buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【予約アプリで幹事の株を上げる!】
21歳現役女子大生の想いから生まれた 心とお腹を満たすグルメアプリ。

製品・サービス情報information

商品名
テーブルクロス
価格
無料(飲食費自体は別途)
買える場所
iPhoneAndroid

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

人と会ってごはんに行こう!という話になっても、お互い忙しくて予定が流れちゃうことってありますよね。私はそれがいやなので、「いつにする?何食べる?」とすぐ聞いてしまうんですが、そうすると気づけば自分が幹事になってるごはん会が大量発生することに…(笑)どうしてこうなっちゃうんでしょう(笑)

そんな人が私以外にいるかどうかはわかりませんが、とにかく、幹事をやることになったみなさんにおすすめのグルメアプリを、今回はご紹介したいと思います!

その名もテーブルクロスTable Cross

このアプリは、飲食店の検索・予約ができるグルメアプリです。テーブルクロスというと、cloth(布)のほうを連想するかと思いますが、このアプリ名はcross、つまり交差するなどの意味を持つほうの単語から来ています。国境や文化を越えて「食」で繋がり、幸せな世界ができるようにとの願いがこめられています。

仕組みは至って簡単で、テーブルクロスを通じてお店に予約が行くと、予約人数×180円が広告料としてテーブルクロスに支払われ、そこから給食の寄付がされるというもの。「国連WFP」をはじめ、提携支援パートナーとなっている多くのNPO法人、NGOから、給食が送られるので、私たちはお店を予約して楽しくごはんを食べればいいだけなのです^^

実際に予約してみた

恵比寿で友人とごはんを食べる約束があり、例にならって私がお店を探しておくことに(笑)
ちょうどいいので、このテーブルクロスから予約しちゃいましょう。「恵比寿」で検索をかけてみると7件ヒットして、写真の「QUEEN OF CHICKEN 恵比寿店」に決めました。

お店の情報も見れます

あとから、「カテゴリーから探す」もやってみたのですが、エリア指定ができなかったので、今日みたいに場所が決まっているときのために、改善して欲しいかも。電車の中だったので名前や電話番号、メールアドレスなどを入力してウェブ予約。

そして「エンジェルカウンター」が今まで届けた給食をカウントしてくれるんですね!今回は2人の予約なので、累計2になりました。これで予約完了!

予約した人数分のカウンターがまわります!

あれ、「あなたが支援した給食数」はわかるけど、「チームで支援した給食数」ってなんなんだ??

紹介するほどエンジェルカウンターが回る?

実はこの「チームで支援した給食数」に、このアプリが拡散していく秘訣があります。
たとえば、もしわたしがテーブルクロスアプリを友達に紹介し、その友達が予約をしたら、わたしの「チームで支援した」エンジェルカウンターが回るという仕組みになっているんですね。

あなたの友達がさらにその友達のアプリを広めた場合は、友達の友達の予約数も、このチームのエンジェルカウンターにカウントされていく、というわけ。これは友人にアプリを紹介して、予約をしてもらいたくなりますよね。
LINEやTwitter、FacebookなどSNSを通じてアプリを紹介できるようになっているので、エンジェルカウンターのチームがどんどん出来上がっていくんです。

チキン食べた。

さっそく先ほど予約したお店を訪れてみると、お店の入り口は黄色で統一されていて陽気な感じ(笑)

内装のペイントやワインボトルがおしゃれなので、デートでも女子会でも、幅広く使えそうなお店でした!
席に通されて、おすすめのロティサリーチキンと、タパス3種盛り合わせを注文。

なんとお通しのバーニャカウダはお替り自由なんだそうです。ソースの香ばしさがたまらない。素敵!!
チキンからあふれ出る肉汁はもちろん、そこに効いてくるマスタードが、肉の油をすっきりしてくれて、いい旨みを引き出していました。
タパスたちもなんと3品で940円(税別)と非常にリーズナブル。箸が進む…

ふたりでぺろっと完食。食べた食べた。でもよく考えてみると、これだけで地球の裏側で、2人の子供たちが給食を食べられているということに…?
これで社会貢献とはなんとも不思議な感覚。友達にこのアプリを紹介したところ、彼女も気になったみたいで、今度使ってみたい!と言ってました。
彼女が予約してくれれば私のエンジェルカウンターがさらに回るんだがな…!!
今後はときどきアプリを開いて、カウンターをチェックすることになりそうです。

テーブルクロスの輪はどのようにひろがってるの?

実はこのテーブルクロス、なんと21歳の現役女子大生が社長を務める株式会社テーブルクロスの事業の一環だそう。大手グルメサイトだけでなく、どうして大学生のつくったテーブルクロスを導入したのか、QUEEN OF CHICKENの野口さんにうかがってみました。

「『予約が入ることで私たち飲食店が嬉しいだけでなく、地球の裏側でこどもたちに給食を届けることができる』というコンセプトに感銘を受けました。もっとこういう仕組みが広がればいいと思って加盟しました。今後は他の店舗でも導入したいと思っていますが、まずは恵比寿店でスタートしました。」

社会貢献という遠いように思える存在が、いつものように食事するだけでできる身近なものになるというこのアプリ。今後1つでも多くの飲食店にこの存在が知れ渡って導入されていけば、さらに社会で需要を増していくんじゃないでしょうか。

最後に

今回の取材は、お腹が満たされたという意味で非常に楽しい、いい取材でした(そこかよ)。

んー、お知らせの記事が読み込めなかったり、現在地の読み込みの調子が悪かったりと、操作性はもう少しだったけど、コンセプトは素晴らしいので今後に期待ですね!!お店のオープン時間や価格帯がもっと見やすくなったり、アプリのデザインがもっとかわいかったりしたらなあ・・・という個人的な願望もついでに言っておきます!(笑)

今年の夏、届けた給食数が1000を突破したということで、ますます今後が楽しみなアプリとなりそうです。
全国の幹事のみなさん、話題づくりにもなり社会貢献もできちゃうこちらのグルメアプリ、今すぐダウンロードしてテーブルクロスの輪を広げちゃいましょう!!

この記事のおさらい

テーブルクロス
エンジェルアプリ 無料
アプリで予約する
予約人数分の給食費を寄付
途上国の子どもたち
アプリを通して予約した人数分、子どもの給食費として寄付
  • writer ももくま子
  • writer ももくま子
  • ライター
  • more

画像出典元:株式会社テーブルクロス
(2015.08.20)