buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【日本のモノづくりにこだわったスグレモノが盛りだくさん】
偶然に偶然が重なった奇跡のお店!
「日本百貨店」で職人さんの品々を手に取ってみよう!

製品・サービス情報information

商品名
日本百貨店
価格
商品により異なる
買える場所
日本百貨店 各店(店舗一覧へ)

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

自分の手元に置く「モノ」には「物語」があってほしい、よくそんなことを考えています。どうも、いづやんです。

御徒町と秋葉原を結ぶ電車の高架下にある商業施設「2k540 AKI-OKA ARTISAN」、その一角に居を構える「日本百貨店」。そこには「物語」のあるもの、「作り手と売り手、使う人、誰もが幸せになれる」そんな「日本を良くする」ような商品ばかりに溢れたお店です。

テーマは「”モノづくり”と”日本のスグレモノ”」

商品を買うことで誰もが幸せになれる、これってまさに「バイコット」の精神! ここで紹介しないわけには行きません!

多種多様な商品が並ぶ店内

入り口はこぢんまりしています。外から見ても店内には様々なアイテムが置かれているのが分かります。

「日本百貨店」に置いてあるものは「モノとして良いのはもちろんだけど、それを作っている職人さん、農家さんなどの生産者さんが、人柄がよくてずっと付き合っていけるかどうか」を大事にしているそうです。

気になる商品があれば社長自ら職人さんに会いに行き、お話を伺う。その上でお店で取り扱うか決める。しかも商品に添えられたストーリーは社長自身が書いているそうです。

そうやって「モノとして良い」ものを集めた結果、店内は実に多彩で、所狭しと様々なジャンルの「モノ」が置いてあります。まるで大人向けのおもちゃ箱のようです。そんな商品をいくつか紹介していきましょう。

富山県高岡で創業170余年を迎える大野屋さんのラムネは、和菓子の木型が生み出す美しい造形と、国産の素材で作られたやさしい味わいです。味と型によって数種類あります。パッケージもおしゃれで人に上げたくなるようなラムネですね!

カラフルな包装紙に包まれた和三盆かと思いきや、ラムネ!

和紙を織り込んだようなデザインが印象的なビアカップは、九谷焼の一品。ひとつ3500円と、普段使いするにも気後れしない値段でうれしいです。美しさもさることながら、ビールの泡をいかにきめ細かいものにするかを追求した末に完成したとのこと。キンキンに冷やしたビールをこれに注いで飲むと実に美味しく飲めそうです。

「泡多長粘土」というオリジナルの陶土を使用しているそうです。

商品には必ずこういった職人やモノにまつわるストーリーが添えられています。

他にも様々な作家さんの陶芸品が置かれています。やはり、日々の実用に堪えるものばかりです。

日本各地で生産されている各種調味料も扱っています。産地も種類も多彩で、思わず色々買い込んでしまいそうです。いつもの食卓でも、いつもとちょっと違う調味料を使うことで楽しくなりそうですね。

日用雑貨や食器のほかに、食品や調味料もあります。

添えられたポップにはしっかりとその商品の良さを伝えたい、という思いが込められている「H TOKYO」のハンカチ。国内で1枚ずつ丁寧に縫われているそうです。ラインナップの中には、熟練の職人さんでも一時間に数枚程度しか仕上げることのできないハンドロールという技術で縫われているものもあるとか。

自分で使っても、人のプレゼントしても、嬉しくなりそうな手触りが印象的でした。

サイズや色をオーダーすることができる箸もありました。普段使うものだからこそ、他とは少し違うものを、という気持ち、わかります。

東京に唯一残ったブリキのおもちゃ工場「三幸製作所」の製品たち。子どもが遊んでけがをしないように、角の部分を丁寧に巻き込んであったり、安全な塗料を使用しています。細かいところまで気が配られているのが、手に取ると分かります。ぬくもりのある、モノづくりの粋を集めたようなおもちゃたち。大人には懐かしくて、今の子どもたちには逆に新鮮に映るのではないでしょうか。

「作る人・買う人・売る人」をつなげる場

日本のあちこちにいて良いものを作っているのに売る場所・手段がない人たちと、それを欲しがっている人を繋げたい、さらには「モノと買う人」だけではなく「作る人と買う人」をつなげる場も提供して、作る人のモチベーションも上げる。買う人にリピーターになってもらう。売る場を提供する「日本百貨店」としてもそういった「作る人・買う人・売る人、の三方良し」を目指しているそうです。

そんな志が具体化しているのが、店内にあるワークショップを行うための小上がりスペース。ここでは、毎週職人さんを呼んで実演販売、体験、ワークショップを行っています。

実演販売、体験、ワークショップを定期的に行っている小上がりスペース

「モノを売るお店よりも、職人さんと買う人を繋げるワークショップができる場所を作りたい、という思いのほうが先にありました。だから採算が取れなくてもこのスペースだけは絶対に続けたいんです」

「やっぱりいいモノを作っていて、人間的にもいい人だと、"この人と一緒にがんばっていきたいな"と思うんです」と、鈴木社長は語ります。

普通の店だと定期的にワークショップをやるとなると採算が合わないことが多いそうですが、「日本百貨店」の一番の目的「作る人と買う人を繋げる」を体現する場として続けているそうです。

「定期的にワークショップを開いてくださる職人さんもいて、お客様のリピーターもついてます。作っているモノのフィードバックを買う人から直接もらえる、職人さんにとってはすごいモチベーションになっていると思います」

アート性の高い商品は置かない。生活の中で使って良さを感じられるモノを置いているそうです。
例えば食器は、毎日のように使ってもらって、もし割れちゃったら「また買いにいこう」と買い直せるようなお値段のモノ。そんな、日常生活に寄り添ったモノを置きたいそうです。

一つの商品のバリエーションが多いことも「日本百貨店」の特徴と言えます。「普通のお店は同じ商品のカラーバリエーションをここまで置いたりしないんです。売れ筋に絞って置く。でも職人さんのことをよく知っていて応援したくなるようないい人だと、ついつい頑張ってたくさん置いちゃう」

日本全国のいいモノを売ることで、地域を元気にしていく

「日本百貨店に置かせてもらっているモノの職人さんのところに、大手百貨店のバイヤーさんが『日本百貨店であなたの作ってるものを知ってうちでも扱わせて欲しい』と言って来たというんです。それを聞いてうれしくなりました。職人さんの作っているいいモノを広く知ってもらいたい、という日本百貨店の理念が認められたのかなと」

最近は地方の商工会からも相談があるそうです。地元の職人さんがいいものを作っているけど売り方がわからない。どうしたらよいだろうと。

「それって、日本百貨店という場を介して、職人さん、地域、消費者、それぞれを元気にすることになっていると思うんです。狙っていたわけではないけど、結果的にそうなってきています」
まさに「日本のいいものを売ることで、日本をよくしている」ことになっていますね!

「今でこそバラエティ豊かなモノがお店に並んでいますが、最初は全然なくてスカスカでした」そんなお店に転機が訪れたのは、2011年の東日本大震災でした。

オープンから三ヶ月で震災に遭遇。スタッフもほとんどお店に来られない状況で、社長とスタッフの方の二人でお店を営業していたそうです。もちろん震災直後は満足に営業もできなかったりお客はほとんど来なかったりする日々が続きました。

震災から1ヶ月ほどたった4月のある日、開店の準備のためにお店に来てみると行列ができていました。

「なんでなのかよくわからないんですが、おそらく『日本百貨店』という名前が付いているから『日本で作られたものが買えるのだろう』ということだったんだと思います。震災が起きて日本を元気にするために、日本のものを買いたいという気持ちの表れだったのかなと」

最初は手探りだったお店も、この一件で「日本のよいものを必要としている人に届けることで日本をよくしていく」という思いは間違ってなかった、と再認識したそうです。

「全ては偶然の積み重なりでお店ができあがっていったと思うんです。同じお店をまたゼロから作れと言われても無理。全ては『人との繋がり』と偶然の産物で、『日本百貨店』はここまで多彩なお店になったと思っています」

そんな「日本百貨店」さん、これからも「日本を良くするモノ」でもって「人と人を繋げる」場であり続けるのだと思います。

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer いづやん
  • writer いづやん
  • 島旅研究家/Webクリエイター
  • more

取材協力:株式会社コンタン(日本百貨店)
日本百貨店おかちまち
(2016.01.27)