buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【オシャレな3R】徳島県上勝町発!”ごみを出さない”考えかたから生まれた絶品クラフトビールが麻布で飲める!

製品・サービス情報information

商品名
価格
買える場所

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

 “ゼロ・ウエイスト”という言葉をご存知でしょうか。「ごみをどう処理するか」ではなく、そもそも「ごみを出さない」という考え方のことです。

徳島県の中央部に位置する上勝町は、「葉っぱビジネス」の町として有名なだけでなく、ゼロ・ウエイストタウンとして世界中から注目されています。

そんなゼロ・ウエイストの町、上勝町が取り組むリデュース」「リユース」「リサイクル」の3Rを凝縮した、圧倒的にオシャレなビール工場・販売店がこちらの「RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store」。


 

インパクト抜群なパッチワークのような外観には、古民家や廃校の窓枠が使われています。圧巻。上勝町の「ゼロ・ウエイスト」を楽しく理解してもらう場所として誕生したこのお店を目当てに、遠くから訪れる人が後を絶たないそうですよ。

そんなRISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Storeですが、東京の麻布にもお店があると聞き、早速行ってみました!

3Rをカタチにした、タップルーム。

東京メトロ南北線・都営大江戸線の麻布十番駅から徒歩約10分。

東京タワーのふもとに店舗を構える「RISE & WIN Brewing Co. KAMIKATZ TAPROOM(ライズアンドウィン ブルーイングカンパニー カミカツ タップルーム)」。

タップ、というのはビールが出る注ぎ口のこと。
つまりビールが出る部屋、らしいです。ぜひ永住したい。

ここで提供されるビールは徳島県上勝町のブリュワリーで醸造されているオリジナルビール!

レトロモダンな雰囲気がオシャレです。

まず、目を引くのは空きビンからできたシャンデリア。空ビンや欠けたコップなどをひとつひとつ丁寧に加工して作ったそうです。

廃材の窓枠をリユースした壁。とてもおしゃれ。

廃校になった小学校・役場にあった椅子・机を再利用。デザインがすべてバラバラです!

こちらは古道具の帽子掛け。これはかわいい!

数十年の時間を感じさせる、レトロな物たち。

それぞれ大切に長く使われていたのか、革製品で言うエイジングのような美しい経年変化を感じ取ることができます。

上勝町の3Rの考え方は、メニューでも表現されています!常時数種類取り揃えているオリジナルクラフトビールの中から、今日は「ルーヴェン ホワイト」をセレクト。

ルーヴェン ホワイトはポン酢用に果汁を絞ったあと捨てられていた柚香の皮を香りづけに使用しているとのこと。さらに、作る過程でできた麦芽粕はお菓子やグラノーラなどに再利用しているそう。

目の前で入れてもらえます!

シュワシュワとゆっくり立ち上るこまかい泡、、最高ですね!いただきます。

苦味はほとんどなく、スッキリ、飲み口爽やか。後に香る、柚香が絶妙でくせになります!

まだまだこんなに活用できる柚香が、いままで捨てられていたなんて。

店員さんによると、ビールが苦手だという方でもグビグビと飲めちゃうそうです。わかります。これは飲みやすい!
キリッと冷えていて、喉を通る瞬間がたまりません。

一緒にオーダーしたのは、「骨付き阿波尾鶏のオーブン焼き」。 阿波尾鶏は徳島のブランド鶏です。
熱々の鉄板とともに運ばれて来ました。

皮はパリパリ。お肉はふっくらジューシー。 10種類のスパイスが使われているとのこと。
これは、ビールが進んでしまいます!うまい!!

さて、この美味しくてエシカルなルーヴェン ホワイトが生まれたゼロ・ウエイストタウンとは、どんな町なのでしょうか?

日本で最初にゼロ・ウエイストを宣言した、上勝町の暮らし。

徳島県勝浦郡上勝町。 四国で一番小さいといわれるこの町のごみのリサイクル率は80%を超えています。

ごみ収集車はなく、そのかわりに町の人は自らごみステーションへごみを運んでいます。

それぞれのリサイクル業者と連帯するため、分別は日本最多の45分別!

上勝町に暮らす人は「未来のこどもたちにきれいな空気や美味しい水、豊かな大地を残したい」と、当たり前のように分別しているそうです。ごみステーションはちょっとした交流の場になっているそうですよ。

白トレイは食品トレイに。ペットボトルが服に。

びん類は、ガラスの原料へ。

捨てたものが何にリサイクルされるのか表記されています!

その他にも、まだまだ使える物は併設されている「くるくるショップ」というお店にディスプレイされ、欲しい人が持ち帰れるようにもなっているなど、「ゴミを出さない」ための工夫が根付いている町です。

上勝町はこれからの資源活用、暮らしのあり方を教えてくれる町なのかもしれませんね。

リサイクルやリユースは、カッコイイ!

「RISE & WIN Brewing Co. KAMIKATZ TAPROOM」は東京タワーも近いので外国人観光客の来店も多いとのこと。週末は地元の人も集まり、賑わっているそうです!

飲食代が安くなる、開放的なデッキ席は特に大人気!
ここちよい夜の秋風に当たりながら、飲むビールは最高なんでしょうね。
国境を超えた交流が生まれ、異国のような雰囲気になる日もあるのだとか。

▲スタッフの谷口さん

 

▲上勝町の素材を使ったサワーもおすすめ

 

▲専用リターナブルボトルで量り売りのビールを持ち帰ることも可能

 

▲ブリュワリーの様子

 

リサイクルやリユースが、こんなにもおしゃれなんだと気づかせてくれる。 上勝町の暮らしをオシャレに伝えてくれる素敵なお店でした!

みなさんも是非行ってみてくださいね(^^)

RISE & WIN Brewing Co. KAMIKATZ TAPROOM
アクセス :東京都港区東麻布1丁目4-2 THE WORKERS & CO 1F
営業時間:<平日>
     12:00~15:00
     (L.O. 14:30)
     18:00~23:00(L.O. FOOD 22:00 / DRINK 22:30)
     <土日祝>
     12:00~20:00(貸切の場合は延長可能)
休 日 :土日祝不定休
  • writer みかりん
  • writer みかりん
  • 自然遊びが好きなWEBライター
  • more

取材・写真協力:RISE & WIN Brewing Co.
株式会社スペック
(2018.10.04)

0