり。簡単シンプル生活を気負わず始められる

さっそく「WASH NUTS」でお洗濯してみることに。

正直、木の実でちゃんと汚れが落ちるのかな、と半信半疑だった私。

まず洗濯槽から取り出したときに、衣類のからまり、洗濯じわが少ないことに驚きました。生地自体がふんわりしている感じ。綿100%のシャツもするっとほどけるので、一つひとつしわを広げ、パンパン叩きながら干さなくてもOK。

そして子どもの泥汚れ、襟元の汚れも……、落ちていました。一部、濃く泥が染みこんだ部分が若干残っていましたが、洗う前に浸けおきした液ですこし手洗いをしてみると、きれいに落ちました。

6歳の息子が公園で汚したズボン。泥汚れ落ちるかなあ

汚れのひどいものは、「WASH NUTS」を布バックに入れたまま、お湯または水の入った容器に入れて数分間浸けおきあらい。少し水の中で布バックを降ると泡が出て水に汚れがとけだしていくのがわかりました

布バックに入れた「WASH NUTS」を洗濯機にポン。面倒な計量もいりません

泥汚れもしっかり落ちていました!

洗い終わったら、洗濯物と一緒に袋のまま乾かします

キレイになってる! 木の実でお洗濯できるんだね~!
 

綿100%の布に4種の汚れをつけて行った洗濯テスト(※1)

使ってみて気付いた「WASH NUTS」のいいところは、意外や全然手間がかかないこと。

  • ・ 縦型でもドラム式洗濯機でも使用可能
  • ・ シルク、ウール、麻、草木染め、ドライマークでも洗濯OK

洗濯表示を確認する必要なし。1回8~10粒を添付の袋に入れれば、計量も不要。とは、家事苦手な私のような主婦のミカタじゃないですか。

同じ実で10回ほど、実が割れてバラバラになるまで洗濯ができ、割れた実はそのまま植木の肥料として土に戻せます。すすぎの際にも取り出す必要はなし。天然界面活性剤のサポニンがすすぎ時には生地をゆるめてくれる作用を、柔軟剤がわりに利用するからです(脱水時には取り出したほうがナッツが崩れにくく長持ちしますが、入れたままでも問題はありません)。

さらに!サポニンには殺菌作用があるため、洗濯槽の殺菌にもなる。部屋干しの生乾きの匂いも気にならない。洗濯槽のカビ取りがついついおっくうになっていた私にはとってもうれしいメリットでした。

※1 全自動洗濯機 標準モード(洗い1回、すすぎ2回)洗濯終了まで37分 (写真・資料提供=ハートツリー)

さらに、洗濯以外にも使えます!

「WASH NUTS」は洗濯のほかにもさまざまな使い方ができます。

ムクロジの実を10分ほど煮出してつくった洗浄液は、食器洗いや手洗いにも。食器洗いの後の手のガサガサに悩んでいたのですが、洗った後もしっとりでした(5~6粒に水500ml.が目安)。我が家では、レンジコンロや、シンク洗いに重宝しています。油汚れもするっと落ちます。ほかにも、洗浄液を10倍ほど希釈して、スプレーボトルに。植木などへの天然の防虫剤としも使えます。

ぜひ使い続けたい、と思った「WASH NUTS」ですが主婦としてコストも気になるところ。
1回あたりの洗濯にかかるコストは22円(※2)。我が家で使っている洗剤は、ドラッグストアで300円前後で購入。1回あたりが約13円~14円。柔軟剤を使った場合は約18円~19円なので、合計31円~33円(※3)。という概算になりました。

※2 株式会社ハートツリー調べ。55L、洗濯物量4.5kg、ウォッシュナッツは詰め替え用を使用

※3 55L、洗濯物4.5㎏で計算

生産地、インド・ネパールの人の貴重な現金収入にも。
ムクロジの殺菌作用で農薬も必要なし

「WASH NUTS」が生産されているインドやネパールでは古くから石鹸として用いられてきました。

収穫を担う現地では、安定的な雇用を生み平均賃金以上の対価が支払われ、さらにムクロジの実の選別作業は、国内の障がい者施設が担っているそうです。

「WASH NUTS」のサポニン=天然界面活性剤は、汚れを落としたあと、繊維をゆるめ生地本来のやわらかさをひきだしてくれます。洗濯後は日光や水のなかで自然に界面活性の力が失われ分解されるので、服に化学物質が残る心配がなく、肌の弱い方や赤ちゃんにも安心です。

さらに、サポニンには忌避効果(※4)があり虫がつかないため、農薬などを一切使用せずに育てられることも魅力。生産者が農薬による健康被害に悩まされることもないんだ。自分の子どもに使うものは、だれにとっても安心なものであってほしい。

※4 有害生物が嫌う成分です。植物は自分を守るためにこの成分を持ちます。

ネパールでのムクロジの実、収穫の様子。現地の人々の生計の手助けにもつながります
 

ムクロジの木。この青い実が熟し、乾燥させたものが「WASH NUTS」となります
 

植物のチカラ、古くからの知恵に感動
また普通に使われるようになることを願って

知れば知るほど、万能な「WASH NUTS」。日本人の生活にも古くから用いられてきたこの木の実が、また普通に使われるようになるといいな。母が子どもの頃にも使っていたという木の実で洗濯や食器洗いをする家事自体が、ちょっぴり感動でうれしい。

私のようなずぼら主婦にこそ、おすすめの「WASH NUTS」。
「エコ&ナチュラル生活って手間やお金もかかるでしょ? 理想はあるけど、なかなかね~」という人も「WASH NUTS」で簡単エコ生活始めてみませんか?

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer 大武美緒子
  • writer 大武美緒子
  • フリー編集者・ライター
  • more

資料提供:ハートツリー株式会社
(2017.05.10)