【食品ロス削減の大本命⁉】コンビニの食品ロスを減らすクーポンアプリ「No Food Loss」かんたん使い方ガイド

製品・サービス情報information

商品名
NO FOOD LOSS (ノーフードロス)
価格
買える場所
ポプラ、生活彩家ほか加盟店舗

※商品に関するご質問等は各店舗へお問合せください。

世界でも有数の食品ロス大国 ニッポン

年間643万トンもの「まだ食べられる食品の廃棄」をしている日本。 これは、私たち一人ひとりが毎日お茶碗1杯分の食品を捨てていることに匹敵する量だそうで、世界でも有数の食品ロス大国である。とても「いただきます」と「ごちそうさま」の国とは思えない。

なかでも、恵方巻きやお弁当に代表される、コンビニの食品ロス問題は、たびたび注目を集める。見切り販売、値引き販売が一般的におこなわれないコンビニでは、とくに廃棄量が大きいとされてきた。 そんなコンビニで廃棄される前の食品をお得に購入できるアプリが登場した。その名は“No Food Loss(ノーフードロス)”。

仕組みはとてもシンプル。まだ食べられるのに「販売期限が近くなったりキズなどの理由で廃棄されてしまう商品」を、 加盟しているコンビニなどのお店がクーポンとして発行。アプリに表示される値引された商品をお得に買えると言うもの。まずは見てみるのが手っ取り早い!さっそくアプリをダウンロードして起動してみよう。

NO FOOD LOSS を使ってみた!

おおっ!早速でてきた!
画面を下にスクロールすると、クーポン対象の商品がずらっーと表示される。

菓子パンが多いようがだが、飲料やデザート、賞味期限が長そうなインスタント食品や菓子類も見られる。すべて50%OFFとなっているが、コンビニで普段見掛けるこれらの商品がすべて半額とはすごいインパクトだ!

現在地から、近い順番に店舗が表示されるようで、上の画面にある商品は、編集部から1.4㎞の距離にある生活彩家 KDDI新宿店で手に入る。充分射程圏内だ!

早速使ってみたい!「アプリの使い方」ページをのぞいてみると、そこにはヘビとカエルによる捕食被食の関係を越えたシュールなQ&A。

「オマエは食べられないの?」という質問とともにカエルを捕食するシーンを期待したが、最後までカエルはぞんざいな態度を改めない。使い方はまだよく分からないが、とにかく生活彩家 KDDI新宿店に行ってみよう!

操作はカンタン!店舗で使ってみよう!

お店へ着くとイートインスペースにはビジネスマンがたくさんいる。到着するまでに商品がなくならないか焦ったが、アプリを見るとまだ残っている。とはいえ、現時点でこの店舗で購入できるのは菓子パンが3種類のみ。急ごう。

はじめてのNO FOOD LOSS 

アプリでお目当てのクーポンをクリックすると、店員にこの画面を見せるようにと指示がある。

画面を見せると、奥から商品を持ってきてくれた。あとは店頭のQRコードを読み込み、レジで支払いを済ませたら完了。もちろん値引された価格で買うことができた。未来感は無いが、仕組みがシンプルなので簡単で使いやすい

そして、その後にアプリの画面を見ると、先ほどよりも数が減っている。店頭とはタイムロスもなく在庫管理されているようだ。

合計1,140kcalのポップなおやつである。

ねらい目は朝だ…!

さて、これで夕方の小腹はヘビーにしのげそうだ。しかし、菓子パンが3種類だけとは予想よりも少ない。賞味期限のチェックをするとしたら閉店後だろう。そこで閉店時間の22時過ぎに再度アプリを開いてみると菓子パンやドリンク、乳製品などが20品以上掲載されている!!!

やはり、閉店後の棚卸時にチェックしているのだろう。これは再訪するしかない。朝一でGOだ!

この店のオープンは朝7時。夜型の私としてはまだ眠っていたい時間だが、あの宝の山を見逃すわけにはいかない。眠い目をこすりながらもオープン直後に入店。さっそく手慣れた様子(2回目)で店員にアプリを見せる。25品全ての在庫があると言う。これはチャンスだ。

「全部ください」

開店直後に入店をして、全力でクーポンを使うのは多少の恥ずかしさがあるが、食品ロスを無くすための調査であり大義がある。「いやー取材でね」などと日和った真似はしないが、ちっぽけな自尊心がおもむろに1万円札を取り出させる。

「わかりました。全種類ですね」

少なくとも現時点で数量制限はないようである。限界を知ることは大切だが、目的はあくまで食品ロスを減らすこと。説得力に欠けるが、いま必要な適量を購入しよう。

ちなみに、今回のようにたくさんの商品を購入するときには「まとめて使う」というボタンが便利である。

まずは商品を選択して、

「まとめて使う」ボタンを押したら

店頭のQRコードを読み取って支払い。

以上。25種類だとしても手続きは簡単である。そして見よ。このパンでパンパンな袋を!

こんなに購入しても、約1700円。普通であれば3400円(※レシートを要確認)の商品なのだから、このボリュームも当然といえる。

食品ロスの現状を突き付けられた気がした

もちろん1人で食べきれる量ではない。欲張って私が食品ロスをしてしまっては、救いようがない。ハイカロリーに目が無いバイコット編集部に持って行ってやろう。

並べてみると壮観である。大人10人の1食分はある。選び放題の状況にテンションが上がるが、裏を返せば、コンビニでは1店舗だけでも毎日これに近い量の食品が廃棄されているのである。日本には55,000店舗以上のコンビニが存在するのだ。想像しただけでも頭がクラクラする。

24時間いつ訪れても明るい店舗で欲しい商品が手に入るという、便利なサービスを享受する裏では様々な問題が生まれ、食品の廃棄ロスはその大きな一つだ。このままで良い筈がない。

お得に手軽に利用するところから食品廃棄ロスを減らそう!

今回利用した食品ロスアプリ「No Food Loss」はこれまでの常識を変える可能性があるものだと感じた。コンビニの食品ロス問題に取り組む、さまざまな実験的な取り組みのなかでも、圧倒的に利用者のメリットが大きいからだ。

先週には(2019/5/24)、食品ロスの削減の推進に関する法律案(食品ロス削減法)が成立した。追い風を受けてこのような取り組みが広まっていけば、食品の廃棄ロスは一気に改善されるかもしれない

現在はまだサービス開始して間もないため、対象の店舗が生活彩家・ポプラのみで展開されているようだ。ただ、着々と加盟店舗が増えているので、公式サイトをチェックしていただきたい。

食べることは生きることであり、人生の楽しみのひとつ。廃棄されるはずだった食品でみんなが笑顔になれる。生活圏内に対象の店舗があれば、ぜひともおススメしたいアプリである。

 

  • writer 編集長ワダ
  • writer 編集長ワダ
  • バイコット編集長/ソーシャルクリエイター
  • more


(2019.05.28)

0