buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【MUJI×JICA】
無印良品がキルギスの特産物を商品化。
ものづくりにおける良質な関係をめざして

製品・サービス情報information

商品名
MUJI&JICA フェルト製品
価格
店舗にお問合せください
買える場所
無印良品各店、無印良品ネットストア

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

いつか訪れてみたかったキルギス。
シルクロードの別天地は、手仕事の国

山歩きが趣味のわたし。日本の山、ネパール、ニュージーランドとトレッキングをしてきた。旅先で出会ったスイス人が、「スイスにも似ていて、でももっと素朴で……、遊牧民が暮らす草原と、神秘の水を湛える湖、まるで神様の別荘地だ……」と話しながら見せてくれた写真の中の風景は、本当に神々しい美しさだった。
が、キルギス。ってどこ? 中央アジア?のカザフスタンの隣って?

遠い国という印象のキルギス。でも、写真に写っている人々の顔は日本人と近しい。親しみと憧憬と。
いつか行ってみたいなあ…。

中央アジアのスイスとも称されるキルギスの豊かな自然

と、簡単に行けるわけはないのですが、あれからはや10年近くが経ち……、いつも衣食住全般にわたり、ヘビーユーズしている「無印良品」で「キルギス」に出会いました!

ペンケースと携帯機器ケース。ひとめぼれです。

しっかりとしたフェルトは、やさしいアースカラーで染められている。
なにより手にした感触が気持ちいい。目を引いたのはワンポイントの刺繍。

ウールフェルトペンケース原毛色(左) 1000円(税込)

携帯機器ケースは、厚みのあるフェルト生地がスマホを衝撃から守るのにぴったり。
ウールフェルト携帯機器ケース草木染【店舗限定】 1000円(税込)

キルギスのフェルト商品については、2014年10月現在取扱い店舗限定。無印良品ネットストアでの注文も可能だが、在庫に限りあり。売り切れ次第終了。

でも、なんで、無印良品×キルギスなんだろう?
興味をもったわたしは、キルギスのフェルト商品についてチェックしてみました。

MUJI×JICA
一村一品商品化プロジェクト

キルギスでの商品開発は、2010年末、クリスマス時期のギフト商品として、生産者支援につながる商品がつくれないかと、JICA(独立行政法人国際協力機構)に働きかけたことがきっかけだそうです。

世界中から集められた80を超える手工芸品のなかから、品質の高さに商品化の可能性を見出されたのが、キルギスのフェルト工芸。

JICAは、ソ連崩壊から20年以上たち、地域経済の衰退といった問題が深刻化しているキルギスで、日本発祥の一村一品運動をベースに、農民が収入を得て、コミュニティの活性化を図る支援活動をしています。

出典=株式会社良品計画ウェブサイト

無印良品とJICAがタッグを組んだキルギスのフェルト工芸商品化プロジェクトは、2011年に始動しました。

フェルト工芸を、産業として成り立たせることは、現金収入を得る機会の少ない、農村部の女性の雇用、女性の地位向上にもつながるのです。

このプロジェクトにおいて無印良品は、通常の商品と同様の品質、デザインレベルを追求しました。結果として、生産者は収入を得るだけでなくノウハウを。無印良品は、良質な製品を得るという関係を築いています。

ユーザーに、「支援したい」ではなく、「この商品を買いたい、使いたい」と思わせる。これがものづくりの健全な関係性なのだなあ、と思いました。

同プロジェクトでは、キルギスのほかに、ケニアの石鹸のようにやわらかい特製の石、ソープストーン製の工芸品の製品化にも取り組んでいます。こちらも興味深い。購買意欲満々です。
http://www.muji.net/lab/found/kenya/

商品づくりはひとづくり
キルギスの女性の進化とこれから

こうして3年目を迎えた同プロジェクトですが、これまでの過程が平坦な道ではなかったことは、容易に想像ができます。

周囲約700㎞のイシククリ湖に点在するフェルト商品の生産者29のグループの生産管理は最も困難な課題でした。
もともと自宅での内職としてフェルト工芸をしていた女性たち。このプロジェクトを通じた共同作業と課題を克服していこうとする過程は、地域住民に大きな意識の変化をもたらしました。

作業精度の高いグループを観察、記録をとり作業方法のちがいを言語化して技術講習会を実施しています。

おしゃべりも楽しみながら。
家での家事・内職が主だった女性が外に出やすくなり、男性の育児と家事参加も見られるようになったそう。いいことだ~。

こうして開発された商品は、今後、定番商品として販売できるよう品質、デザインのリニューアルに取り組んでいるそうです。

エシカルなプレゼントに
今年発売のクリスマスギフト

今年は、あたらしい商品も登場。
フェルトでつくったひつじとロバの置物。おもわずほほえんでしまう愛らしさ。

(左)ウールフェルト動物ロバ・生成 1200円(税込)
(右)ウールフェルト動物ひつじ・生成 1200円(税込)
2014年11月末に日本および海外の無印良品で発売予定。

ニードルパンチという工法で、丁寧に針を刺してつくっていきます。

12月、出産予定のお友達へのプレゼントはこれに決めた。
クリスマスツリーを飾るころに、プレゼント用と自宅用に買おうと思っています。

フェルトのペンケースと携帯ケースは、わたしの持ち運びお仕事アイテムとして日々活躍。

クリスマスには、フェルトの動物たちが、キルギスの女性たちの誇りをのせて、玄関をぬくもりある空間にしてくれるはずです。

(文=大武美緒子)

この記事のおさらい

無印良品
キルギスのフェルト商品
商品を購入する
購入による生産者支援
JICA(独立行政法人国際協力機構)
フェルト工芸品を購入することで一村一品運動につながり、農民が収入を得て、コミュニティの活性化を図る支援活動となる

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer 大武美緒子
  • writer 大武美緒子
  • フリー編集者・ライター
  • more

写真出典元:株式会社良品計画
(2014.10.28)