buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

壁一面にバナナ、バナナ、バナナ!?
世界を救う紙「バナナペーパー」の話を聞きに
LUSH 原宿表参道店に行ってきた!

製品・サービス情報information

商品名
バナナペーパー
価格
買える場所
LUSH各店舗

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

あっという間に寒くなってきましたね…
こたつを出すかヒーターを出すか…毎日が戦いです。

さて、10月25日(日)に、LUSH 原宿表参道店で面白いイベントがあるということで行ってきました!^▽^
以前バイコットでも紹介したことがある「バナナペーパー」のイベントだそうです。

バナナペーパーについてはこちらから

【買って使って発展途上国の就労支援】
バナナペーパーで作られた文房具や卒業用品がザンビアの子どもたちの夢を叶えます


【これをもらって卒業したかった…】
卒業証書までソーシャルグッドな時代がやってきた!

早速原宿に到着。入口にはバナナ色の黄色いTシャツを着たスタッフさんたちが…

そしてショーウィンドウには!

バナナ!

バナナです!

この日のために、LUSHの商品の原材料としても使っているコロンビア産の栄養価の高いフェアトレードオーガニックバナナを特別にディスプレイしたんだとか。
本気度がうかがえます…ゴクリ。

バナナペーパーの仕掛け人によるトークセッション!

左からビリー・エンコマ氏(株式会社ワンプラネットカフェ取締役/バナナペーパープロジェクト 現地ヘッドマネージャー)、
ペオ・エクベリ氏(株式会社ワンプラネットカフェ取締役/環境マネージャー)。

トークセッションに登壇したのは、バナナペーパーを企画した株式会社ワンプラネットカフェの取締役のお二人
ビリー・エンコマ氏と、ペオ・エクベリ氏。

ビリー・エンコマ氏は、現地でバナナペーパーの原料となるオーガニックバナナの茎から「バナナ繊維」をつくっているザンビアの方で、もともとは国立公園でガイドをされていたとか。

バナナペーパーの作り方や、今後の目標・挑戦などなど…
とっても濃い時間でした。

この人たち本当に世界を救うんじゃないかって思えた

ザンビアの最貧困の村では、一日150円程度で生活をしなければならないほどだったそう。
それが、バナナペーパーを作ることによって、収入も上がり、村の人々も家族や親戚を支えていけるようになり、
犯罪者や密猟者を減らす手助けにもなっているとか。すごい好循環ですね。

バナナペーパーによって、パズルのピースを埋めるように、問題を解決することができる、とペオ氏

ペオ・エクベリ氏は「私たちは、一枚の紙で世界を救うと信じています」と言いました。
近い将来、もっともっとバナナペーパーが広まる!という確信のようなものも感じました。
とにかくいろいろな問題が山積みだけど、チャレンジしていくこと、楽しむことが大切。
そんな彼らの原動力になっているのがバナナ。
バナナってすごいんだな~

LUSHではクリスマスギフトのパッケージに
バナナペーパーを採用っ!

「ラッシュ ベストウィッシュ」クリスマス限定 3,380円(税込)

LUSHでは、名刺にバナナペーパーを採用しているほか、ギフトの包装紙などにもバナナペーパーを使用しています。
2015年のクリスマス限定ギフトでも、「ラッシュ ベストウィッシュ」のパッケージにバナナペーパーを使用するそうですよ。

エシカルな商品を展開するLUSHと、バナナペーパーのコラボ、今後もいろいろと楽しみです!

トークセッションの終わりに、LUSHから、オーガニックバナナのクッキーを頂きました。
ベジタリアン仕様というだけあってヘルシー!そして優しい風味が好みでした♪

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

  • writer しげ
  • writer しげ
  • 食レポに憧れるウェブデザイナー
  • more

写真出典元:株式会社ラッシュジャパン
(2015.10.28)