buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【6月11日は傘の日!】
1000円で可愛い傘が買えちゃう!?お財布にも地球にも優しい
「リサイクル傘」で梅雨シーズンを乗り越えよう♡

製品・サービス情報information

商品名
ウィットのリサイクル傘
価格
商品により異なる
買える場所
ヤフオク!

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

6月11日は傘の日。
本格的に梅雨シーズンに入る中、雨が降る度に、ビニール傘を買い足していませんか?

お気に入りの傘を1本持ち歩くようにすれば、地球にも、そして自分のお財布にも優しく過ごせますよね。そこで今回はマイ傘を持ち歩くメリット2つと“リサイクル傘専門店 ウィットの取り組み”をご紹介いたします♡

メリット① 盗難防止に効果的

ビニール傘は、他の傘と比べて、全く個人が特定されません。シールを貼ったり名前を書いてるならまだしも、買ったまま、お店の傘立てに置いておくとなくなっていた…なんてことも。

マイ傘を持ち歩くようにすれば「柄」や「色」がつくので盗られる確率が格段に下がります!特にこれからは、雨が多い時期に入っていくので、今のうちにお気に入りの1本をみつけておく必要があります。

メリット② 無駄遣いがなくなる

http://weheartit.com/entry/180899145

雨が降る度、ビニール傘を買い足していては、とても経済的とは言えませんよね。一本一本が安価なのが魅力のビニール傘ですが、合計すれば、とんでもない金額になっている可能性も……。

貯金しなきゃ~!といいつつ、そんな感じではちょっと残念ですよね。マイ傘を持ち歩けば、地球だけでなくお財布に対しても優しく接することができますよ。

リサイクル傘専門店 ウィットの取り組み

皆さんは、年間にどれくらいの傘が使われているか知っていますか?

傘の年間消費量は、1億2000万本。
そのほとんどが1年足らずで廃棄処分され、CO2などの温室効果ガスを排出しているんです。大量消費大量廃棄を続けていては、地球の環境はますます悪くなるばかり……。

そこで傘のリサイクル事業に乗り出したのが今回ご紹介する株式会社ウィットさん。
こちらの会社では、企業にリサイクル傘を提供する「国内リユース事業」や海外に向けてサービスを提供する「国外リユース事業」、またイベント期間中の降雨に備えて傘の貸出を行う「レンタルサービス事業」など、幅広く事業を展開しています。

ヤフオク!でも個人に向けてユーズドの傘を販売。ラルフローレンやバーバリーなど、人気ブランド傘が通常価格よりも安く手に入ります。晴雨兼用の傘も販売されているので、梅雨だけでなく夏シーズンに「日傘」としても使えますよね。3本以上買うと、送料が無料になるので、家族や恋人の分もまとめて購入するとさらにおトクです。

リサイクルの流れ

骨部のリフォーム

ウィットさんでは、骨の折れている傘や傘としての機能を果たさないものをリフォームし、再び使えるように工夫されています。たとえば、親骨が大きく曲がってしまった傘も、一度、専用工具で分解し、別の親骨に換えていきます。

もちろん、新しく取り替える親骨も普段、回収している傘の中から“つかえるもの”だけを厳選して貯めておいたものなので、わざわざ新品を用意する必要もありません。ここで行っているリフォーム方法は、まさに地球に優しい仕組みとなっているのです。

リサイクル傘、気になりますよね。
それでは、実際にどんな商品があるのか少し覗いてみることにしましょう!

どれも有名ブランドなのにリサイクル傘というだけで、少しお安く手に入っちゃうなんて、嬉しいですね♪

MOTTAINAI(もったいない)

http://weheartit.com/entry/181414865

私たちは、常に新しいものを求めて、次々に消費することが当たり前になってきていますが、たとえ壊れてしまっても、何度でも修理をして使い続けることで、地球環境に貢献できるのです。

ウィットさんもノーベル平和賞を受賞したケニア人女性ワンガリ・マータイさんが掲げた言葉「MOTTAINAI(もったいない)」に感銘し、傘のリサイクル事業に乗り出しました。

ヤフオク商品をご覧いただくと分かりますが、こちらの商品は、リサイクルとは思えないほどの可愛い傘がたくさん揃っています。オフィスにも気軽にもっていけるデザインばかり!
でも、もっと気軽に買えるオンラインショップや店舗があったら、より「エコ」や「リサイクル」が身近に感じられそうですよね…
リサイクル傘がより社会に広まれば、雨が止んでも、ビニール傘が捨てられているなんてことはなくなるはず。
今後のウィットさんにもとても期待しています!

わざわざ高いお金を払わなくても、1000円前後で可愛い傘を購入でき、なおかつ、社会貢献活動にも参加できます。梅雨に向けて新しい傘を買おうかどうか迷っている方も多いはず。今年の梅雨は、リサイクル傘で“地球に優しいこと”始めてみませんか?

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer Erica
  • writer Erica
  • WEBライター
  • more

取材協力・画像出典:株式会社ウィット
We heart it
pixabay
(2015.06.10)