【コスパ抜群】「カレーの壺」なら20分で絶品スリランカカレーがおうちで作れるよ!

製品・サービス情報information

商品名
カレーの壺
価格
626円 (税込)
買える場所

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

いわゆるカレールーで作れる、欧風カレー。 コトコト煮込んだ具材にとろりとしたルーはおいしいけれど、なんだかマンネリ気味。
「手軽に本格カレーを作りたい!」
そんな方におすすめしたいのが、ペーストカレー調味料「カレーの壺」です。 これさえあれば、簡単に本格カレーを作れますよ!

「マイルド」「ミディアム」「スパイシー」の3種類
 

スパイスカレーの香りと味わい。
カレールーで作る欧風カレーの手軽さ。
両者のいいとこ取りをしたのが「カレーの壺」なんです。

これ1瓶で22皿も作れるなんてすごいですね。

販売価格は626円(税込)。1皿約28円なのでコスパも抜群。
スパイスカレー初心者でも敷居が低くてうれしいですね。

粉でもない、ルーでもない。
壺入りスパイス「カレーの壺」

「カレーの壺」の使い方はとにかくシンプル。

<基本的な使い方>
① 具材をカレーの壺と炒める
② ココナッツミルクなどの水分を入れる
③ 具材に火が通れば完成 めちゃくちゃ簡単です!

面倒なスパイスの計量作業も必要ありませんよ。

20分で完成!「エビとなすのココナッツミルクカレー」

今回使うのは中辛タイプの「ミディアム」。
小さなレシピ集がついているので初めての方でも安心!
紹介されている「エビとなすのココナッツミルクカレー」を作ってみましょう。

材料はたったこれだけ。

にんにくは残っているものがあったので、ココナッツミルクと、エビとナスを買いました。

まずは適宜の油で具材を炒めて、そこにカレーの壺を投入!
スパイスの香りが立つようしっかり炒めるのがコツです。

焦げる寸前まで炒めてみました。

続いて、水、ココナッツミルクの順に入れていきます。
難しいことはしていないのに本格っぽい!
あとは軽~く煮立たせます。

20分もかけていないのに、お店のようなスパイスカレーが完成!

ルーで作る一般的なカレーは、野菜をコトコト煮込むので時間がかかりますが「カレーの壺」はササっと炒めるだけなので調理時間も短く済みますよ。

さて、気になるお味ですが… ココナッツミルクのコクと、複雑なスパイスの香りが最高! ピリッとした辛さがたまりません!!

さらに炒め物にも大活躍!

カレーの壺はカレーを作れるだけではなく、炒め物にもぴったり!

ちょっとしたおつまみが食べたくて、野菜と肉をカレーの壺・しょうが・油で炒めて、少しの塩コショウで味を調えて。

最後に刻んだネギを添えたらあっという間におつまみができました!
一般的なカレールーではできない使い方ができるのもポイントが高いですね!

公式サイトでは、パスタやポトフや丼物などのレシピが紹介されています。大活躍の予感ですね!

おいしく食べてスリランカの人々の生活を支えることができる!

実はカレーの壺の原型になったカレーペーストは、日本の「カレールー」から着想を得て誕生したそうです。

生産者は、「スリランカを世界一のスパイス基地にしたい!」と奮闘するマリオさん。 ある時日本を訪れたマリオさんは、日本の「カレールウ」に出会いました。 意外なことに、スパイス文化のスリランカにはカレールウのような製品は存在していなく、主婦達はスパイスを何十種類も買って調合するので日々時間がかかっていたそうです。

そこで、マリオさんはスパイス類をあらかじめセットにしたものを販売し、後にはそれを加工してカレーペーストにするという着想を得て誕生したのが「カレーの壺」なんです。

マリオさんが開発したこれらの製品は、女性たちを長時間の台所労働から解放したとして、熱烈な支持を受けたそうです!

さらに、カレーの壺は農業しかなかった地域に新しい産業と雇用を創出しました。 カレーの壺はおいしいだけじゃなくて、スリランカの人々も幸せにする調味料なのです。

スパイスを揃えなくても、本格派デビューが叶っちゃう。

カレーの壺は、フェアトレードショップ「第3世界ショップ」をはじめ、イトーヨーカドー、カルディ、成城石井、マルエツなどでも買うことができます! 様々な料理に使えて、開封しても冷蔵庫に入れれば6か月ほどは使えるので余らせる心配もいりません!みなさんもぜひカレーの壺を使ってみてくださいね。

  • writer みかりん
  • writer みかりん
  • WEBライター・デザイナー
  • more

関連リンク:第3世界ショップ
カレーの壺
(2019.02.05)

0