buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

ぬいぐるみ作りで世界中のこどもたちを笑顔に!フェリシモ『ハッピートイズプロジェクト』に参加してみた!

製品・サービス情報information

商品名
明るいワンちゃん パッチワーク参加キット(型紙付き) / パッチワーク参加キット(材料セット付き)
価格
500円(税抜)/2,000円(税抜)
買える場所
オンラインショップ

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

商品を購入する

お友達になってくれたり、おままごとの相手になってくれるぬいぐるみ。
こどもの頃の思い出が詰まったぬいぐるみがあるという方も多いのではないのでしょうか。

そんな“ぬいぐるみ”でとっても心があたたまるプロジェクトが行われているので参加してみました!

フェリシモの「ハッピートイズプロジェクト」って?

そのプロジェクトとは、通販会社のフェリシモが行っている「ハッピートイズプロジェクト」です。

おうちにある布で作ったぬいぐるみが、世界中のこどもたちへと贈られて、その先々で、ひまわりみたいな笑顔を咲かせていく。「ハッピートイズプロジェクト」は、そんな素敵なことを引き起こす手づくりイベント。

ぬいぐるみは"笑顔の親善大使"として日本を含む世界各国のこどもの施設や病院、難民キャンプなどに贈られます!

プロジェクトに参加するには?

「ハッピートイズプロジェクト」に参加するためには、フェリシモで参加キットを買う必要があります。
ということでフェリシモのサイトでポチり。

型紙だけの参加キットなら500円から参加出来ます 
 

毎年、テーマと動物が決まっており、2017年は「いつでも前向き 明るいワンちゃん」です。

裁縫初心者だけど、作ってみた

家にちょうど良い布がなかったので今回は「パッチワーク参加キット(材料セット付き)」で参加します。

参加キット 
 

付属の布は柄も色もバラバラ!どこをどの柄にしようかな…と結構悩みます。

取れたボタンを自己流で縫う程度の裁縫スキルしかないので、説明書を見ただけで心が折れそうに( ˘ω˘ ) スヤァ…

気を取り直して、まずは布をカットしていきます!

断裁だけでなんと2時間かかりました。もう既に何かをやり遂げたような気持ちです。

ひたすらチクチク縫いつづけて1日目が終了\(^o^)/
だいたいのパーツが揃いました。

ようやく完成のイメージが見えてきた。

2日目は綿を詰めて…

パーツをつなぎ合わせ…

完成です!

 

裁縫初心者の私には難易度が高めでしたが、苦労をした分だけ愛着がわきます。ゆがんだ口元すら愛おしい。

お別れするのは寂しいのですが、そんな思いを込めて作ったハッピートイズだからこそ、こどもたちを笑顔に出来るのかもしれません。

笑顔でいってらっしゃい! 
 

手頃なダンボールに入れてフェリシモに発送!どこの国のだれに届くのかはわかりませんが、喜んでもらえるといいなぁ。

きっかけは、阪神・淡路大震災

プロジェクトは2017年で21年目、20週年を迎えます。
プロジェクトスタートのきっかけは、阪神・淡路大震災。

当時は今ほどネットも普及しておらず、支援がしたくても個人では何をすればいいのかわからない…そんな時代だったそう。
そんな中、全国のお客さんから“被災地の応援をしたい“そんな声がフェリシモにたくさん届いたそうです。
被災地のこどもたちに、ぬくもりとやさしい気持ちを届けるためにプロジェクトはスタートしました。  

歴代のハッピートイズ達。毎年、春ごろにその年の参加キットが販売開始になるようです 
 

贈られたハッピートイズは、震災後に不安でいっぱいだったこどもたちの心のささえになりました。

完成したぬいぐるみは国内各地でお披露目されたのち、こどもたちのもとに!

集められたハッピートイズは東京・神奈川・神戸などのショッピングモールや駅で展示されます。

そして、ハッピートイズはこどもたちを笑顔にするために世界各地へと旅立ちます。

受け取るこどもたちの境遇は様々ですが、ハッピートイズを抱きしめたり・お友達とごっこ遊びをしたりして大切にしているようですよ!

ハッピートイズを受け取ったシリア難民のこどもたち
 

地域的・地理的にNGOの活動が困難な地域では、食糧支援や衛生品・越冬物資支援さえ届きにくく、こども中心の支援は限られています。
緊急支援において優先度の低いおもちゃを配ることは難しいのだとか。
ハッピートイズを受け取ったシリア難民のこどもたちは大はしゃぎしていたそうです。

ハッピートイズはこれまで57の国・地域に送られています。
自分が作ったハッピートイズが、世界中のどこに届くかわからない…というのもなんだか粋ですよね。

 
 

大きさや柄は様々。ひとつひとつ、愛嬌たっぷりです! 
 

お金や古着などの寄付で困っている国の方を支援をする方法は沢山ありますよね。
「ハッピートイズプロジェクト」のようにこどもたちの心に寄り添うことが出来る支援も、きっと必要なんだろうなぁ。

夏休みの課題にもいいかも!

小学校高学年のお子さまなら裁縫の勉強や夏休みの課題としても良いかもしれません。

余った布や趣味の時間でこどもたちを笑顔にできる「ハッピートイズプロジェクト」、興味がある方はぜひ参加してみてください!

※完成したハッピートイズの送付締め切りについて
・お披露目展示会に間に合う締め切り 10月18日
・こどもたちへの寄贈エントリーの締め切り 2018年3月26日
詳しくは ハッピートイズのオフィシャルサイトをご確認ください。

この記事のおさらい

フェリシモ
明るいワンちゃん パッチワーク参加キット
商品を購入し制作
完成したハッピートイズをフェリシモへ送る
世界中のこどもたち
日本を含む世界各国の こどもの施設や病院、難民キャンプなどに 「笑顔の親善大使」として贈られる

共感したらバイコット!

この記事で紹介した商品や取り組みに共感したら、ぜひ、買って応援しましょう!

SNSで拡散して応援

買って応援

商品を購入する

  • writer みかりん
  • writer みかりん
  • 社会人/ライター
  • more

取材・写真協力:フェリシモ
関連リンク:FELISSIMO HAPPY TOYS PROJECT
(2017.07.26)