buycott [バイコット] | 毎日の買い物で未来は変えられる

【香り高いビールで軽井沢を応援!】
あの軽井沢高原ビールが、地元産の小麦でさらにグレードアップ!

製品・サービス情報information

商品名
軽井沢高原ビール
価格
店頭価格
買える場所
軽井沢を中心とした店舗、取り扱い店舗一覧

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

「とりあえずビール!」 いいですよね、ビール。でも「とりあえず」ってなんでしょうね。最初だからノドを潤したいってことなんでしょうか。どうも、いづやんです。

最初の一杯から美味しく飲みたいので、「とりあえずビール」から「やっぱりビール」と思えるものを選びたいんですよね。馴染み深いブランド以外にも、最近は色んな地域のローカルビールもたくさん発売されていて、選ぶ楽しみが増えてきました。

「軽井沢高原ビール」はそんなローカルビールの草分け的存在です。

ラインナップも充実のエールビール

以前もこの「buycott」内で紹介したことのある「軽井沢高原ビール」ですが、実は今まで地元産素材の入手が困難ということで、すべての原材料で海外産のものを使用していたそうです。

ですが、軽井沢の遊休農地活用の一環として小麦栽培を進めている(株)グリーンフィールドと協力することで、地元軽井沢で作られた小麦を使うことが可能となったとか。ますます軽井沢に根ざしたビールとして生まれ変わりました。

日本各地で様々なご当地ビールが醸造、販売されていますが、「地元産素材」を使用したビールはヤッホーブルーイングでは初!だそうです。ちなみに、まずは「軽井沢高原ビール」を代表する「ワイルドフォレスト」のみがその「地元産素材」を使用して醸造されています。

地元軽井沢で育てられた小麦「ゆめかおり」を原料に使われた、名実ともに「軽井沢のビール」となった「軽井沢高原ビール」早速いただいてみましょう!

ビールを美味しく飲むにはやはりおつまみは欠かせないということで、色々準備してから万全の体制でいただきます!

「軽井沢高原ビール」は現在定番製品が五つ、季節限定製品が二つというラインナップがあります。

黄色い缶の「ワイルドフォレスト」は、軽井沢高原ビールの一番ベーシックなものです。エールビールでしっかりした味わいと香りが特徴です。涼しい高原の気候で味わうにはちょうどいい味の濃さです。唐揚げと一緒に飲んでも負けることがないですね。もぐもぐ。

焦げ茶の缶は「ナショナルトラスト」、いわゆる黒ビールですね。苦味はそれほど強くはなく、まろやかでローストの香りをじっくり味わえます。チーズたっぷりのピザとの相性もばっちりです。ぐびぐび。

青にオレンジの差し色の入った缶は「2015シーズナル ウィートエール」です。シーズナルとはその年ごとに変わるビールで、2015年はこの「ウィートエール」というわけです。ベーシックな「ワイルドフォレスト」より一層香り高く、フルーツを思わせる華やかな香りが特徴です。箸休め的に飲んでもよさそうです。ぷはーっ。

どれも味わいが違っていて飽きずに飲めますし、用意したおつまみとの相性も良く、あっという間に空けてしまいました・・・。

「軽井沢高原ビール」を醸造している「ヤッホーブルーイング」さんでは、この他に「よなよなエール」や「水曜日のネコ」と言ったビールを造っています。スーパーやコンビニでも買うことができるので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

「よなよなエール」は、甘みのある柑橘類を思わせる香りのするビール、「水曜日のネコ」は、とても軽い飲み口で普段ビールを飲まない人もオススメできそうです。

軽井沢高原ビールを飲むたびに、軽井沢保全に参加できる

そんな「軽井沢高原ビール」は、先ほどお話したように原材料に地元軽井沢の小麦を使用し、地産地消を目指しています。軽井沢の原材料を使うことで、地元の農業活性化にも寄与できますね。

加えて、飲むたびにその売上の一部が寄付される製品もあり、軽井沢の美しい景観や自然を保つ活動に使われています。

具体的には、「軽井沢高原ビール」1缶につき1円を寄付しています。

「軽井沢高原ビール ワイルドフォレスト」は、「軽井沢原生の豊かな自然を保護し再生するプロジェクト 〜ワイルドフォレスト〜」として、1缶1円の寄付を行っています。一例として、野生動物対策ゴミ箱の設置活動があります。

自然豊かな軽井沢にはたくさんの野生動物が棲んでいますが、餌を求めてゴミ箱を漁るクマが問題になっています。そんなクマが開けられないように設計された「野生動物対策ゴミ箱」の設置が、代表的な活動例です。

クマが荒らすことのできないゴミ箱を設置

クマの棲む森を案内して、自然との共生を目指す活動をレクチャー

「軽井沢高原ビール ナショナルトラスト」は、軽井沢の景観、歴史的遺産、文化保護活動として「軽井沢ナショナルトラスト」に寄付を行っています。

なるほど、ビールに付けられた名前がそのまま繋がりのある活動名となっているんですね。

軽井沢高原ビールは、地域限定!
ぜひ軽井沢を訪れた時のお土産に!

そんな「軽井沢高原ビール」は、軽井沢とその周辺でのみ買うことができます。軽井沢の自然や町並みを楽しんだ後は、お土産にぜひ買ってみてください。素敵な時間をくれた軽井沢にほんの少しだけ恩返しもできる、そんな素敵な思い出になること請け合いです!

赤坂店の店内

また、製造している「ヤッホーブルーイング」さんの公式ビアパブ「YONA YONA BEER WORKS」でなら飲むことができます。現在、都内の青山、赤坂、神田の3店舗あり、この3月に吉祥寺に4号店がオープンしたそうです。

軽井沢におでかけして、もしくは都内で美味しい料理とともに、「軽井沢高原ビール」ぜひ楽しんでほしいと思います。

  • writer いづやん
  • writer いづやん
  • 島旅研究家/Webクリエイター
  • more

取材協力:株式会社ヤッホーブルーイング
(2016.04.20)