buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

あの「お~いお茶」が寄付つきになるシーズンがきた!
この冬は日本茶で環境保全に貢献しよう!

製品・サービス情報information

商品名
「お~いお茶」ブランド
価格
商品により異なる
買える場所
スーパー・コンビニなど

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

どんどん寒くなるこの季節。冬の寒さに負けないよう体を温めたいときに、皆さんが恋しくなる飲み物は何でしょうか?

ホットコーヒー、紅茶、甘酒も捨てがたいですが、日本人ならばやはり日本茶は外せないところです。あの「ほっこり感」はお茶にしか出せません。

お茶といえば、今やペットボトルで気軽にどこでも飲める飲み物になりました。そのお茶で、「日本を美しくしていこう」というキャンペーンがあるのをご存じでしょうか?

「お茶で日本を美しく。」キャンペーンを34都道府県で展開

http://www.itoen.co.jp/kirei/

その名も「お茶で日本を美しく。」キャンペーン。
行っているのは、「お~いお茶」ブランドを製造・販売している伊藤園(本社・東京都渋谷区)。伊藤園は日本における緑茶生産量(約8万4千トン)のうち4分の1弱を扱っています。
そして、この「お~いお茶」ブランド、ペットボトル以外の容器も含めるとなんと約60アイテムもある大ヒット商品で、その全飲料商品が対象になっているのが「お茶で日本を美しく。」キャンペーンなのです。

おなじみのパッケージのものも、すべて対象商品

この「お~いお茶」ブランドの大きな特徴は、主要茶産地から伊藤園の社員が自ら品質を見極め直接仕入れた茶葉を使用していること。
そして、自治体や農業生産法人などと提携し、耕作放棄地から茶畑をつくり、「お~いお茶」専用の茶栽培を行っているのです。もちろん伊藤園が全量を仕入れ、伊藤園静岡相良工場で茶葉の「火入れ」という仕上げ加工を行い、香りを高めることで独特の風味を出しています。茶畑から「お~いお茶」の美味しさ作りが始まっていることからも、ブランドに対する意識の高さを感じます。

このような意識の高さにより、伊藤園では飲料を製造・販売している企業として、水環境の保全にも力を入れています。そのスタートとなったのが、関西圏の重要な水源である琵琶湖の環境保全活動を目的とした「お茶で琵琶湖を美しく。」キャンペーン(2008年スタート)。

「お茶で琵琶湖を美しく。」キャンペーン

このキャンペーンの反響の大きさから、2010年には琵琶湖以外の水資源や生物多様性の保全、地域社会の活性化などを重視した活動を行うようになり対象地域を9都道府県に拡大。その後対象地域をどんどん拡大し、2015年には34都道府県をカバーしています。

この34都道府県には、「お~いお茶」ブランドの売上の一部が、「環境保全・整備活動」と「自然豊かな環境作り」のために寄付されているのです。そのため、全体キャンペーンは「お茶で日本を美しく。」というネーミングですが、それが34都道府県分(例:北海道の「お茶で北海道を美しく。」、栃木の「お茶で栃木を美しく。」)あるというわけです。

寄付金以外に社員が参加する活動も

その中でも、寄付以外にも伊藤園の社員が自然環境や世界遺産を含む文化財の保全に参加している場所があります。その一例が前述の北海道と栃木なのですが、北海道遺産の積丹半島・島武意海岸(しまむいかいがん)の清掃活動や、栃木・奥日光湯ノ湖における、外来種の水草コカナダモの除去作業なども行っています。

この島武意海岸、私が住む北海道でも知る人ぞ知る絶景ポイントなのですが、海はもちろん海岸線が美しいことで有名な場所です。先日私も行ってきたばかりなのですが、このような活動が行われていることで環境が保全されているのだと、再認識しました。

東日本大震災をきっかけに始まった「絆プロジェクト」も

実は現在「お茶で日本を美しく。」対象地域になっていない東北6県と群馬・富山・石川・福井・岐阜・滋賀の計12県は、「絆プロジェクト」という別プロジェクトが動いています。これは、2011年に発生した東日本大震災後に被災地域への義援金・商品の提供などを行った伊藤園が、2012年から岩手・宮城・福島の被災した子どもたちの教育支援事業への寄付という継続的支援を実施することからスタートしたものです。

また、寄付金以外の被災地支援の活動として、仮設住宅に住んでいる方々を対象にした「お茶っこ会」(伊藤園の社員が講師を務める美味しいお茶のいれ方教室)をこの4年間で約160回実施、お茶を通した「絆」作りが行われています。

日本茶を飲んだ時の「ほっこり感」、これはお茶の作り手にも通ずるところがあるものなのかもしれませんね。ちなみに「お茶で日本を美しく。」キャンペーンは年内いっぱいの実施ですので、この年末はお茶を飲んで環境保全に貢献してみませんか?

この記事のおさらい

伊藤園
「お〜いお茶」ブランド 全商品対象
商品を購入する
売上の一部寄付
34都道府県
「環境保全・整備活動」と「自然豊かな環境作り」のために寄付される

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

  • writer 橋場 了吾
  • writer 橋場 了吾
  • ライター
  • more

取材・写真協力:株式会社伊藤園
(2015.12.11)